武庫川女子大学 建築学科・大学院建築学専攻
■家具の奥深さを体感する家具製作実習  
甲子園会館 講義室の椅子制作に挑戦!!新着
昨年度に引き続き、今年度も甲子園会館 講義室で使用している木製椅子の製作実習を行いました。

講師として、この3月に甲子園会館と新校舎に家具を納入した(株)ビゾンBeZONE(担当:宮永義士部長、鈴木康祐設計担当)とその協力会社、(株)インテリアナスから実際に製作を担当された木村亮三先生(家具製作作業主任)と上向良明先生製造企画担当)をお迎えしました。木村氏は技能五輪の世界大会(World Skill Competition)への出場経験をもつ実力の持ち主です。

実習は2日間に渡って行われ、5脚の椅子が完成しました。
参加した学生たちは実習を通して家具に対する理解を深めることができました。

>>2007年度 家具製作実習
家具製作実習 1日目新着
(2008年3月27日)
講師:木村 亮三先生、上向 良明先生
建築学科 家具製作実習
椅子の台輪部分の組立
建築学科 家具製作実習
椅子の台輪部分の組立
建築学科 家具製作実習
椅子の台輪部分の組立
建築学科 家具製作実習
スライドを交えながら木取りの工程や様々な機械の解説
建築学科 家具製作実習
椅子の台輪部分の組立 隅木の取り付け
第1日目は、5つのグループに別れて講義室の木製椅子の台輪部分を製作しました。

まず最初に、台輪部分の部材と組み立て方について実際に組み立てるのを見ながら説明を受けました。切り出された部材の接続部分にボンドをつけ組立ました。組立が完了したら、ボンドが乾くまでの間、
椅子の部材が完成するまでの制作過程の説明を受けました。木取りの工程や木材の加工に使う機械なども写真を使って分かりやすく解説していただきました。その後、隅木を取り付け、ほぞをノコギリで切り取り、仕上げに鉋がけや研磨作業を行い台輪部分が完成しました。

家具製作実習 2日目新着
(2008年3月28日)
講師:木村 亮三先生、上向 良明先生
建築学科 家具製作実習
講義室の椅子 台輪部分と脚の組立
建築学科 家具製作実習
講義室の椅子 台輪部分と脚の組立
建築学科 家具製作実習
座張り
建築学科 家具製作実習
塗装前 仕上げの研磨作業
建築学科 家具製作実習
オイルの下塗り
建築学科 家具製作実習
完成した椅子 
木製家具の製作実習2日目です。

まずは前日の実習で台輪部分まで組み立てたものに、脚や背もたれを取り付けました。次に、上向先生に座張りを実演したただきながら、学生も座張りに挑戦し、座の構造とその製作過程を学習しました。最後に、仕上げとして塗装について学習し、オイルフィニッシュの下塗りまでを行いました。最後に座を取り付けて完成しました。

2日間の実習でしたが、学生たちにとっては家具製作を実際に体験することで家具の奥深さや家具制作の魅力を体感する良い機会になりました。

>>建築学科TOPページ
Copyright 2005-2008 Mukogawa Mowen's University.All rights reserved.
当サイトに掲載されている文章・画像の無断転載を禁じます。