武庫川女子大学
img img
文字のサイズ

大学 学部・学科紹介

生活環境学科

menu 学科紹介 カリキュラム 教員一覧 取得資格 シラバス 学科オリジナルサイトへ 資料請求 人間との関係を総合的に捉え、真により良い生活環境の創造を目指して。

「生活環境」とは私たちの生活を取り巻くモノや状況のこと。
人間の最も近くには衣服があり、その周りには生活用品やインテリアや住空間があり、建築物、街・都市が広がります。
生活環境学科では、多様なモノやコトで構成される生活環境と人間との関係を総合的に捉え、学びます。

学びの特長

2年次からは3コースに分かれて、より専門的に。

 多くのモノが氾濫している現代、作ることだけでなく、快適で健全な生活にとって真に必要なものは何かを見据え、良いものをいかに選び、使うかが重要です。暮らしの中のモノ・空間・事柄と人との関係について広い視野で学び、2年次からは三つのコースに分かれて、より専門的に取り組みます。

充実した設備での実験・実習−即戦力を身に付ける。

 人工的に気候を作り出せる「住環境実験室」、空間の大きさを実体験できる「実体験ラボ」、縫製工場にも劣らない装備の「アパレル実習室」など、実験・実習のための設備が充実。建築・インテリア・アパレル等の業界で実際に使用されているパソコンソフトも利用して、創作活動に取り組みます。

文系/理系の両分野からアプローチ。

 いくらデザインが良くても、品質が劣ればトラブルになります。逆に、いくら品質が良くても、デザインが洗練されていなければ、モノの価値は下がります。生活の中のモノや状況について、文化、歴史など文系の分野と、材料の性質など理系の分野の両面から学び、それらを統合するデザインにも展開させます。

コース紹介

生活デザインコース   アパレルコース   建築デザインコース

 生活に関する「調査」と「デザイン」をキーワードに、暮らしの文化を幅広く考えることを通して、生活の中の課題を発見し分析する力を身に付けることができます。また、プロダクト、パッケージ、インテリアの3分野で魅力的なアイデアを形とともに提案する力を身に付けることができます。

 

 感性と専門知識に裏付けされた豊富な商品知識を生かして活躍ができるよう、アパレルに関する知識や技能、デザイン力を身に付け、企画・造形面の素養を深めるとともに、服飾素材の品質や特性・加工など、衣服の機能性を高める知識も学びます。

 

 いかに暮らすかの視点から、生活空間である住宅や公共施設から街、都市までの様々な空間と、それを支える仕組みについて多角的な視点から学びます。その内容は、インテリアにおけるモノの配置や内装、建物の計画、構造・設備などの生活空間を維持する仕組み、街の計画や街づくりにまで及びます。

         

▲ページトップへ