最新映画体験記inMOVIXあまがさき

体験記バックナンバー

映画館

映画館

「ラ・ラ・ランド」

~アカデミー賞6冠の超大作!~

 まずはミュージカル映画ならではの華やかな歌、ダンス…心をがっちりつかまれました。どの曲も素晴らしく、思わずサウンドトラックを衝動買いしてしまったほどでした!しかし、曲ばかりではなくストーリーにも注目して見てほしいです。セバスチャン(ライアン・ゴスリング)とミア(エマ・ストーン)の2人それぞれに喜んだり落ち込んだりしながら夢に向かってひたむきに頑張る姿には心を打たれました。一方で、恋に落ちていく2人の様子にはうっとりしてしまいました。また、個人的にはラストの展開が意外だったので、そこも注目ポイントです!
 夢を追うことの難しさ、素晴らしさを改めてこの映画から学べた気がします。楽しいだけではない、とても奥深い映画でした!

学生広報スタッフ 心理・社会福祉学科 1年生 西村舞

~夢を追う事とは…~

 この映画は様々な賞を受賞している作品と聞き、私は映画を見る前からとても楽しみにしていました。しかし、想像していた以上に冒頭から圧倒され、いい意味であっさりと期待を裏切られることとなりました。
 この作品は、夢を追う2人の男女がストーリーの中心となっています。2人はどのようにして夢をかなえていくのか、果たして夢はかなうのか、2人のやりとりにワクワクしたり、ドキドキしたり、ちょっと悲しくなったり、最後まで見逃せない展開となっています。特にラストはとても感動しました。作品内で流れる音楽がどれもすてきで、観賞した後もずっと頭の中に流れていました。キャストの皆さんの歌声がそれぞれ素晴らしかったと思います。
 音楽が好きな方、ワクワクした気分になりたい方、感動して泣ける映画が見たい方にはおすすめです! 外国の映画をあまり見ない私もとても楽しめたので、皆さんに見ていただきたいと思います!

学生広報スタッフ 生活環境学科 1年生 高際咲月


Page Topへ


体験記バックナンバー

映画館

映画館

「本能寺ホテル」

~物語は奇妙なホテルで起きる!~

 ヒロインの倉本繭子(綾瀬はるか)がたまたま宿泊することになった本能寺ホテル。そこはなんと戦国時代に繋がる不思議なホテルだったのです……!
 この映画を見て、改めて『本能寺の変』のことや、これまでの歴史について考えさせられました。歴史のことを扱っている映画ですが、まったく堅苦しくなく、むしろ、クスッと笑えて面白い映画でした。主人公である繭子はもちろん、登場人物である織田信長(堤真一)や森蘭丸(濱田岳)もそれぞれ個性があって、見ていて楽しかったです。
 このお話はどのように結末を迎えるのか、繭子は『本能寺の変』に遭遇してどう変わっていくのか、という点も大きな注目ポイントです!ワクワクすること間違いなしのこの映画、皆さんもぜひ、見てみてください!

学生広報スタッフ 心理・社会福祉学科1年 西村舞

~本能寺へつながる不思議なエレベーター~

 ヒロインの倉本繭子(綾瀬はるか)がたまたま宿泊することになった本能寺ホテルで起きるとても不思議な物語。ホテルのエレベーターがなぜか本能寺へつながっている…!?繭子はやりたいことが特になく、結婚を控えている最中でもあった。本能寺で、かの有名な織田信長(堤真一)や森蘭丸(濱田岳)とも出会う。その日は本能寺の変の前日であることを知り、繭子は歴史が変わってしまう覚悟で本能寺の変のことを信長や蘭丸に伝える。歴史の事実を知った信長の行動とは…!現代に戻ってきたその後の繭子にも注目です!
 安土桃山時代と現代との融合がとても新鮮で笑える場面も多く、とても面白かったです。舞台は京都で見たことのある景色が出てきて興奮しました!
歴史が好きな方はもちろん、なにかはじめたいと思っている人、たくさんの人に見てもらいたい作品です。

学生広報スタッフ 食物栄養学科4年 嶋田眞歩


Page Topへ