武庫川女子大学
img img
文字のサイズ

ニュース・最新情報

学院のニュースや行事予定をお伝えします。
写真をクリックすると拡大表示します。

動画ニュースで紹介! 甲子園球場で「武庫女デー」。全国大会準優勝のソフトボール部エースの剛速球やダンス部とラビーの演技に球場は湧きました。[2011/07/07更新]

 阪神甲子園球場で7月2日夜に行われたプロ野球セントラルリーグ公式戦「阪神タイガースVS横浜ベイスターズ戦」に本学が協賛し、「武庫女デー」としてさまざまなイベントを繰り広げました。学生や本学のキャラクター・ラビーが応援に駆けつけ、約4万7千人の大観衆で埋まった球場を盛り上げ=写真左=、試合は阪神が6対4で快勝しました。学生広報スタッフも参加し、舞台裏などを取材しました。
 当日の甲子園球場の様子を7月7日、本ホームページの「動画ニュース」に掲載しました。

 この甲子園球場でのイベントは、本学が甲子園球場に最も近い大学であることをPRしようと企画され、今年で3回目。試合前には先着1万5千人の観客に、本学の名前やラビーのイラスト入りの団扇が配られました。

 午後4時15分、球場外のイベント広場に設けられたステージで黒いスーツ姿のダンス部員5人がパフォーマンスを披露。午後5時45分にも同部の11人が1塁側外野芝生上でタイガースのマスコット「トラッキー」「ラッキー」「キー太」やファンの子どもたちと一緒に『Let's Go トラッキー』の音楽に合わせてダンスをしました=写真中=。

 午後5時58分、始球式が行われ、昨年の全日本大学選手権で準優勝した本学ソフトボール部のバッテリーが登場しました。センター・スコアボード横の大画面に「甲子園球場に一番近い大学・武庫川女子大学」の文字が映し出された後、内海花菜投手(健康・スポーツ科学科2年)=写真右=が振りかぶって投げた剛速球は平井遥香捕手(同3年)のミットにおさまり、見事なストライク。球場全体から大きな歓声と拍手が起こりました。

 3回裏には、ダンス部の2人が野球中継をしていたサンテレビに出演し、「月刊タイガース」の本を紹介しました。ラビーも3回、5回、7回裏の攻守交替時にトラッキーらと一緒にグラウンドに登場し、観客に愛嬌を振りまきました。

◆◇


 翌3日にも、ダンス部11人が試合前にステージとグラウンドでダンスパフォーマンスを披露。前日に引き続き、球場を盛り上げました。学生とラビーが“勝利の女神”となり、試合は阪神が10得点をあげて連勝しました。

▲ページトップへ