武庫川女子大学
img img
文字のサイズ

大学院紹介

大学院 臨床教育学専攻

menu 専攻紹介 授業科目 修士課程授業科目 博士後期課程授業科目 専攻オリジナルサイトへ
博士後期課程
博士後期課程

「教育学」「心理学」「福祉学」の各分野から、学齢期に重きを置きながら、乳幼児から高齢者までの各ライフステージにおける、発達・適応援助に関する理論的・実践的・臨床的研究を行っています。学術的視点を持って支援ができる専門職業人、研究者の養成とスキルアップを目的にしています。
※博士後期課程は、教育学分野および臨床心理学分野は昼間開講、臨床教育学分野は夜間開講です。

主な研究分野

 「臨床教育学」

主な研究内容

 乳幼児から高齢者まで幅広く、人間のライフサイクルに応じた教育・研究を行い、「臨床教育学」「教育学」「臨床心理学」の各分野の視点から、発達・適応援助に関する理論的・実践的・臨床的研究を行っています。

担当教員の専門領域

<昼間開講>

― 教育学 ―

田中 毎実

・臨床的人間形成論・大学教育学
・「発達と教育」を「ライフサイクルと異世代間の相互生成」によみかえる

西本  望

・幼児教育保育、家庭教育、保育の質・評価
・基本的生活習慣の獲得・形成機序としつけの方策
・ 心の習慣(価値・倫理的枠組)の形成と転換・愛着障がい
・こども子育て支援、放課後子供支援事業

松下 良平

・教育と学習に関する原理的研究
・道徳教育論
・英米を中心とする教育思想研究

矢野 裕俊

・学校カリキュラムの開発と実践をめぐる諸問題
・地域社会と連携した学校のガバナンス
・生涯学習社会における学力・能力論

― 臨床心理学 ―

萱村 俊哉

・発達障害児/者の神経心理学的アセスメントに関する基礎的及び臨床的研究
・発達障害児への学習指導に関する神経心理学的研究
・学校と地域を結ぶ発達障害支援ネットワークの構築

佐方 哲彦

・青年期のアイデンティティの病理に関する研究
・ロールシャッハ法による心理アセスメントの研究

西井 克泰

・発達障害の理解と心理教育的支援
・ソーシャルスキル教育
・被虐待児への心理的支援

<夜間開講>

― 臨床教育学 ―

教育学関連

安東 由則

・女子教育に関する現状分析と今日的課題の検討
・アメリカにおける女子大学の現状分析と女性支援に関する研究
・私立中学・高等学校の総合的研究

上田 孝俊

・子ども(被援助者)と教師(援助者)の相互作用としての教育実践・カリキュラムの検討
・当事者理解の方法と思想の研究

押谷 由夫

・これからの学校教育改革と道徳教育改革
・子どもを主体とした授業改革、学級経営改革(「特別の教科 道徳」を中核として)
・生き方とかかわらせた臨床教育学

友田 泰正

・青少年の自立の文化的・社会的要因
・学校文化の日本的特性
・教育・文化施設のネットワーク化

心理学関連

石川 道子

・発達障害に関する研究
・障害児・者の教育と心理
・小児の障害への心理アセスメント

河合 優年

・発達初期における社会性の形成
・情動統制の発達的変化に関する研究
・母子関係の成り立ちと愛着
・発達段階と教育

福祉学関連

倉石 哲也

・子ども家庭福祉の専門性に関する研究
・子ども虐待の発生と予防、および支援と介入に関する研究
・学齢期の子育て支援に関する研究
・支援者支援に関する方法の開発

最近の学位論文題目より

  • ◇ 心理教育相談の母親面接における相互交流に関する研究
  • ◇ 介護老人保健施設における看護職の役割に関する質的研究
  • ◇ Significance of Amae as a Transitional Mechanism: Function and Role of the “Zone of Practicable Adaptability”
  • ◇ 震災孤児・遺児の長期的心理変化と支援についての研究−神戸レインボーハウスの記録分析から−
  • ◇ 芦田恵之助における随意選題思想形成過程に関する研究−明治期の芦田の綴方実践と思索に着目して−
  • ◇ 発達障害児とその親が安定した関係を構築するための親支援の研究
  • ◇ 要発達支援児を育てる親の内省が親子関係構築に関与する過程

▲ページトップへ