武庫川女子大学
img img
文字のサイズ

学生広報スタッフ取材レポート

2013/8/28
子育て中のママを応援するイベント「武庫川女子大学meetsほっとママシネマ」を取材しました!

img03 img02 img01

 MOVIXと武庫川女子大学学生広報スタッフが合同で企画・運営したイベント「武庫川女子大学meetsほっとママシネマ」が8月28日、兵庫県尼崎市の『MOVIXココエあまがさき』で開催されました。
 このイベントは、MOVIXで普段から実施されている「ほっとママシネマ」という取り組みに、武庫川女子大学文学部教育学科・短期大学部幼児教育学科の学生が参加するというもので、学生広報スタッフは企画段階から参加させていただきました。

〜「ほっとママシネマ」・「みまもりSTAFF」とは?〜
 「ほっとママシネマ」は、MOVIXで実施されているママと赤ちゃんのための映画鑑賞会です。
照明はママが赤ちゃんを連れて移動しやすいように通常より明るめ、音響は赤ちゃんが驚かないように通常より小さめ、と細かい配慮が行き届いています。劇場内にはおもちゃ広場、簡易授乳、オムツ替えのスペースがあり、赤ちゃんがぐずっても、ママ同士なので気兼ねなく映画を楽しむことができます。
また、「ほっとママシネマ」には、赤ちゃんが劇場内で怪我をしないように見守る「みまもりSTAFF」がいます。授乳場所への案内や、赤ちゃんのお世話をしてくれる「みまもりSTAFF」のおかげで、ママは安心して映画を見ることができます。

(↓「ほっとママシネマ」の詳しい情報はこちら)
●MOVIXほっとママシネマ
http://www.hotmama-cinema.jp/
●映画体験記<劇場紹介>
http://www.mukogawa-u.ac.jp/mukojolife/culture/stu_pub/movie/index.html#m05
●武庫川女子大学学生広報スタッフブログ『Muko log』取材記事
http://www.edusys.jp/mukogawa-u/mukolog/cat37/cat43/

 普段の「ほっとママシネマ」では、MOVIXのスタッフの方がされている、この「みまもりSTAFF」の役割を、この日は特別に、武庫川女子大学文学部教育学科・短期大学部幼児教育学科の学生と、学生広報スタッフが体験しました=写真右=。

〜「みまもりSTAFF」を体験〜
 「みまもりSTAFF」として活動したのは、幼児教育や発達心理などについて学ぶ、大学教育学科1年の安井菜穂さんと短大幼児教育学科1年の粉川ひか里さん、熊取由依さん、松下智奈美さん、前田朋実さん、森澤良美さん、内村菜摘さんの7人。そして、MOVIXタイアップ企画を担当している学生広報スタッフの5人でした。一目で「みまもりスタッフ」だと分かるように、MOVIXで用意していただいた「ほっとママシネマSTAFF」(武庫川女子大学バージョン)のTシャツを着て活動しました。
 この日のほっとママシネマ上映作品は、ジョニー・デップ主演の『ローン・レンジャー』でした。「ほっとママシネマ」の上映作品は、アンケートをもとにママが見たい作品を選んでいるそうです。
 上映前にはMOVIXのオリジナルキャラクター、「ヒッポコブラザーズ」のうち三男坊の「ポコ」と、武庫川女子大学のキャラクター、「ラビー」が登場しました=写真中=。「ラビー」は名前がよく分かるように、たすきをかけて登場しましたが、「ポコ」は、なんと名刺を配っていました。赤ちゃんたちは、突然のキャラクター登場に驚きながらも、興味津々で見つめていました。
 活動内容は、来場する方のお迎え・お見送り、劇場内アナウンス、赤ちゃんのお世話など、様々でしたが、教育学科・幼児教育学科の皆さんは、赤ちゃんたちと接している時が特に楽しそうな様子でした=写真左=。

【「みまもりSTAFF」として活動した教育学科と幼児教育学科の学生の感想】
社会における子育ての問題点を改善する企画
 「ほっとママシネマ」の存在自体が、日頃、乳幼児を育てるママさんたちにとって周囲に気兼ねすることなく、安らげる・楽しめる貴重な場所としての役割を果たしているということに気がつきました。また、子どもを育てるママたちの視点に立った時の問題点・不満要素等が少し分かった気がしました。このような企画や公共施設が少しでも増えると、子育て社会における問題点等も改善されるのではないかと感じました。

(大学教育学科1年 安井菜穂さん)

「ありがとう」「楽しかった」の声に満足
 「ありがとう」と何人ものお母さんから声をかけていただき、「楽しかった」と笑顔で帰られた子どもたちを見て、このボランティアに参加して良かったと本当に思いました。一方、親子の絆を再認識し、子どもたちとの関わり方の難しさを感じる部分もありました。接し方や言葉掛けの工夫など、これについては次回への課題とし、これからもボランティアに積極的に参加していきたいと思います。

(短大幼児教育学科1年 粉川ひか里さん)

子どもたちの楽しそうな姿を見て、私も楽しくなった
 普段、私の周りには小さな子がいないので、すごく貴重な体験をさせていただきました。少しでもお母さん方のお役に立てたなら嬉しいです。子ども達が楽しそうに汗をかきながら遊んでいる姿を見て、私も楽しくなりました。また機会があればぜひ参加させていただきたいと思います。

(短大幼児教育学科1年 熊取由依さん)

お母さんの立場で考える機会になった
 私は子どもに関わるボランティアへの参加は初めてで、不安もありましたが、とても楽しく行うことができました。子どもたちはすごく元気がよく、走り回ったり、大声をあげたりしていたので、お母さんは普段の生活でも他の人に気を遣ったりするのだろうな、お母さんはいつも大変だろうなと改めて思いました。普段、学校では子どものことについて学ぶことが多いので、お母さんの立場について考えるのにすごく勉強になり考える機会になりました。

(短大幼児教育学科1年 松下智奈美さん)

0〜1歳児に対する苦手意識が少しなくなった
 子どもとあれだけ触れ合うことは今まであまりなかったので、すごく緊張したのですが、雰囲気が良くて、とても子どもと接しやすかったです。また、私はもともと0〜1歳児が苦手でしたが、この触れ合いを通して、少し苦手意識もなくなりました。また、このような経験があったら参加したいですし、今後に生かしていけたらいいなと思います。

(短大幼児教育学科1年 前田朋実さん)

普段はできない体験
 普段ではできない体験をさせていただき、本当にありがとうございました。子供と関わる事はやはり難しく、お母さん方がどう関わっているのかを見ることができてとても参考になりました。

(短大幼児教育学科1年 森澤良美さん)

声掛けの課題も見つかった
 今日はボランティア自体が大学に入って初めてで、思うようにてきぱきと動けなかったので、また機会があればぜひ、参加させていただきたいです。 お母さんが子どもを安心して預けることができるような声掛けも勉強しなければいけないなと、課題も見つかりました。とても充実した時間でした。

(短大幼児教育学科1年 内村菜摘さん)

【学生広報スタッフの取材後の感想】
イベント企画・開催で、新たなものの見え方ができるように
 何かイベントを、企画から立ち上げ開催しきる、ということを初めてさせていただいたので、イベントに参加するだけでは分からないものの見え方ができ、とても勉強になりました。実際に参加してくださった学生さんの活動している姿や、イベントに参加されたお客さまを見ていると、皆さん楽しそうで、始終うれしい気持ちでいっぱいでした。これからもこのイベントが毎回行えるようにしたいという新たな目標ができました。

(大学日本語日本文学科4年 小矢野加奈)

様々な人の関係が深まる機会に
 当日まで、打ち合わせ、プレゼンテーション、説明会などたくさんの段階を踏んでやってきたので、ママさんと子どもたちの笑顔や教育学科の学生さんたちの楽しそうな様子を見た時は、本当にうれしかったです。今回のイベントは、地域のママさん・お子さん、MOVIXの方々、教育学科の学生さん、プロジェクトメンバーとの関係が深まる良い機会だったと思います。

(大学日本語日本文学科4年 高木つばさ)

教育・幼児教育学科の学生の真面目な姿が印象的
 「みまもりSTAFF」としてボランティア活動をしてくださった教育学科・幼児教育学科の皆さんは、真面目で熱心な方ばかりで、事前説明会からしっかりと話を聞き、当日も積極的にお子さんたちに話し掛けるといった姿が印象的でした。普段、他学科の学生がその専門分野で活躍している姿を見る機会がないので、とても良い刺激になりました。

(大学日本語日本文学科3年 平田彩陽)

間近で子どもに関われて、勉強に
 今回のイベントで他学科の学生と交流できたことはもちろん、子育てをする母親をサポートするという企画に参加できたことは、私にとってとても貴重な体験でした。私の学部では小さい子どもに関わることがほとんどないので、間近で子どもたちに関わることができて色々と勉強になりました。

(大学日本語日本文学科2年 高瀬智美)

たくさんの学びと経験に繋がった
 子どもと直接関わる側ではなく、サポートする立場で親子や教育学科の学生を見ることができたので、普段とは違った視点での気づきや新たな発見がありました。 今後、よりほっとママシネマの企画が広まり、少しでも子育ての幅が広がれば良いなと思います。
 準備段階から関わらせていただき、たくさんの学びと経験に繋がりました。

(大学教育学科4年 河野麗)

▲ページトップへ