短期大学部・学科紹介

食生活学科

食生活学科

毎日の食事は、健康で笑顔あふれる生活の重要なエネルギーです。「食」と「健康」を科学的な視点で捉え、総合的に理解し、充実した暮らしを提供できる実践力のある栄養士養成を目指しています。

学科オリジナルHPへ

学びの特長

POINT 1 実力養成のための実務重視のカリキュラム。

2年間という限られた時間では、最大限の学習効果により、実践力を習得することが重要です。そのため、基礎生物化学などの“基礎”からスタートし、栄養士としての“核”となる実践的なカリキュラムを編成、展開しています。

POINT 2 実践力育成のための充実した教育環境。

実践力のある栄養士を育成するため、管理栄養士養成レベルの実験・実習施設を活用した高度な教育を展開しています。国際的に認められた衛生管理方法のHACCPに対応した設備で、献立作成から大量調理および食事提供を行う「給食管理実習」など、最大効果を目指した教育を提供しています。

POINT 3 幅広い分野への就職サポートと充実した卒業生支援。

健康で充実した生活の営みには「豊かな“食”生活」が重要です。食に関する確かな知識と実践力を持ち、広い分野で活躍できる人材養成と就職サポートを行っています。大学への編入学支援はもちろん、管理栄養士へのステップアップを目指す人に対しては国家試験対策支援を充実させています。

取得可能な免許・資格

教員免許状

  • □栄養教諭二種
2019年度以降の教職課程について:教職課程再課程認定申請中。ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。

諸資格・免許

  • 栄養士
  • ★管理栄養士(卒業後、栄養士としての実務経験が3年以上必要)
注) □: 学業成績、その他により履修制限があります。
★: 受験資格

カリキュラム

授業選択形式で自分が高めたい専門分野のスキルアップをサポート。

食生活学科では従来の栄養士免許取得に向けての科目に加え、自分の興味ある分野でのスキルアップを目指す応用的な選択科目を開講しています。いずれの科目も理論を学び、それに基づき実習を展開することで、単に食事を提供する、お菓子・パンを作るだけの実習とは一線を画します。専門職として、様々な現場で対応できる理論に基づいた実践力に磨きをかけます。栄養価だけにこだわらず食文化、おいしさ、見た目の美しさにもこだわった食事、料理の提供方法や食事提供におけるマネジメント力を身に付けることができる科目も開講しています。外食産業を見据えた実務教育をサポートすることで、栄養士だけでなく、フードサービスのスペシャリストの養成も目指します。

食生活学科カリキュラム

詳細はこちら

卒業後の進路(2017年度卒業生)

就職率 98.9%

92人(就職者数)

93人(就職希望者数)

職種別就職状況

食生活学科 職種別就職状況(単位:人)
専門的・技術的職業 46人
栄養士 40人
中学校教員 1人
食品技術者(開発以外) 3人
製造技術者(開発以外)化学 1人
製造技術者(開発以外)その他 1人
事務職 33人
営業・販売職 8人
サービス職 5人

本学の食物栄養学科3年への編入学の道もあります。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE