武庫川女子大学
img img
文字のサイズ

大学院紹介

大学院 臨床教育学専攻

menu 専攻紹介 授業科目 修士課程授業科目 博士後期課程授業科目 専攻オリジナルサイトへ
修士課程
修士課程

教育学、心理学、福祉学の3分野で、乳幼児から高齢者までの各ライフステージにおける、発達・適応援助に関する理論的・実践的・臨床的研究を行っています。学術的視点を持って支援ができる専門職業人、研究者の養成とスキルアップを目的にしています。
※修士課程は主として社会人を対象とした夜間開講です。

主な研究分野

 「臨床教育学」

主な研究内容

 「教育学」「心理学」「福祉学」の各分野から、学齢期に重きを置きながら、乳幼児から高齢者までの各ライフステージにおける、発達・適応援助に関する理論的・実践的・臨床的研究を行っています。

主な開講科目内容

1.臨床教育学総論  担当:担当:上田 孝俊

 臨床教育学の開拓は、本学もその一翼を担いながら1990年ごろから始まりました。この間に蓄積されてきた研究・教育の努力と到達を踏まえながら、また受講生の研究関心をもとに、援助実践の思想や、その専門性を考察する概念・研究方法の整理を試みます。

2.課題研究T・U  担当:全教員

 修士学位請求論文と密接な関係を持つ課題研究は、教育学、心理学、福祉学にかかわる各臨床領域において、各自のテーマについて発表・討論を中心に進め指導します。

3.実地研究  担当:全教員

 教育、福祉、保育、医療等の各実践現場における、行動・態度観察、調査、臨床経験等を通して今日的な研究課題を自ら見出し、その解決に向かって実証的かつ実践力に富む高度な臨床的研究能力を培うことを目的としています。

― 教育学関連 ―

4.教育病理学特論  担当:友田 泰正

 教育問題を論じた代表的著書・論文を紹介し、特に「自立」について考えることを通じて、修士学位請求論文作成への手がかりを提供します。

5.教育社会学特論  担当:安東 由則

 教育社会学の歴史や方法論について理解を深めるとともに、具体的な研究の精読、議論を通じて、教育実践などの臨床の場に生かせる視点や方法を考えます。

6.生徒指導特論  担当:上田 孝俊

 児童・生徒の理解や問題表象のとらえ方、教育実践は社会状況と関連してどのように変化してきたか、20世紀初頭から現在に至る特徴的な実践を検討・分析し、児童・生徒と教師の教育的人間関係の構築について考えます。

― 心理学関連 ―

8.発達臨床心理学特論  担当:河合 優年

 この授業では、発達心理学を基礎として、子どもの発達を扱う、幼児教育現場、学校現場、家庭など実践応用を含めた、現場主義の発達心理学を学びます。適宜討論の時間を設けます。

9.児童・青年臨床心理学特論  担当:西井 克泰

 児童・青年における発達支援的な領域を臨床心理学的視点から学んでいきます。特に、予防やトリートメントに関する領域について扱っていきます。

10.障害児・者の教育と心理  担当:石川 道子

 障害児・者への理解を深め、障害特性を考慮した教育的支援について学びます。特別支援教育を実施するための評価から支援方法までを含めた実践的な知識の習得を事例検討方式で試みます。

― 福祉学関連 ―

11.人間・社会福祉学特論  担当:中尾 賀要子

 中高齢期の「老い」について理解を深め、「老い」の諸問題に対する社会福祉的介入について考察します。自分自身および自分の周りの人々、さらに様々な背景をもつ人々の高齢化とそれに付随する問題について理解を深めます。

12.子ども・家庭福祉学特論  担当:倉石 哲也

 子どもの権利が擁護されていない家庭的社会的状況について分析を試み、支援の方策とその課題について考えます。貧困文化の家族ダイナミックス等、臨床的理解についても理解を深めます。

最近の学位論文題目より

  • ◇ 児童発達支援における関係機関との連携に関する調査的研究
  • ◇ 保育士の資質向上についての問い直し―自己覚知の必要性について―
  • ◇ 発達障害者の生活史の語りを聴く―対人援助職の専門性の検討のために―
  • ◇ スクールソーシャルワーカーと学校教職員との協働について―協働の場であるケース会議に関する効果的な実践の検討―
  • ◇ 子ども虐待家庭への保健師訪問の経験―新任期・中堅前期保健師の語り―
  • ◇ 身体感覚の発達を支える教師教育について
  • ◇ 市町村保健師の専門性とその危機―社会政策の変遷のなかで―
  • ◇ 女性の出産体験と助産師のありよう
  • ◇ 介護福祉士養成教育に携わる養成教員の状況と課題

▲ページトップへ