武庫川女子大学
img img
文字のサイズ

教学の特色

【教育】3学部連携教育プログラム

学科の枠を超えた学問分野に触れることで、
専門性を高めながら、多角的な視野を育むことができます。

コンピュータ活用能力を高めるため、快適な情報環境を実現。

 健康・スポーツ科学部(健康・スポーツ科学科)、生活環境学部(食物栄養学科)、薬学部(健康生命薬科学科)の3学部は"健康"について密接な関連があります。
 そこで、カリキュラムの連携を図って健康についての幅広い知識を習得させ、21世紀のテーマ"健康"に貢献できるスペシャリストを養成する「3学部連携教育プログラム」という取り組みを行っています。

1年生  後期に「健康科学連携教育フォーラム」を受講します。基礎・専門教育への導入となるこのフォーラムで、「健康科学」に関連した学部(学科)で学ぶ自覚・意欲を高めます。
2・3年生  「健康科学」に関連した教養を身に付けるために、各学年に1科目設定した3学部連携科目を受講できます。この科目の単位は基礎教育科目および専門教育科目の卒業単位として認定されます。
修 了  健康科学連携教育フォーラムを受講し、「健康科学 T」「健康科学 U」の単位を修得した学生には、卒業式で学長から修了証が授与されます。

知識・技能を発展させるプログラム

健康・スポーツ科学部 健康・スポーツ科学科

 個々のライフスタイルが多様化する現代社会で本学科は「健康の維持・増進」「アスリートの競技力向上」に関する専門知識・技能の習得を目指します。連携教育プログラムにより「栄養」「薬」に関する専門領域に踏み込み、「食生活」や「心身の機能」からの視点を加えた学習を通じて、幅広く健康とスポーツ活動をサポートできる人材を育成します。

生活環境学部 食物栄養学科

 栄養学の基礎を習得後、一歩進み「人が健康な生活を送るための栄養学」を学びます。性別や年齢別の、健康や疾病時別の、さらに食事についての文化的・社会的側面も視野に入れた奥の深い栄養学です。連携教育プログラムで「運動」「薬」の知識も習得。「人の栄養学」の発展に貢献できるスペシャリストを目指します。

薬学部 健康生命薬科学科

 医薬品という観点から"健康"に貢献するのが薬の科学者の使命。「薬」や「病気」、「生命」に関する専門知識だけでなく、「運動」や「栄養」の面からも"健康"を考えていきます。本学科の連携教育プログラムには「運動」や「栄養」のスペシャリストを養成する学科から、えりすぐった専門科目を用意。一歩進んだ薬の科学者を育てます。

▲ページトップへ