武庫川女子大学
img img
文字のサイズ

教学の特色

 学生の意欲に応える多彩な学びのステージを用意しています。「共通教育」「特別学期」は、文系・理系を問わず幅広い分野を自由に学べる科目群です。また、実社会で役立つ高度なIT運用能力を養成する科目や、実習・研修など実践から学ぶ機会を多く提供。学生それぞれの個性を大切にした、教育を行っています。

共通教育(共通教育科目)

 「共通教育科目」は、大学・短大、学部・学科、学年に関係なく、興味や関心に応じて選択し、受講することができます。
幅広い教養と豊かな人間性を育むため、あらゆる分野にわたる約250科目を開講。
 総合大学である本学ならではの多様な内容で、学生の学ぶ意欲に応えています。
>> 詳しくはこちら

特別学期(特別教育科目

 本学では、毎年2〜3月に「特別学期」というオリジナルの学期を設けています。
 特別学期には、大学教育を補完・拡充して、社会とのつながりを強く意識させる多種多様な「特別教育科目」が開講され、学生は自由に受講科目を選択できます。
 カリキュラムには、健康保持のための講座やキャリア教育講座、また卒業時に必要とされる"学士力"や"社会人基礎力"を習得するための内容が盛り込まれています。
 所属学科・学年に関係なく、幅広い知識と教養を身に付ける「全学プログラム」と、学科で学んだ専門領域の知識をさらに深める「学科プログラム」で構成され、教員・保育士採用選考試験や就職試験の対策講座なども充実しています。
>> 詳しくはこちら

外国語教育

 グローバル人材育成のために、数多くの英語学習の機会を提供。実践的な英語力とコミュニケーション能力を高めることができます。
>> 詳しくはこちら

3学部(3学科)連携教育プログラム

 健康・スポーツ科学部(健康・スポーツ科学科)、生活環境学部(食物栄養学科)、薬学部(健康生命薬科学科)の3学部は"健康"について密接な関連があります。
 そこで、カリキュラムの連携を図って健康についての幅広い知識を習得させ、21世紀のテーマ"健康"に貢献できるスペシャリストを養成する「3学部連携教育プログラム」という取り組みを行っています。
>> 詳しくはこちら

情報教育

 本学の学生が社会に出て、情報に強い人材として活躍できるよう、情報化社会を主体的に生きるために必要な情報リテラシー(情報活用力)を、1年前期の必修科目、情報リテラシー関連科目等で培います。
 本学の附置研究所の一つ、情報教育研究センターは、情報教育へのニーズに応え、新入生全員に情報教育(実習)を行っています。
>> 詳しくはこちら

教育・学習支援システム

 日々の学びを支援する情報システムを学内に整えています。
 パソコンやスマートフォンなどを使って、学生生活に役立つ情報を見ることができるシステムや、授業をサポートするシステムなどがあり、自由に利用することができます。
>> 詳しくはこちら

資格取得

 教員・保育士を目指す学生のために、「教員・保育士採用選考試験対策特別講座」を開講し、採用試験合格に向けてバックアップしています。
>> 詳しくはこちら

編入学

 本学の短大生を対象に、本学の大学に進学できる編入学制度を設けています。
>> 詳しくはこちら

その他(初期演習など)

 学生それぞれの個性を大切にした、きめ細かな指導を行っています。大学・短大の全クラスでクラス制を採用。1年生の「初期演習」でクラスごとに学習の基礎を学びます。そのほか、ボランティア活動の単位を認定する制度やインターンシップの機会もあります。
>> 詳しくはこちら