武庫川女子大学
img img
文字のサイズ

大学 学部・学科紹介

薬学科(6年制)

menu 学科紹介 カリキュラム 教員一覧 取得資格 シラバス 学部オリジナルサイトへ 資料請求 新薬学教育モデル・コアカリキュラムに基づいた本学独自のカリキュラムで薬剤師に必須の能力(知識・技能・態度)を習得できるよう1年次から学習目標を設定し、幅広い薬学専門分野を効率的に学びます。

学びの特長

高度医療を担う優れた薬剤師の育成。

 50年を超える伝統に裏付けられた薬剤師養成実績とノウハウを生かし、強い責任感と高い倫理観、コミュニケーション能力、チーム医療に参画できる能力、薬物治療の実践的能力、自己研 さん する意欲と態度、問題解決能力を有した優れた薬剤師の育成を目指します。

親身できめ細かな学習サポート体制。

 高度な専門知識を習得する大学での学習にスムーズに入れるように、基礎学力を補う入学前教育やリメディアル教育を実施しています。また、薬学教育推進センター教員による習熟度別授業では、少人数で、様々な視点から一人ひとりに的確なアドバイスを行い、学習習慣の確立をサポートします。

高度医療を担う薬剤師養成のために。

 1年次には、病院・薬局や企業で活躍する薬剤師を訪問し、グループディスカッションを通じて早期から職業意識や倫理観を身に付けます。4年次までに、医療現場で必要な知識の習得と、臨床実習に向けて本学専任の現職医師や薬剤師から臨床業務や患者接遇等を学び、技能・態度を習得します。

優れた臨床能力を有する薬剤師となるための総仕上げ。

 5、6年次には、臨床実習により医療現場で必要な能力(知識・技能・態度)の実践と、総合演習とアドバンスト科目により専門知識の整理と積み上げを行います。卒業研究により、自己研 さん する意欲と態度、問題解決能力を養成します。これらにより、能力の向上と国家試験合格へと導きます。

TOPICS

高度な専門知識や技能を確実に習得するための、薬学生を支える教育支援システム。
薬学教育:
低学年では、薬学教育推進センター教員が学習習慣の確立を、高学年では、CBT・国試対策教育企画委員が立案計画した総合演習で全教員が共用試験・国家試験の合格をサポートします。
臨床薬学教育:
本学では臨床教育の重要性を早期に見出し、1997年には病院や薬局での実際の様々な業務を習得するための臨床薬学教育センターを設置し、実践的な薬局業務の教育に力を注いできました。
グローバル教育:
チーム医療先進国アメリカで、語学研修に加え、薬剤師業務を研修するプログラムと、国際感覚を養う早期体験プログラムを実施しています。また、中医薬学の理解を深める中国研修旅行に参加できます。

第101回(2016年)薬剤師国家試験

2015年度卒業予定の179人が出願し、実際に卒業した166人が受験、132人が合格(合格率79.52%)しました。 出願者(卒業予定者)に対する合格率は73.74%で、私立大学平均(72.51%)を上回りました。

 

▲ページトップへ