武庫川女子大学
img img
文字のサイズ

大学院紹介

大学院 英語英米文学専攻

menu 専攻紹介 授業科目 専攻オリジナルサイトへ
修士課程※ 博士後期課程

※は、社会人特別選抜入試を実施しています。

英文学、アメリカ文学、英語学、英語教育、英米文化の研究分野において、新しい国際化時代の要請に応えられる高度の専門的職業人を養成します。中学・高校教員や大学教員・研究者だけでなく、公務員、文化事業・文化行政、マスコミ・ジャーナリズムなどの世界でも活躍できる人材の養成を目指し、学生一人ひとりの知的関心に基づいて適切かつ丁寧な研究指導を行います。その指導にはネイティブの第一線研究者も加わります。

主な研究分野

「英文学」「米文学」「英語学」

主な研究内容

1.英文学分野

(1) 英文学研究方法論および19・20世紀英文学  担当:玉井 ワ

英文学研究のための方法論について考えます。英文学の文学テクスト(小説、劇、詩などのジャンルは問いません)を精読するとともに、対象とする文学テクストを研究する方法を検討するために解釈の相互に異なる研究論文・批評論文を読み、自分のテンペラメントに合った研究方法を探ります。

(2) 劇  担当:前原 澄子

シェイクスピアをはじめとする英国ルネサンス期の演劇を研究対象としています。劇のテキストには、当時の観客に向けて発信された様々なメッセージが込められており、それらを読み解くために、同時代の出版物を紐解きながらテキストの行間を読み、当時の演劇がどのように上演され、受容されたのかを分析します。

(3) 18世紀 詩  担当:波多野 和子

文化〔文学、絵画、音楽、建築、庭園〕の頽廃を政治の腐敗と重ね合わせて、政治と文学は分離して考えられないという立場から詩作したアレキサンダー・ポープの諷刺詩の研究ならびに、後世の文化へのポープの詩の影響について、考察します。

(4) イギリス小説  担当:米本 弘一

18世紀後半から19世紀前半にかけてのイギリス小説の作品を読みながら、小説というジャンルの特質、作品の構造、表現技法などについて考察します。また、小説の読み方、分析・研究の方法、論文の書き方などについても指導します。

2.米文学分野

(1) 20世紀以降のアメリカ小説  担当:松原 陽子

ウィリアム・フォークナーの作品を中心に研究を行っています。またその延長として、昨今のキャノンの見直しの流れから、黒人文学を始めとする現代のエスニック文学にも関心があります。主に、人種・ジェンダー・階級といった観点から考察しています。

(2) 19・20世紀 小説・文化  担当:本城 精二
  • @ 19世紀後半から20世紀前半のアメリカ文学(トウェインからヘミングウェイまでを中心に)
  • A アメリカの社会と文化−歴史的発展と形成
  • B 社会と文学の相互関係
(3) 20世紀劇文学  担当:今村  隆

現代アメリカ演劇を、作品に反映される時代・文化を読み解きながら、その精読を通して作家特有の知的および感性世界を探っていきたい。できればその作品についての批評を読み、文学作品の解釈の仕方を学び、自らも作品批評を試みてもらう。

(4) 現代アメリカ小説  担当:山本 秀行

現代アメリカの小説をジェンダーやエスニシティなどの現代的視点も取り入れながら研究します。授業では、20世紀アメリカ文学を、テーマやモチーフはもとより、語りの方法、文体および歴史・社会・文化的背景にも注意しながら読んでいきます。

3.英語学分野

(1) 英語学文献研究  担当:冨永 英夫

英語の仕組みと働きを探求します。具体的には、英文法書や研究論文等を読むことを通して、英語を体系的に理解することを目指します。一見してわかるものだけでなく、隠れた規則性の発見を行いたいと思います。

(2) 語用論  担当:西光 義弘

語用論とは現実の場面で言葉が用いられ、文字通りの意味とは限らない現象が起こることを解明する学問である。いわば普通の他の英語学の分野がボトムアップで小さい単位を積み上げることによって分析していくのに対して、トップダウン方式で場面において言いたいメッセージから考えていく。授業では映画のシナリオなどを用いて、場面および話し手の性格、気持ちなどを読み取ることから理論的枠組みを考えていく。

4.英語教育・言語習得論分野

(1) 第二言語習得  担当:西嶋 久雄

第二言語習得研究成果を概観し、仮説の立て方、言語習得データの収集・分析し、さらに、英語教育への応用を考えます。また言語習得を心理言語学的、社会言語学的、普遍文法、語彙などの観点からも考察します。

(2) English Language Teaching  担当:Nathanael Rudolph

My research interests include postmodern and poststructural approaches to language, culture and identity, equity in the field of English language teaching, and the contextualization and teaching of English as an international language.

(3) 第二言語習得・現代英語教育  担当:竹田 明彦

第二言語習得の研究成果を活かす英語教育の研究、特に英語のコミュニケーション能力を養うための教材開発や言語活動のあり方を学びます。

最近の学位論文題目より

−博士論文−

  • ◇ Visual Techniques in Thomas Hardy’s Five Major Novels
  • ◇ ヴィクトリア朝小説における女性使用人の表象―ディケンズ、ブロンテ、ハーディ―
  • ◇ Henry James and Imperialism in the Ghostly Tales
  • ◇ Creative Contrasts in Emily Bronte's Wuthering Heights
    −Realism and Supernaturalism−
  • ◇ Chaucer and His"Good"Women

−修士論文−

  • ◇ Transformations of Performing Techniques of Witches in Macbeth
  • ◇ Pursuit of Identity and Self-Deception: The World of Kazuo Ishiguro’s Nocturnes
  • ◇ An Analysis of Discourse Markers in Textbook Readings for Senior High School Students
  • ◇ Pride and Its Development in Elizabeth: A Study of Pride and Prejudice
  • ◇ Fairy Tale Elements in Charles Dickens' The Old Curiosity Shop
  • ◇ The Independence of Women in Persuasion
  • ◇ Views of African American in Mark Twain's Huckleberry Finn
  • ◇ Reading Walter Pater's Denys l'Auxerrois : What is Denys ?
  • ◇ The Miraculous Development in Silas Marner
  • ◇ A Study of Grammatical Items to be Taught in Finnish and Japanese Schools through an Analysis of English Textbooks in Both Countries

▲ページトップへ