武庫川女子大学
img img
文字のサイズ

アメリカ分校(MFWI)

menu 留学プログラム 留学費用 キャンパスMAP MFWI独自のページへ

映像で見るMFWI

 武庫川女子大学のアメリカ分校「ムコガワ・フォート・ライト・インスティチュート(MFWI)」を紹介するDVDビデオ「MFWIキャンパスリポート」を作成しました。2013年9月と14年5月に撮影した内容を編集しました。所在するワシントン州スポケーン市の街、キャンパスの様子、授業、寮の生活、地域との交流、米国の大学に留学中の本学学生などを紹介し、学生たちが海外で異文化に触れ、成長する様子を撮影しました。

MFWIの特長

アメリカにある、もう一つの武庫川キャンパス。

 本学のアメリカ分校・MFWI(Mukogawa Fort Wright Institute)は、ワシントン州のスポケーン市にあります。ワシントン州は兵庫県と、スポケーン市は西宮市と姉妹都市提携を結んでおり、それぞれ40年を超える友好の歴史があります。MFWIでは、学生たちが生きた英語を学べるよう、さまざまな留学プログラムを用意しています。

米の大学レベルの英語教育機関として認定されました。

 2009年4月、MFWIは、アメリカのCEA(大学英語教育認定協会)から、大学レベルの英語教育機関として認定されました。これによりMFWIのプログラムは、他のアメリカの大学附属施設のプログラムと同等と認められたことになります。ワシントン州ではワシントン大学、ワシントン州立大学、イースタン・ワシントン大学、ゴンザガ大学に続いて5番目の認定校となりました。

日本文化センター

 日本文化センターは、日本文化を紹介する施設です。1990年のMFWI開校とともに、キャンパス内にオープンしました。  センターでは日本の衣食住に関する図書やビデオを始め、民芸品なども展示。催し物や文化講座も開き、地元の方々が気軽に訪れる文化交流の場となっています。

詳しくはこちら

MFWIの地域交流

 アメリカ分校MFWIは、本学学生がアメリカ文化を学ぶ場所であると同時に、スポケーン市民にとっても日本文化に触れる場となっています。4カ月の留学期間に学生たちはイベントに参加して日本文化を紹介したり、学校を訪問して交流したり、施設などを訪れてアンサンブルを披露したり、ボランティア活動に参加したりしています。また、MFWI開学と同時にキャンパス内に設けられた「日本文化センター」には、日本文化を紹介する展示品や資料をそろえ、市民に公開。ひな祭りや文化教室といったイベントをはじめ、留学生のボランティア活動を支援するなど、地元の方々が日本文化を体験できる機会を積極的に提供しています。こうしたMFWIの活動は、多くのスポケーン市民の理解と協力に支えられています。毎年、200組以上のホストファミリーがMFWIに留学している500人以上の学生を、ボランティアで受け入れています。中には、MFWIの開学初期のころから毎年、ホストファミリーになっていただいている家族もあります。長年MFWIのスタッフを務めた地元の方からも「MFWIはスポケーンの宝」と評価されるほど、MFWIの教育・文化交流活動は地元の大きな信頼を得ています。

留学費用例

一人あたりの留学費用内訳

レギュラープログラム〔4カ月間〕

大学
英語文化学科
短大
英語キャリア・
コミュニケーション学科
寮費 110,000円 110,000円
食費 190,000円 190,000円
渡航費・旅行費 500,000円 400,000円
教育経費 150,000円 150,000円
合計金額 950,000円 850,000円

※上記実費は、学費とは別納入になります。

※MFWI留学中の学費:大学は2年次前期、短大は1年次後期の学費を充当します。

I LOVE MFWI JCC便り 日文学科のMFWIレポート 薬学部のMFWI日記 本多先生のフォート・ライト日記 修了生1万人突破記念式典(2012年8月30日) 開学25周年記念式典と写真グラフ

▲ページトップへ