LinkIcon

遺伝子とは

DNA.png 「遺伝」は、「親の体質が子に伝わること」を言います。ここでいう「体質」の中には、顔かたち、体つきのほか、性格や病気にかかりやすいことなども含まれます。ヒトの場合、2万個以上の遺伝子が働いていますが、その本体は「DNA」という物質です(このDNAの遺伝情報を総称して「ゲノム」といいます)。人間の体は約60兆個の細胞から成り立っていますが、すべての細胞一つ一つに同じ遺伝子が含まれています。遺伝子には二つの重要な働きがあります。一つは遺伝子が精密な「人体の設計図」であるという点です。受精した一つの細胞は、分裂を繰り返して増え、一個一個の細胞が、「これは目の細胞」、「これは腸の細胞」と決まりながら、最終的には60兆個まで増えて人体を形作りますが、その設計図は全て遺伝子に含まれています。第二の重要な役割は「種の保存」です。両親から子どもが生まれるのもやはり遺伝子の働きです。人類の先祖ができてから現在まで「人間」という種が保存されてきたのは、遺伝子の働きによるものです。

遺伝子と体質

DNA2.pngヒトには体型や病気のかかりやすさなど、さまざまな特有の体質があります。その個人差は、飲酒、喫煙、食事などの生活習慣の影響(環境素因)とその人の生まれながらの体質(遺伝素因)が複雑にからみ合って生まれます。遺伝素因は遺伝子のDNA配列が個人ごとに少しだけ異なっていることがわかっていますが、このうちDNAの一つの記号(塩基)の違いを一塩基多型「Single Nucleotide Polymorphism (SNP):スニップ」といいます。このSNPによって、病気のかかりやすさや薬の効きやすさなどの個人差が生まれると考えられています。SNPを調べ、結果をもとに患者の体質にあった医薬品の種類や量を決める「個別化医療」に、現在、高い関心が集められています。このSNPによってお酒に強い弱いも決定されているのです。