武庫川女子大学
生活環境学部 食物栄養学科 | 短期大学部 食生活学科 | 生活環境学研究科 食物栄養学専攻
image
  • TOP
  • 大学 食物栄養学科
  • 短大 食生活学科
  • 大学院 食物栄養学専攻
  • 教員紹介
  • 食物学研究会
  • 栄養士・管理栄養士の方へ

大学院紹介

修士課程(昼間開講) ・ 博士後期課程(昼夜開講)

履修コースと研究内容

生活環境学研究科食物栄養学専攻の修士課程では、3つの履修コース(食物栄養科学コース、健康栄養科学コース、実践管理栄養コース)から1つを選び必要な単位を修得すると共に希望する研究室教員を指導教員として修士論文を作成提出します。また博士後期課程では、希望研究室を主宰する教員を指導教員として博士論文を作成します。

国内トップレベルの施設と専門家による充実した教育環境

A. 食物栄養科学コース

食品科学、栄養科学、生理科学などの食物と人体に関係する基礎的分野を研究するのに対応した履修コースです。担当教員の指導のもと、研究室での実験を基盤として、食品素材の物理化学特性の解明、食品の第三次機能(生体調節機能)を有する成分の分析・同定、加工・保蔵技術の開発、食事成分と生体との相互作用解明、機能性物質が生活習慣病予防に及ぼす影響、食品成分因子によるアレルギー発症機構、恒常性維持に関する分子栄養学的研究、さらに運動などのストレッサーが血液凝固線溶系に及ぼす影響などの研究を行い、修士論文を作成します。

B. 健康栄養科学コース

公衆衛生学、予防医学の理念および疫学の方法論を重視し、集団における栄養・食生活分野の調査研究、また、個々人の栄養および身体状況の特性を把握し、疾病の治療やQOL改善に益する研究をするのに対応した履修コースです。担当教員の指導のもと、疫学手法を用いて地域や職域の健康問題の解決を図ったり、集団レベル(グループ・市町・府県・国など)での枠組みにおける栄養問題の調査・分析・介入を行ったり、栄養摂取状況と生物・物理・化学的環境および心理・社会的環境との相互関係を検討したり、さらに食をテーマにした健康教育の手法の開発と普及方法さらにその効果検証などを行い、修士論文を作成します。また、在宅傷病者や独居高齢者を対象とする栄養支援システムの開発や介護予防や健康増進に貢献する研究も行います。

C. 実践管理栄養コース

本コースは学外病院等での研修を通じて、生きた専門知識と実践技術(スキル)を有する高度専門職業人としての管理栄養士を育成するコースです。大学と病院等の研修施設との連携のもとに、長期間(1年間)の臨地実習を通じて、患者や施設入居者に対する包括的な栄養アセスメント能力や栄養指導能力を養います。また、Nutrition Support Team(NST)に管理栄養士として参加することにより、チーム医療に関する専門知識を習得するとともに、医師、看護師、薬剤師などの他職種とのコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力の向上を図ります。さらに担当教員の指導のもと、研修病院や関連施設と共同研究を行うことにより、最新の学術的知識や臨床研究に関する専門知識を習得すると共に修士論文を作成します。すなわち、本コースは、管理栄養士の資格を有する高度専門職業人や研究者となるための登竜門としての位置付けられています。すでに管理栄養士として勤務している社会人入学生には、条件が整っている場合、その勤務施設が臨地実習の場として認められます。