武庫川女子大学
img img
文字のサイズ

大学院紹介

看護学研究科 看護学専攻

menu 専攻紹介 授業科目 専攻オリジナルサイトへ
修士課程

※は、社会人特別選抜入試を実施しています。

看護学研究科では、理論と実践に焦点を当てた教育と研究を行います。経験知を理論知に進化させることができる高度な専門性を培い、健康と福祉の向上並びに看護学の進展に指導的役割を担うことができる人材を育成することを目的としています。つまり、看護の場で生じている課題や問題意識を、論理的に捉え、研究を通して追究し、研究結果を看護の場で生かすことのできる人材の育成を目指しています。
看護職として働く社会人の方は、職場で抱く疑問等を大学院の学びの中で理論化し、職場に還元するというプロセスを体験することができ、修了後もそのプロセスをたどることで看護実践に生かすことができます。

履修コース

看護学研究コース

主として現職看護職者を対象に、臨床現場との共同研究により、臨床で求められるリーダーの役割が担える看護職者や臨床との積極的な連携が行える教育・研究者としての基盤を育成します。

看護学研究保健師コース

看護学研究コースの目的に加えて、公衆衛生看護学の専門性を高め、住民の健康の保持増進を実現していく実践力および保健行政への参画力を兼ね備えた、質の高い保健師を育成します。(保健師国家試験の受験資格を得ることができます)

研究内容

○生涯発達看護学領域

[成人慢性看護学分野]

川端 京子:腎不全や糖尿病、がん化学療法を受ける患者などの療養生活の支援

布谷 麻耶:炎症性腸疾患をはじめとする慢性疾患を有する患者の療養生活や意思決定を支える看護

[成人急性看護学分野]

宮嶋 正子:高齢者や重症集中治療の状況にある人などの褥瘡発生予防・予測技術と看護ケアの開発

池田 七衣:アレルギーや感染症患者の保健行動、特にストレスやQOLに焦点をあてた研究

[小児看護学分野]

藤原千惠子:病気における子どもと育児における家族のストレス、レジリエンス

藤田 優一:入院児の転倒・転落事故防止、口唇口蓋裂の親のレジリエンス、小児の入院環境

[母性看護学分野]

町浦美智子:思春期、周産期、成熟期、更年期にある女性と家族の健康課題・問題への看護支援

本間 裕子:思春期の健康・リスク行動、特に家庭・学校での人間関係や社会資源に焦点をあてた研究

○広域実践看護学領域

[基礎看護学分野]

阿曽 洋子:エビデンスの実験的検証に基づく看護技術開発と褥瘡看護に関する研究

久米弥寿子:基礎看護技術に関する教育、特にコミュニケーション技術能力や看護診断過程の教育

片山  恵:看護技術を用いた対症療法の効果の検証とエビデンスに基づいた技術の開発

清水佐知子:安全で質の高い保健医療サービスと看護ケアの効果的、効率的な提供に関する研究

[老年看護学分野]

横島 啓子:地域で暮らす高齢者への在宅支援、家族の介護負担、認知機能活性化のための活動と評価

徳重あつ子:高齢者の寝たきりや認知症予防のための看護ケアや補完代替療法に関する研究

[精神看護学分野]

寳田  穂:アディクションの回復支援、看護職者の疲弊とその支援、複雑多様な社会における看護

心光世津子:精神障害者・家族・看護師の視点の相違、セルフヘルプ・グループやピアサポート

[在宅看護学分野]

新田 紀枝:在宅療養者と家族のQOL維持と向上、家族の介護負担、ディストレスを軽減する看護

久山かおる:在宅での看取りにおける看護師の役割や地域包括ケアシステムの中の多職種連携

[公衆衛生看護学分野]

和泉 京子:成人期・高齢期の社会経済背景をふまえた生活習慣病予防・介護予防に関する研究

岩佐 真也:国際的な視点での保健医療政策、文化背景をふまえた受療行動

▲ページトップへ