オープンキャンパス

スケジュール

オープンキャンパス

環境

ハイクオリティの環境・設備・教員

歴史的名建築である校舎で
日々、美意識を鍛える

正門をくぐると、圧倒的な存在感で迎える校舎「甲子園会館」。1930年に近代建築の巨匠フランク・ロイド・ライトの愛弟子である遠藤新が設計しました。「西の帝国ホテル」と絶賛された高級ホテルの面影を残す、宴会場やラウンジなど、多くの建築ファンが見学に訪れ、「1日では見尽くせない」と感動する名建築です。ここで授業を行うのはもちろん、実際に自分たちで瓦やタイルを土から手作りで再現するなど、歴史的建築の「保存・修復」を体験、教材としても利用します。

畳一帖分の自分だけの専用スペースが
建築家としての感性を磨く

想像してください。自分の勉強机が畳一帖分もあったら…そんなに必要? はい、設計を体得するために必要不可欠なスペースです。この自分専用スペースで毎日スタディ模型を作りながら手描きで設計に取り組むことで、身体を通して造形能力を養います。狭いスペースでパソコンのマウスやキーボードだけを触っていても絶対に身につかない建築家にとって大切な資質です。けれど、ほとんどの大学では専用机すらないのが現状。畳一帖分、もちろんパソコンつき。ここが、卒業まであなたが自由に使える第2のHOMEです。

設計も研究も経験豊富な充実の教授陣
学生と教員が真剣勝負で向き合う環境

現場経験がなければ、現場の“本当”は教えられません。だから本学の教員は、現場の第一線で活躍した経験のある一級建築士ばかり。また新しい時代を作っていくためには、実践だけではなく理論も大切。本学の教員の多くは、博士の学位取得者です。このように設計も研究も経験豊富な教授陣が、マンツーマンの対話形式できめ細かく指導。技術はもちろん、建築家としてのプロ意識も着実に身につきます。

学び

世界に認められた大充実のカリキュラム

日本で初めて世界レベルと
認定された演習中心の授業

日本の建築学科に多い、工学寄り・講義中心のカリキュラムは、実は世界ではかなり特殊。工学の知識も大切ですが、実際に作ってみる経験・技術もとても大事。演習中心・少人数制・大学院を含めて5年以上の専門教育を実現している本学のカリキュラムは、世界で通用する建築家を育てる高度な内容であるとして、日本で初めて建築系学士修士課程6年間のJABEE認定を受け、UNESCO-UIA建築教育憲章対応プログラムとして国際的に認められています。現在この認定を受けているのは、関西では本学だけ。日本でも4大学しかありません。たとえば、プロの現場さながらの講評会では、学外の建築家も訪れ学生全員が講評を受けられます。本学では毎月見られるごく普通の光景ですが、実は、日本の大学では滅多に経験できない貴重なシーンなのです。

1年生から専門教育スタート
芸術分野も徹底的に学べる

建築は、安全で(強)使いやすい(用)ものでなければいけません。と同時に、美しくなければ建築ではありません。全授業時間の半数以上を演習に充てている本学では、まず1年生で、いけばな、絵画、木工、陶芸といった様々な造形演習を通して、芸術分野を徹底的に学びます。これは、「まず美しいとはどういうものか」を知るため。美しいものを知らずに構造(強)や用途(用)にばかり目を向けても、感動的な建築を創造することはできません。「強」「用」だけでなく「美」にも同じく力を入れるのが、工学に偏らない本学の特長です。

名建築や建築現場もすべてが教材
毎週土曜日に現地で学ぶ授業を実施

名建築や建築現場の本当のスゴさは実際に見て触れてみなければわかりません。だから本学では、毎週土曜日に様々な建物や施工現場へ見学に行き、現場で働く人たちの話が直接聞ける「フィールドワーク」を実施。見学箇所は1年生だけでも約40箇所!東本願寺の改修現場など、非公開の歴史的建造物の工事現場に入れたり、茶道や華道の家元を訪ねたり…普段では味わえない貴重な経験ができるのも、本学だけの特長です。

現役建築家でも携われないような
ビッグプロジェクトに参加

大学内に設置されている一級建築士事務所で実際の建築プロジェクトに参加します。たとえば本学の大学院生は、阪神鳴尾駅の新しい駅舎を造るというビッグプロジェクトに参加し、様々なアイデアを提案しています。ほかにも、大学の校舎や海外の博物館のプロジェクトにも携わりました。また国内外の建築設計事務所、建設会社などにもご協力いただき、学部2年生からインターンシップに参加できます。アイデアを出し合ってプレゼンしたものが、採用され形になっていく喜びは、これから建築家として巣立っていくみなさんの大きな糧になることは間違いありません。

進路

夢を現実に!高い就職率&資格取得率

学部卒業生は「就職+大学院進学」100%
大学院修了生は「建築技術系就職」100%

住宅、病院、劇場、まちづくり…年間6課題もの設計を行い、図面や模型、パースを作り、本番さながらのプレゼンを行ってきた本学の学生は、他のどの大学よりも実践で役立つ技術が身についています。そのため、2015年3月の学部卒業生の全員が就職か大学院進学を果たしています。さらには2015年3月の大学院修了生の建築技術系への就職も100%。卒業生や修了生の能力は社会で高く評価されています。入学時の夢をほとんどの学生が叶えています。

一級建築士になるための最適な環境を整備
少ない卒業生に対する突出した合格率

本学では、一級建築士資格取得のためのカリキュラムを用意しており、皆さんを全面バックアップ。また、一級建築士を受験するためには、建築学科を卒業後2年間の実務経験が必要です。本学では、大学院修士課程で「実務経験2年」に相当するインターンシップ科目を用意。大学院で建築を専攻しても、「実務経験2年」と認められない大学院も多いなか、本学では修了生全員が「実務経験2年」の受験資格を得られます。
畳一帖分の机で製図を何度も引いた経験、世界レベルのカリキュラムをこなした知識と技術も、一級建築士の合格へと後押ししてくれるでしょう。

ご質問

よくあるご質問

数学や物理に不安があるのですが、大丈夫でしょうか?

本来、建築とは自然科学だけでなく人文・社会科学、芸術とも深くかかわる諸学の総合です。そのため本学科では、数学Vや物理を十分に学んできた人はもちろんのこと、これらに不安がある人でも、数学、英語および国語等の基礎学力があれば広く受け入れています。しかし、構造力学や環境設備工学など建築を専門的に学び、将来、建築士の資格を取得する上で、数学や物理の理解は必要不可欠です。そこで、1年生の前期にリメディアル教育講座を課外に開講し、数学と物理のうち高校で学習できなかった部分、および理解が不十分であった部分を学習できるように配慮しています。

工学部の建築学科ではありませんが、一級建築士の受験などで不利になりませんか?

本学科では、構造や設備の最先端の実験室を完備し、実験・実習環境も充実しています。計画、環境・設備、法規、構造、施工など、建築を学ぶ上で必要な科目は全て開講しています。また、充実したインターンシップ科目を含む大学院修士課程の教育は、「実務経験2年」相当と認められており、大学院修士課程修了と同時に全員が一級建築士の受験資格を得られます。さらに日本で初めて建築系学士修士課程のJABEE(日本技術者教育認定機構)認定も受け、世界水準の建築教育として国際的に認められています。工学部にある建築系学科と比べて不利になることは一切ありません。

一人ひとりに専用の製図机が必要なのはなぜですか?

欧米の大学の建築学部では、一人に1台専用の製図机が確保されています。これに対し、日本のほとんどの建築系学科では、学生数に対して製図机の数が圧倒的に不足しています。1台の製図机を複数の学生が共有しているため、大学で腰を据えて作業に取り組むことができず、家で作業するようになります。教員の指導が十分に受けられないだけでなく、学生同士で刺激を与え合う機会も減ります。日本の建築設計教育が、諸外国と比べて貧弱であるといわれている理由の1つです。欧米並の対話型演習を中心とした実践的な建築家教育は、十分な作業空間を確保してはじめて可能になるのです。また、そのためには本学科のような少人数制が不可欠なのです。

設計演習の模型材料やフィールドワークの費用はどれくらいかかりますか?

これらの費用の基本的なものは、学費に含まれています。学部1年生の空間表現演習では約20課題、学部2年生から大学院修士課程2年生までの建築設計演習では、1年間に6課題に取り組み、多くの図面や模型を制作します。演習で必要な模型材料の中で、主要なものは支給されます。また、フィールドワークでは、東は愛知県、西は広島県の広範囲にわたり、1年間に30〜40箇所を見学します。建物の見学料・拝観料や遠方へフィールドワークに行く貸し切りバスの費用は、学費の中に含まれています。

大学院に進学せず、学士課程4年間だけで卒業することは可能ですか?

可能です。ただし、学部の4年間だけでは5年以上の教育期間を要求しているUNESCO-UIA建築教育憲章には対応できません。また、現在主要大学の建築学科では、卒業生の約半数が大学院修士課程に進学しています。建築設計事務所や建設会社などで設計の専門職として活躍している人の大部分は、大学院修士課程修了者です。

アルバイトやサークル活動はできますか?

学部1年から大学院修士課程2年まで、多くの演習に取り組みます。作品をつくるには時間がかかります。宿題や提出締め切りも日常的にあり、授業時間外も作業に取り組む必要があります。そのために1人1台専用の製図机とパソコンが用意されているのです。アルバイトやサークル活動は全くできないとは言いませんが、かなり制限されます。

コンピュータのスキルを磨くこともできますか?

1人1台専用のパソコンと製図机を備えたスタジオで、1年生では「図学・情報基礎演習」、2年生では「CAD・CG応用演習」に取り組みます。1年生の情報教育は、教員一人あたり15人程度の学生を指導する少人数制で、文書作成や表計算の基礎から、3次元CAD・CGソフトの高度な活用まで、建築設計に必要な情報リテラシーを全員が身に付けます。