(日本語 / English)

公開セミナー

バイオサイエンス研究所では、毎年1回「公開セミナー」として、外部の先生をお招きしての講演を開催しています。

2017年度

公開セミナー20172018年1月18日(木)に公開セミナーが開催されました。

 大阪大学微生物病研究所の木下タロウ先生をお迎えし、「タンパク質GPIアンカーの生物学的・医学的意義」についてお話しいただきました。

 図書館2階のグローバルスタジオには、大学内外から60名の参加者が集まりました。興味深い内容に、講演後の質疑応答も活発でした。

 公開セミナーポスター(JPG)はこちら

2016年度

2017年1月21日(土)に公開セミナーが開催されました。

 東京薬科大学薬学部教授の野水基義先生をお迎えし、「基底膜タンパク質・ラミニンの活性部位の解明とその応用」についてお話しいただきました。

 興味深い経歴に最先端の研究内容で、参加者は熱中して講演を聞きました。

 ポスター用PDFはこちら

 

2015年度

12月12日(土)に公開セミナーが開催されました。

 京都大学野生動物研究センターの教授でもあり、熊本サンクチュアリの所長でもある平田聡先生をお迎えし、「チンパンジーの研究から人間を考える」をテーマにお話しいただきました。

 熊本サンクチュアリには、57個体のチンパンジーと6個体のボノボが暮らしています。チンパンジーたちは、以前、肝炎治療の研究のために使われてきたという歴史があります。また、ボノボを飼育しているのは日本でこの施設だけだそうです。

 講演は、研究で撮影された動画がふんだんに使われ、とても興味がわく内容でした。会場からは、笑い声やため息、感心の声があがりました。一般からの参加もあり、活気あるセミナーとなりました。

過去のセミナー

 近年開催した公開セミナーの内容は以下の通りです。

過去のセミナー