武庫川女子大学
img img
文字のサイズ

学生広報スタッフ取材レポート

[2013/7/13]
甲子園球場で行われた武庫女デーを取材してきました。

img img img

 7月13日に甲子園球場で行われた武庫女デーの取材に行ってきました。球場では学生広報スタッフがデザインしたうちわが観戦に来たお客さんに配られました。雨の予報が出ていたり、途中雲行きが怪しくなったりして、試合が中止にならないか不安でしたが、無事に行うことが出来ました。
 試合前には、球場外のステージでバトン・チアリーディング部の皆さんがパフォーマンスを披露しました=写真右=。その後、トラッキー、ラッキー、そしてラビーも登場し子供たちと一緒にトラッキーダンスを踊り、球場内でもバトン・チアリーディング部とラビーがトラッキーたちと一緒にトラッキーダンスを踊りました=写真中=。
 試合直前の始球式では、ラビーが登場しました=写真左=。ラビーが投げたボールは、キャッチャーミットには届きませんでしたが、球場には大きな歓声と拍手が響きました。また、スクリーンには、情報メディア学科の丸山ゼミの学生が「将来の夢」をテーマに制作した武庫川女子大学をアピールする15秒の映像が流れました。

【バトン・チアリーディング部の皆さんにインタビュー】
Q. 大観衆の前で踊った感想は?
A. 阪神ファンの方の声援も凄くて、またトラッキーダンスを一緒に踊ってくれた人もいたので、とても楽しく踊れました。

Q. グラウンドからはどのように球場が見えましたか?
A. 今までに試合を見に来たことは何度かあったのですが、実際にグラウンドに立つと、思っていたより大きく感じました。

Q. 今日踊ったメンバーは、どのように決めましたか?
A. 阪神ファンだったからというメンバーもいますし、部の中で踊りたいと言ったメンバーが集まりました。

Q. これからの意気込みを聞かせてください

A. 9月8日に関西学生バトン・チアリーディング連盟主催のバトン・チアフェスティバルが尼崎市総合文化センターの「あましんアルカイックホール」で行われます。忙しくはなると思いますが、夏休みはたくさん練習して、いいステージにしたいです。

【ラビーにインタビュー】
Q. トラッキーたちと一緒に踊った感想は?
A. トラッキーの元気の良さには少し驚いたけど、とっても楽しかったです♪来年に向けて、もっとトラッキーダンスの練習を頑張ります!!

Q. 甲子園球場で始球式をした感想は?
A. 思っていたより遠かったです・・・

Q. 武庫女デーに参加してどうでしたか?
A. ラビーのことを知ってくれている人も多くて嬉しかったし、武庫女のことをたくさんアピールできたと思います。これからも武庫女とラビーをよろしくお願いします!!

Q. 武庫女をアピールしてください
A. 武庫川女子大学は駅から近く、学生はみんなとても明るく楽しい大学です!!

【取材に行った感想】
 1年生の時からずっと武庫女デーの取材をしたくて、今回取材に参加させてもらえて本当に嬉しかったです。また、取材のためにグラウンドに立たせてもらったり、試合の裏側を見ることができたりしたので、とてもいい経験になりました。今回の取材を次に生かしていきたいです。

(大学英語文化学科3年 川崎 瞳)

 今回武庫女デーの取材に参加して、甲子園球場の裏側をたくさんのぞくことができました。試合を運営しているスタッフの方々の仕事ぶりを間近で見ることができたり、甲子園で行われている様々なイベントを知ったりと、初めて経験することばかりでした。取材では、戸惑うこともありましたが、取材の仕方など今後の広報活動に生かせることを学べたのでよかったです。貴重な経験ができました。

(大学心理・社会福祉学科3年 堀 由紀那)

 年に1回開催される武庫女デーに参加し、私は始球式するラビーをグラウンドから見届けたり、取材をすることができたり普段では経験できない貴重な経験をさせていただきました。特にラビーの投球には、とても熱いものを肌で感じることが出来ました。今後、この経験を取材に生かしていきたいと思います。

(大学情報メディア学科2年 田中沙季)

▲ページトップへ