武庫川女子大学
img img
文字のサイズ

学生広報スタッフ取材レポート

[2012/6/9]
武庫川女子大学薬学部ESSで留学生との交流イベントに参加しました。

img01 img02 img03

 薬学部ESSの学生が主催する留学生との交流イベントが6月9日に行われました=写真右=。薬学部のESSは2011年9月に本学のESSから独立し、薬学部の学生で組織する薬友会の所属団体になり、2012年4月にWJEMAに加盟しました。WJEMAは、西日本の大学の医学部・歯学部・薬学部・看護大学のESSによって構成される団体です。

 イベントは、お互いに自己紹介をして和やかな雰囲気の中、薬用植物についてのレクチャーから始まりました。レクチャーは薬学部ESSの学生がすべて英語で行いました。日本名がそのまま英語名になっている植物もあるということも学び、とても勉強になりました。「留学生の国ではなんと呼ばれているのか」「この植物は私の国では見たことがない」などという話も交え、日本との文化の違いを感じながらレクチャーは進みました。

 そのあと全員でアルコールパッチテストを受けました=写真中=。詳細結果は後日になるということで、その後、浜甲子園キャンパス内にある薬用植物園を見学しました。石黒京子先生に植物園内にある植物を教えていただきながら、手にとってみたり、匂いを嗅いでみたり、先生に勧められるままに生でかじってみたり…とみんな驚きながらも楽しそうにレクチャーで紹介された植物を実際に見ながら、植物園をまわりました。その後は薬学キャンパスの食堂に行き、植物園で紹介されたハーブを使ったティーパーティが行われました。説明を聞いた後に飲むので、みんな実物とお茶との違いを比べるなどして楽しそうでした。

<薬学部ESSサークル代表の植山陽子さんにインタビュー>
Q.今回の留学生との交流イベントを開催した理由は?
 せっかくESSに入ったので、留学生と触れ合いたいと思ったからです。また、薬学のキャンパスは中央キャンパスとは離れているので、もっと多くの方に薬学ESSの活動を知ってもらいたかったので開催しました。

Q.開催してみてどうでしたか?
 留学生の皆さんに喜んでもらえて良かったです。英語で会話すると「もっと勉強しないといけないなぁ」とモチベーションが上がりました。

Q.今後どんなことをしたいですか?
 日本薬学生連盟としての活動をしたいと思っています。

<留学生の方にインタビュー>
Q.今回参加してみてどうでしたか?
楽しかったです。植物園は花の匂いも良く、生薬もたくさんあって、きれいなところでした。

<取材後の感想>
 私たちも普段見られない貴重な植物を見ることができたり、留学生の方たちと交流ができたりしたので、参加してよかったなと思いました。

 大学日本語日本文学科3年 野山綾音
 大学日本語日本文学科3年 前田恵利加

▲ページトップへ