武庫川女子大学
img img
文字のサイズ

学生広報スタッフ取材レポート

[2011/7/2]
甲子園球場で開催された「武庫女デー」を、学生広報スタッフが取材しました。

img03 img02 img01

 阪神甲子園球場で7月2日夜に行われたプロ野球セントラルリーグ公式戦「阪神タイガースVS横浜ベイスターズ戦」で本学のイベント「武庫女デー」が開催されました。学生広報スタッフも参加し、舞台裏などを取材しました。スタッフが撮影・制作したコラージュはこちらをご覧ください。

大盛り上がりの「武庫女デー」
 阪神甲子園球場で7月2日に行われた「武庫女デー」の取材に行ってきました。午後4時15分から催された球場外でのイベントにダンス部11人とラビーが出演しました=写真右=。最初にイベント広場の舞台で、ダンス部5人が黒のスーツ姿で、4月から練習をしていたジャズダンスを披露=写真中=。見せ場だと言う「最初のポーズ!」からバッチリきまり、かっこいいダンスに会場は魅了されました。その後、「楽しかったです!」とダンス部の皆さんは笑顔で話しました。
 続いて、控え室では「緊張するよ〜」と落ち着かない様子だったラビーが、トラッキーに連れられて堂々と登場。見に来ていた子どもたちも大喜びでした。そして「楽しみと緊張が半々です」と本番直前に話していたダンス部6人が登場。2週間前に映像を見て練習を始めたと言う、『Let's Goトラッキー』を完璧に踊りました。
 同5時45分、試合前のグラウンドでも、11人全員が今度はチアリーダーの衣装で『Let's Goトラッキー』を披露し、球場を盛り上げました。ダンス部は、1ヶ月後に全日本高校大学ダンスフェスティバルが控えているそうで、「賞を取りたいです!」と意気込みが伝わりました。
 同6時の試合直前には、昨年、全日本大学選手権大会で準優勝したソフトボール部のバッテリー、内海花菜さんと平井遥香さんが照明のカクテル光線できれいに浮かび上がるグラウンドに登場、始球式を行ないました=写真左=。始球式後のインタビューでは「緊張しましたが、思っていたよりは上手く投げられました」と言うピッチャーの内海さん。その内海さんの球を受けたキャッチャーの平井さんも「緊張もしましたが、楽しかったです。(内海さんの球は)いつも通り、めっちゃ速かった!!」と話してくれました。また、キャッチャーのポジションから見た甲子園について「すごく広くて、大きくて、興奮した!」と、二人ともまだ興奮が冷めない様子で語りました。
 試合前から甲子園球場は大盛り上がりでした。そして試合は、阪神が横浜に6-4で勝利。武庫女からの熱いエールもしっかり届いたようでした。

ダンス部とソフトボール部の皆さんにインタビュー
【ダンス部】
Q:大観衆の前で踊った感想は?
A:楽しくて、緊張はしなかったです。

Q:グランドからはどのように球場が見えましたか?
A:思っていたよりも広かったです。初めて甲子園球場に来たので、「(甲子園球場は)大きかった」というのが一番の感想です。

Q:うまく踊れたところを教えてください。
A:ホームランの格好をするところです。

【ソフトボール部】
Q:全日本大学選手権と比べると、どちらの方が緊張されましたか?
A:どちらも同じくらい緊張しました!

Q:大観衆の前で投げた感想は?
A:思っていたより楽しめたので、良かったです。

Q:観客の方の歓声は聞こえましたか?
A:内海さん:投げた瞬間に「ワー!」と聞こえました。
  平井さん:ずっと聞こえていました。

Q:今後の目標を教えてください。
A:インカレ優勝です!!!

取材後の感想
 今回の「武庫女デー」が私にとって初めての学生広報スタッフとしての取材だったので、緊張もしましたが楽しめました。ダンス部の方々の創作ダンスとチアー、ソフトボール部のバッテリーの始球式に、ただただ素晴らしい! としか言い表せません。写真を撮りながら見入っていたくらいです。あんなに広いグラウンドでパフォーマンスをするのは緊張もするけど、楽しめるのだろうなと思いました。本当にダンス部・ソフトボール部の皆さん、お疲れ様でした! そして、取材を快く受けてくださり、ありがとうございました!

英語文化学科3年 横山英里

 学外での初めての取材ということで緊張しましたが、それ以上に楽しんで取材することができました。迫力ある創作ダンスに可愛いトラッキーダンス。素晴らしい始球式やラビーの登場。武庫女デーを通して「甲子園に一番近い大学である武庫女」を改めて実感することができたと思います。また観戦やアルバイトで訪れたときとは違う甲子園を見ることができ、とてもいい体験をすることができました。取材の面では反省点や改善点など新たな課題ができました。今回の素敵な経験を、今後の活動にも生かしていきたいと思います。協力してくださったみなさん、ありがとうございました。

人間関係学科2年 森本菜月

▲ページトップへ