最新映画体験記inMOVIXあまがさき

映画紹介

「ラ・ラ・ランド」
【公開日】2017年2月24日(金)

あらすじ
何度もオーディションに落ちてすっかりへこんでいた女優志望の卵、ミア(エマ・ストーン)は、ピアノの音色に導かれるようにジャズバーに入る。そこでピアニストのセバスチャン(ライアン・ゴズリング)と出会うが、そのいきさつは最悪なものだった。ある日、ミアはプールサイドで不機嫌そうに1980年代のポップスを演奏するセバスチャンと再会し……。
解説
「セッション」などのデイミアン・チャゼルが監督と脚本を務めたラブストーリー。女優の卵とジャズピアニストの恋のてん末を、華麗な音楽とダンスで表現。「ブルーバレンタイン」などのライアン・ゴズリングと「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」などのエマ・ストーンが出演。クラシカルかつ、ロマンチックな物語に誰もがうっとりする。
おすすめポイント
米国時間1月24日に発表された第89回アカデミー賞で、本作、「ラ・ラ・ランド」は過去最多タイの14ノミネートされました。 なお、14ノミネートは、第70回アカデミー賞「タイタニック」(1998年)の14部門14ノミネートと並ぶ最多記録。ただのミュージカル映画ではなく、まるでタイムスリップしたかのような感覚が魅力的な映画です。
キャスト ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン 他
スタッフ 監督・脚本:デイミアン・チャゼル
製作:フレッド・バーガー他
配給 ギャガ/ポニーキャニオン
制作年 2016年
上映時間 128分
「ラ・ラ・ランド」「ラ・ラ・ランド」

映画紹介バックナンバー

Page Topへ


映画紹介バックナンバー

「本能寺ホテル」
【公開日】2017年1月14日(土)

あらすじ
倉本繭子(綾瀬はるか)は、会社の倒産を機に恋人の吉岡恭一(平山浩行)にプロポーズされ、恭一の両親の住む京都へ向かう。京都に着いた繭子は、路地裏にある“本能寺ホテル”に導かれ、気が付けば1582年の本能寺にいた。繭子は現代と1582年を行き来しながら、織田信長(堤真一)や森蘭丸(濱田岳)と交流を果たす。その日は信長が暗殺された本能寺の変の前日だった。
解説
『プリンセス トヨトミ』の綾瀬はるかと堤真一、鈴木雅之監督と脚本の相沢友子が再び集結し、元OLと織田信長との、本能寺の変前日の奇妙な遭遇を描く歴史ミステリー。婚約者の両親に会うために京都を訪れたヒロインが“本能寺ホテル”という宿に泊まり、本能寺の変の前日に、暗殺の標的となっている信長に出会い、信長や森蘭丸と交流するさまが描かれる。
おすすめポイント
元OL役の綾瀬はるかと信長役の堤真一のほか、濱田岳、平山浩行、風間杜夫などが出演。現代と戦国時代の京都を行き来するヒロインが、歴史的な事件にどう絡んでいくのかに注目。
キャスト 綾瀬はるか、堤真一、濱田岳 他
スタッフ 監督:鈴木雅之
脚本:相沢友子
音楽:佐藤直紀
配給 東宝
制作年 2017年
上映時間 119分
「本能寺ホテル」「本能寺ホテル」

© 2017 フジテレビジョン 東宝 ホリプロ


Page Topへ