ヘッダーイメージ 本文へジャンプ



2017年11月7日(火)
推薦入試11月募集の願書受付

 2018年度武庫川女子大学大学院推薦入試11月募集の入学願書受付が開始されました。出願期間は11月6日(月)~11月16日(木)(消印有効)までとなっております。出願希望の方は、本学入試センターにて願書を受け取り、必要事項を予め記入し、指導教員等に早急に推薦書を書いてもらって下さい。

2017年9月11日(月)
一般入試および社会人特別選抜10月の願書受付開始
 2018年度武庫川女子大学大学院一般入試および社会人特別選抜10月募集の入学願書受付が開始されました。出願期間は9月11日(木)~9月21日(木)(消印有効)までとなっております。出願希望の方は、本学入試センターにて願書を受け取り、必要事項を予め記入し、「武庫川女子大学入試センター 大学院入試係」までご提出ください。
2017年6月20日(火)
2017年度 修士論文中間発表会実施のご報告

 2017年6月17日(土)15:00~、SE-414/415にて中間発表会が開催されました。この日は、修士課程2年生の3名が修士論文に関する発表を行いました。多くの先生方のご参加を得て、内容構成や取り扱われているデータの今後の研究のすすめ方等についての様々な指摘をいただきました。院生は、それらに対し自分の考えを述べる等、活発な議論が展開されました。
 院生はこの中間発表会の教授を元に、今後修士論文の執筆を進めていくこととなります。発表題目は以下の通りです。

 ☆発表題目一覧☆
 ・「書くこと」が生まれる指導~生活綴方の実践に着目して~(仮)
 ・教員の主体的・自発的学びにつながるラーニング・プログラム(L・P)体系の構築に向けて(仮)
 ・孫からみた祖父母の役割と愛着との因果関係(仮)

2017年5月27日(土)
文学研究科のオープンキャンパス(入試説明会)が開催されました

 2017年5月26日(金)16:30~18:00、文学1号館L1-802にて、文学研究科のオープンキャンパス(入試説明会)が開催されました。文学研究科の各専攻から大学院進学のメリットや入試日程、カリキュラム等の説明が行われその後、在学中の院生より授業や院生室での研究活動等、院生生活について話していただきました。
  2017年6月募集の推薦入試出願期間は、5月25日(木)~6月1日(木)(消印有効)で、試験日は6月10日(土)です。試験科目は面接です、本学卒業生対象の推薦入試は、11月・2月にも実施されます。また、一般選抜および社会人特別選抜は10月・2月に実施されます。詳細は、本サイト内「入試案内」をご確認ください。

2017年5月25日(木)
推薦入試6月募集の願書受付

 2018年度武庫川女子大学大学院推薦入試6月募集の入学願書受付が開始されました。出願期間は5月25日
(木)~6月1日(木)(消印有効)までとなっております。出願希望の方は、本学入試センターにて願書を受け取り、必要事項を予め記入し、指導教員等に早急に推薦書を書いてもらって下さい。

2017年4月20日(木)
文学研究科のオープンキャンパス(入試説明会)を開催します

 大学院文学研究科(日本語日本文学、英語英米文学専攻、教育学専攻、臨床心理学専攻)ではオープンキャンパス(入試説明会)を開催します。
 各専攻長からの専攻紹介の他、現役院生による「院
生生活」の紹介なども実施します
 皆さまのご来場をお待ちしております。

 <日 時> 2017年5月26日(土)16:30~18:30
 <場 所> 文学1号館8階 L1-802教室

2017年4月5日(水)
平成29年度 大学院入学式挙行のご報告

 2017年4月1日(土)16:30~中央キャンパス日下記念マルチメディア館マルチメディアホールにて入学式が挙行され、教育学科に新入生を迎えました。入学式は氏名を点呼され起立した後、学長から式辞を頂き、研究への心構えをご教授頂きました。
 入学式の前には、本専攻の教員と顔合わせ、ガイダンスを行いました。

2016年12月10日(土)
第2回 文学研究科のオープンキャンパス(入試説明会)について
 大学院文学研究科(日本語日本文学専攻、英語英米文学専攻、教育学専攻、臨床心理学専攻)では,
2016年12月10日(土)に本年度2回目となるオープンキャンパス(入試説明会)を開催しました。
 各専攻長からの専攻紹介の他、現役院生による「院生生活」の紹介や、施設見学会を実施し、その後、個別の相談にも応じる時間をもうけました。
2016年6月18日(土)
2016年度 修士論文中間発表会実施のご報告
 2016年6月18日(土)15:00~、SE-414/415にて中間発表会が開催されました。この日は、修士課程2年生の3名が修士論文に関する発表を行いました。 多くの先生方のご参加を得て、内容構成や取り扱われているデータの今後の研究のすすめ方等についての様々な指摘をいただきました。院生は、それらに対し自らの考えを述べる等、活発な議論が展開されました。
 院生はこの中間発表会の教授を元に、今後修士論文の執筆を進めていくこととなります。発表題目は以下の通りです。

○発表題目一覧○
集団遊びによる子どもたちの相互形成(仮)
「気になる」子どもとの関わりを通した保育者の変容―インタビューを通して―(仮)
・自己肯定感を高める教育の再検討―小学校における実践事例に着目して―
2016年5月18日(水)
文学研究科のオープンキャンパス(入試説明会)を開催します
 大学院文学研究科(日本語日本文学専攻、英語英米文学専攻、教育学専攻、臨床心理学専攻)ではオープンキャンパス(入試説明会)を開催します。
 各専攻長からの専攻紹介の他、現役院生による「院生生活」の紹介や、施設見学会も実施します。
 皆さまのご来場をお待ちしております。


〈日 時〉 2016年5月20日(金) 16:30~18:30
〈場 所〉 文学1号館8階 L1-804教室

2015年7月14日(火)
2015年度 修士論文中間発表会実施のご報告

 2015年7月11日(土)13:00~17:0、SE-414/415にて中間発表会が開催されました。この日は、修士課程2年生の7名が修士論文に関する発表を行いました。 多くの先生方のご参加を得て、内容構成や取り扱われているデータの解析方法等についての様々な指摘がありました。院生は、それらに対し自らの考えを述べる等、活発な議論が展開されました。
 院生はこの中間発表会の教授を元に、今後修士論文の執筆を進めていくこととなります。発表題目は以下の通りです。

○発表題目一覧○
生涯スポーツを見通した運動有能感とスポーツの楽しさの成果―女子大学生の体育科教育・スポーツの経験から―
母子関係の生成と支援に関する研究―ウィニコットの‘good enough mother’を手がかりに―
J・デューイの「反省的思考」における教師の役割―「問題解決学習」における問題設定を中心に―(仮)
・小学校における「国際理解教育」の可能性(仮)
母乳授乳に対する母親の不安に関する研究―母乳哺育経験の有無に着目して―
明治期の小学校女性教員―『婦女新聞』を中心に―(仮)
小学校におけるICTを活用した授業の現状と課題

2014年12月17日(水)
2014年度 修士論文構想発表会実施のご報告

 2014年12月13日(土)13:00~16:30、中央図書館10階C-1006にて教育学専攻修士課程1年生による、修士論文構想発表会が実施されました。
 院生7名は、各々の研究テーマでの問題意識や研究の目的・方法も含め、修士論文の構想を示しました。それに対し、教員や院生の先輩方から、多くのご質問やご意見、ご指導等を頂きました。

○発表題目○
女子大学生の運動有能感に関する研究―生涯スポーツの観点から―
・移行対象からみる母子関係の構築に関する一考察―ウィニコットのgood enough motherに注目して―
・J・デューイの思考論に関する研究―「問題解決学習」を考えるために―
・小学校における「国際理解の学習」に関する研究―「総合的な学習」と「国・算・理・社」とを関連づけて―(仮)

母乳哺育における母子関係について―母親にとっての断乳の意義―
・明治期における日本の女性教員養成に関する研究(仮)
・教育におけるICTの可能性

2014年11月6日(木)
推薦入試11月募集の願書受付開始
2014年度武庫川女子大学大学院推薦入試11月募集の入学願書受付が開始されました。出願期間は11月6日(木)~11月20日(木)(消印有効)までとなっています。出願希望の方は、本学入試センターにて願書を受け取り、必要事項を予め記入し、指導教員等に早急に推薦書を書いてもらって下さい。
2014年10月15日(水)
平成26年度 第2回教育学専攻大学院進学説明会開催のご報告
2014年10月15日(水)12:30~13:00、C-1006にて本専攻の進学説明会が開催されました。予定していた説明内容に加え、積極的に質問等を受け付けました。また、現役院生が研究内容や院生室での様子等、具体的な院生生活を語り、説明会参加者である学部生は自らの進路や将来像を描くヒントを得ることができたようです。
 今後の説明会は、2015年1月14日(水)12:30~13:00を予定しております。 教育学専攻では上記のような説明会だけでなく、随時質問や相談等受け付けています。興味のある方は適宜お気軽にお問い合わせください。
2014年10月2日(木)
平成26年度 第2回教育学専攻大学院進学説明会開催のお知らせ

 2014年10月15日(水)12:30~13:00、C-1006にて教育学専攻大学院進学説明会を開催します。進学を考えておられる方や、大学院についてもっと知りたいと思われている方に対し、有意義な時間となるよう工夫しています。説明会の内容は以下の通りです。

  ―説明会内容―
①大学院進学のメリット
②大学院での授業・研究内容
③入試・学費について
④大学院生からのメッセージ

 進学に際して不安に感じていることや疑問などにも、大学院担当教員と現役院生が丁寧に対応致します。お気軽にお越しください。

2014年6月25日(水)
平成26年度 第1回教育学専攻修士課程2年生中間発表会のご報告

 2014年6月21日(土)15:00~16:30、C-1006にて中間発表会が開催されました。この日は、修士課程2年生の3名が修士論文に関する発表を行いました。 多くの先生方のご参加を得て、内容構成や取り扱われているデータの解析方法等についての様々な指摘がありました。院生は、それらに対し自らの考えを述べる等、活発な議論が展開されました。
 院生はこの中間発表会の教授を元に、今後修士論文の執筆を進めていくこととなります。発表題目は以下の通りです。

○発表題目一覧○
学校を基盤とした教師の教育研究活動の現状と課題-ある公立小学校における授業研究の取り組みを事例として-
保育士の職能成長とその支援をめぐる現状と課題
・知的障がい児の観点からみたキャリア教育のあり方

2014年6月7日(土)
大学院教育学専攻修士課程2年生 中間発表会のお知らせ
 きたる6月21日(土)15時から、中央図書館10階C-1006にて修士課程2年生が修士論文の中間発表を行います。院生がこれまでの研究成果および今後の研究の課題について発表し、それに対する様々なご意見ご指導を頂く機会となっております。
 例年、本専攻中間発表会には毎年先生方(学外含む)だけでなく、学部生の方にも参加していただいております。学部生の方にとっては大学院生の学修の活動を知り、また、研究に対する姿勢や知識を学ぶことのできる機会となっております。事前の申込みは不要です。みなさま、奮ってご参加ください。
2014年5月31日(土)
推薦入試6月募集の願書受付開始

2014年度武庫川女子大学大学院推薦入試6月募集の入学願書受付が開始されました。出願期間は5月29日(木)~6月5日(木)(消印有効)までとなっています。出願希望の方は、本学入試センターにて願書を受け取り、必要事項を予め記入し、指導教員等に早急に推薦書を書いてもらって下さい。

2014年5月20日(火)
平成26年度 第1回大学院教育学専攻進学説明会開催のご報告

 2014年5月14日(水)12:30~13:00、C-1006にて本専攻の進学説明会が開催されました。予定していた説明内容に加え、積極的に質問等を受け付けました。また、現役院生が研究内容や院生室での様子等、具体的な院生生活を語り、説明会参加者である学部生は自らの進路や将来像を描くヒントを得ることができたようです。
 今後の説明会は、2014年10月15日(水)12:30~13:00、2015年1月14日(水)12:30~13:00を予定しております。 教育学専攻では上記のような説明会だけでなく、随時質問や相談等受け付けています。興味のある方は適宜お気軽にお問い合わせください。

2014年4月8日(火)
平成26年度 大学院入学式挙行のご報告

2014年4月5日(土)15:30 ~中央キャンパス日下記念マルチメディア館マルチメディアホールにて入学式が挙行され、教育学科に新入生7名を迎えました。入学生は氏名を点呼され起立した後、学長から式辞を頂き、研究への心構えをご教授頂きました。
 入学式の前には、本専攻の教員や院生と顔を合わせ、ガイダンスを行いました。

2014年3月20日(木)
平成25年度 学位記授与式 修了証書授与式

 2014年3月20日(木)14:00~マルチメディア館1階メディアホールにて、平成25年度学位授与式修了証書授与式が挙行されました。本専攻では4名の学生が修了しました。
 学位および修了証書授与式の後開催されたガイダンスにおいては、各教員からはなむけの言葉を頂いた修了生の目に涙が浮かぶ場面もありました。修了生から教員へも挨拶をし、この日を迎えられたことに深く感謝しました。教職員一同、修了生皆様の益々のご健勝とご活躍をお祈りしております。

2013年12月24日(火)
2013年度大学院教育学専攻修士課程1年生 修士論文構想発表会実施のご報告

 2013年12月21日(土)15:00~17:00、中央図書館10階C-1006にて教育学専攻修士課程1年生による、修士論文構想発表会が実施されました。
 院生3名は、各々の研究テーマでの問題意識や研究の目的・方法も含め、修士論文の構想を示しました。それに対し、教員や院生の先輩方から、多くのご質問やご意見、ご指導等を頂きました。

○発表題目○
・不登校による高校中退経験と「学校的価値」に関する研究―「自己資源化」の過程―(仮)
・知的障がい児のためのキャリア教育(仮)
・「学級内の相互行為」に関する研究―学校法人きのくに子どもの村学園の「プロジェクト」を事例として―(仮)

2013年12月21日(土)
大学院教育学専攻修士課程進学説明会のご報告

 2013年12月18日(水)中央図書館棟10階C-1006にて、大学院教育学専攻進学説明会が開催されました。予定していた説明内容に加え、積極的に質問等を受け付けました。また、現役院生が研究内容や院生室での様子等、具体的な院生生活を語り、説明会参加者である学部生は自らの進路や将来像を描くヒントを得ることができたようです。院生生活の中で一番楽しい事は研究で、一番苦しいこともまた研究だとの院生の言葉に、学部生だけでなく教員も深く納得し、研究に対する姿勢も示すことができた会となりました。
 教育学専攻では定期的に開催される説明会だけでなく、随時質問や相談等受け付けています。興味のある方は適宜お気軽にお問い合わせください。

2013年12月2日(月)
大学院教育学専攻 進学説明会のご案内

 きたる12月18日(水)12:30~13:00、中央図書館10階C-1006にて教育学専攻の進学説明会を開催いたします。本学卒業生対象の推薦入試も残すところ2月募集のみとなりました。進学を考えておられる方や、大学院についてもっと知りたいと思われている方に対し、有意義な時間となるよう工夫しています。説明会の内容は以下の通りです。

  ―説明会内容―
①大学院進学のメリット
②大学院での授業・研究内容
③入試・学費について
④大学院生からのメッセージ

 進学に際して不安に感じていることや疑問などにも、大学院担当教員と現役院生が丁寧に対応致します。お気軽にお越しください。

2013年11月13日(水)
大学院教育学専攻主催セミナー「〈教育関係〉と学校におけるケアについて考える」のご報告

 2013年11月9日(土)中央図書館10階C-1006にて、宮澤康人先生(東京大学・放送大学名誉教授、大人と子どもの関係史研究会世話人)を講師としてお招きし、大学院教育学専攻主催セミナー「〈教育関係〉と学校におけるケアについて考える」を実施いたしました。宮澤先生の著書『〈教育関係〉の歴史人類学―タテ・ヨコ・ナナメの世代間文化の変容―』およびネル・ノディングズ著・佐藤学監訳『学校におけるケアの挑戦―もう一つの教育を求めて―』を院生が読んだうえで各々の考えをまとめ、それをもとに宮澤先生から教育関係やケアリング論等に関してご教授いただきました。学生は先生のお言葉に耳を傾けながら積極的に質問をしメモをとるなど、とても有意義な時間を過ごしました。 

2013年11月1日(金)
大学院教育学専攻進学説明会のご報告

 2013年10月23日(水)12:30~13:00、C-1006にて大学院教育学専攻進学説明会が開催されました。5月に行われた説明会同様、金子准教授より、大学院進学のメリットや入試日程、カリキュラム等の説明を行いました。その後、在学中の院生より、授業や院生室での研究活動等、院生生活について話していただきました。説明会の参加者からは、進学するにあたり不安な事柄や、試験に向けて準備しなければならないこと等の質問があり、院生と教員が丁寧に対応しました。
 2013年度11月募集の推薦入試出願期間は、11月7日(木)~11月21日(木)(消印有効)で、試験日は11月30日(土)です。試験科目は面接です。本学卒業生対象の推薦入試は、2月にも実施されます。また、一般選抜および社会人特別選抜は1月に実施されます。詳細は、本サイト内「入試案内」をご覧ください。
 次回の説明会は12月を予定しています。詳細が決まり次第、情報を公開いたします。

2013年10月12日(土)
大学院教育学専攻進学説明会のご案内

 きたる10月23日(水)12:30~13:00、中央図書館10階C-1006にて大学院教育学専攻進学説明会が開催されます。説明会の内容は以下の通りです。4回生のみならず、2回生及び3回生の参加も大歓迎です。また、事前の申し込みは不要です。

―説明会内容―
①大学院進学のメリット
②大学院での授業・研究内容
③入試・学費について
④大学院生からのメッセージ

 進学に際して不安に感じていることや疑問などにも、大学院担当教員と現役院生が丁寧に対応致します。お気軽にお越しください。

2013年7月3日(水)
教育学専攻修士課程2年生 修士論文中間発表会のご報告
 6月29日(土)15時から、中央図書館10階C-1006にて修士課程2年生の6名が修士論文の中間発表を行いました。 多くの先生方のご参加を得て、論文中に使用している専門的な用語の概念や内容構成等についての様々な指摘がありました。院生は、それらに対し自らの考えを述べる等、活発な議論が展開されました。
 院生はこの中間発表会の教授を元に、今後修士論文の執筆を進めていくこととなります。

○発表題目一覧○
・ネル・ノディングズのケアリング論に関する一考察
・保育者の職能成長とその支援における現状と課題
・小学校算数科における分数学習指導モデルの構築をめざして
・「自立」ということ-愛についての一考察-
・学校法人きのくに子どもの村学園の「大人/子ども」関係-「感情の自由」における「自己実現」の可能性-
・言語教育の人間形成的意義
2013年6月4日(火)
教育学専攻修士課程2年生 修士論文中間発表会のご案内

 きたる6月29日(土)15時から、中央図書館10階C-1006にて修士課程2年生の6名が修士論文の中間発表を行います。院生がこれまでの研究成果および今後の研究の課題について発表し、それに対する様々なご意見ご指導を頂く機会となっております。
 中間発表会には毎年先生方(学外含む)だけでなく、学部生の方にも参加していただいております。学部生の方にとっては大学院生の学修の活動を知り、また、研究に対する姿勢や知識を学ぶことのできる機会となっております。事前の申込みは不要です。みなさま、奮ってご参加ください。

2013年5月13日(月)
平成25年度 第1回文学研究科教育学専攻入試説明会のご報告

 2013年5月8日(水)12:30~13:00、C-1006にて、大学院文学研究科教育学専攻入試説明会を実施いたしました。金子准教授より、大学院進学のメリットや入試日程、カリキュラム等の説明を行いました。その後、在学中の院生より、授業や院生室での研究活動等、院生生活について話していただきました。説明会の参加者からは、進学を決めた時期を院生に問う等、個別の質問があり、それら一つ一つに対して丁寧な回答がなされました。説明会の後には、参加者を院生室等に案内しました。
 第2回の説明会は、2013年10月23日(水)12:30からC-1006 にて開催する予定です。

2013年4月24日(水)
大学院入学式および新入生ガイダンスの実施

 2013年4月6日(土)、中央キャンパス日下記念マルチメディア館マルチメディアホールにて入学式が挙行され、教育学科に新入生を迎えました。入学生は氏名を点呼され起立した後、学長から式辞を頂き、研究への心構えをご教授頂きました。
 入学式の前には、本専攻の教員や院生と顔を合わせ、ガイダンスを行いました。
 

2013年2月20日(水)
セミナー「Policy innovation and change in Britain: 
         Implications for teachers over 25 years 1988-2013」、
     「Promoting learning for children with special needs and disabilities: 
         Current policy and innovation in England」 のご報告

 2013年2月14日(木)2限~3限、C-1006にて、ケンブリッジ大学、ロンドン大学客員研究員のピーター・カニンガム博士を招聘し、セミナーを実施しました。ピーター先生には、1988年以降のイギリスにおける教育政策についてご紹介いただき、それらの政策が学校、地域、教師にどのような影響を与えてきたか、お話いただきました。セミナーで使用した原稿の翻訳は、教育学科教員の指導のもと、教育学科3年の中河のどかさん、有本捺希さん、井上裕里子さん、荻田夏稀さん、坂本玲未奈さん、清水優希歩さん、高橋那津美さん、松下千里さんがして下さいました。
 また、4限~5限は、英国元エッセクス州児童・家族福祉局局長のケリー・バネット博士にセミナーを実施していただきました。ケリー先生には、特別支援に関する近年のイギリスの政策についてお話いただきました。セミナーで使用した原稿の翻訳は、教育学科教員の指導のもと、大学院教育学専攻1年の岩尾麻耶さん、池尻沙穂さん、深谷友里香さん、松葉恵さんがして下さいました。
 セミナーの参加者は、教職員5名、学生21名でした。どちらのセミナーとも、参加者がグループに分かれ、日本の教育政策や現状等を講師の先生に紹介しました。海外の教育を学ぶとともに、日本の教育を客観的にみる良い機会となりました。

2012年12月22日(土)
平成24年度修士論文構想発表会のご報告

 2012年12月22日(土)12:40~15:00、C-1006にて、修士課程1年生による修士論文構想発表会を開催いたしました。発表者それぞれの問題意識や研究の目的、方法、進捗状況等を報告し、また今後の取り組み等を発表しました。先生方からは多くの質問やご意見、ご指導等をいただきました。

<論文タイトル(仮)>
 ・保育者の職能成長とその支援をめぐる現状と課題
 ・「教育関係」における多様性・多義性がもたらす子どもの変容
   -学校法人きのくに子どもの村学園の実践を手がかりに-
 ・小学校算数科における分数学習指導モデルの構築をめざして
 ・言語教育の人間形成的意味
 ・ケアの視点からみた「思いやり」に関する一考察
   -ネル・ノディングズの理論をてがかりに-
 ・「自立」ということ
   -愛についての一考察-

2012年12月12日(水)
セミナー「江戸から教育を考える」のご報告

 2012年12月7日(金)16:30からC-1006にて、国立台湾大学教授の辻本雅史先生(京都大学名誉教授)をお招きし、セミナーを実施いたしました。江戸時代の「手習塾」や貝原益軒の思想など、江戸時代の教育をご紹介いただきました。そこから、辻本先生独自の言葉である「テキストの身体化」や「独看はスキャナーの読み(画像認識)」、「体から心へ」「言葉は心の容れ物」というようなキーワードをあげながら、今日の日本の教育についての問題点や課題等を示してくださいました。参加者の方からは、「自身の研究や教育活動を考えるいい機会となった」というようなご感想をいただきました。
 参加者は、24名(教職員含む)でした。

2012年11月20日(火)
セミナー「江戸から教育を考える」のご案内

 2012年12月7日(金)16:30~18:30にC-1006にて、国立台湾大学教授の辻本雅史先生を招聘し、セミナーを実施致します。「江戸の学び」とその背景の思想や文化を紹介していただき、教育の今と未来をみんなで考えられるような内容のお話をしていただきます。
 教職員のみなさま、学生のみなさま、どなたでもご参加ください。
  12/7(金)セミナー

2012年11月1日(木)
推薦入試11月募集の願書受付開始

 本日より、2013年度武庫川女子大学大学院推薦入試11月募集の入学願書受付が開始されました。出願期間は11月15日(木)までとなっています。出願希望の方は、本学入試センターにて願書を受け取り、必要事項を予め記入し、指導教員等に早急に推薦書を書いてもらって下さい。

2012年10月11日(木)
平成24年度 第2回文学研究科教育学専攻入試説明会のご案内

 平成24年10月24日(水)12:30~13:00、C-1006にて大学院文学研究科教育学専攻入試説明会を実施致します。
 ぜひともご参加ください。
 第2回 入試説明会

2012年7月24日(火)
一般選抜および社会人特別選抜前期募集の願書受付開始
 7月20日(金)より、2013年度武庫川女子大学大学院一般選抜および社会人特別選抜前期募集の入学願書受付が開始されました。出願期間は8月3日(金)までとなっております。出願希望の方は、本学入試センターにて願書を受け取り、記入漏れがないか十分に確認をしたうえでご提出ください。
2012年7月7日(土)
平成24年度修士論文中間発表のご報告

 2012年6月30日(土)13:00~15:00、C-1006にて大学院文学研究科教育学専攻修士課程2年の4名の修士論文中間発表を実施いたしました。それぞれの研究の目的、内容、方法、現在の進捗状況、今後の取り組み等について発表しました。ご参加くださった先生方から、たくさんのご助言・ご指導をいただきました。

2012年6月28日(木)
平成24年度修士論文中間発表のご案内

 6月30日(土)13:00~15:00、C-1006にて平成24年度修士論文中間発表を実施いたします。ぜひご参集いただき、ご助言・ご指導をお願いいたします。また、学部生の方も今後の卒業研究等の参考に、ぜひご参加ください。

2012年5月31日(木)
推薦入試6月募集の願書受付開始

 本日より、2013年度武庫川女子大学大学院推薦入試6月募集の入学願書受付が開始されました。出願期間は6月7日(木)までとなっています。出願希望の方は、本学入試センターにて願書を受け取り、必要事項を予め記入し、指導教員等に早急に推薦書を書いてもらって下さい。

2012年5月19日(土)
平成24年度 第1回文学研究科教育学専攻入試説明会のご報告

 2012年5月9日(水)12:30~13:00、C-1006にて大学院文学研究科教育学専攻入試説明会を実施いたしました。北口准教授より、大学院進学のメリットや入試日程、カリキュラムについての説明等を行いました。その後、在学中の院生より、授業や院生室での研究活動など、院生生活について話していただきました。
 第2回の説明会は、2012年10月24日(水)12:30からC-1006にて開催する予定です。

2012年4月11日(水)
大学院入学式および新入生ガイダンスの実施

 2012年4月7日(土)中央キャンパス日下記念マルチメディア館メディアホールにて入学式が挙行され、教育学専攻に7名の院生が入学しました。本専攻の松葉恵さんが、新入生を代表し学生代表宣誓を読みあげました。また、本専攻の深谷友里香さんが新入生を代表し、糸魚川学長より大学の記章を授与されました。
 入学式の前には、本専攻の教員や院生が顔を合わせ、ガイダンスを受けました。

2012年3月20日(火)
平成23年度大学院修了式の実施

 2012年3月20日(火)中央キャンパス日下記念マルチメディア館メディアホールにて大学院修了式が挙行されました。教育学専攻からは1名の院生が修了しました。

2012年2月15日(水)
講演会"Meeting the education challenge of the 21st century 
         -what are the implications for school leadership"のご案内

 2012年2月22日(水)9:30~13:00、C-1006にてイギリスのへースティングス学校協会のSir Dexter Hutt先生を招聘し、講演会を実施いたします。様々な問題をかかえたグローバルな21世紀の社会において、学校のリーダーシップが果たす役割にはどのような意味があるか、教師にはどのような役割があるかについて講演していただきます。
 教職員のみなさま、学生のみなさま、どなたでもご参加ください。
 2/22(水)講演会

2011年10月13日(木)
セミナー「道徳教育のこれから-未来への展望と具体的展開-」のご報告

 2011年9月12日(月)にC-1006にて、昭和女子大学大学院教授の押谷由夫先生を招聘し、セミナーを実施いたしました。
 セミナー参加者は、教職員7名、院生5名、学部生17名でした。参加した学生からは、「実際に教員になれた時には、道徳の教材研究をしっかりしたい。」「子どもたちをリードしながら、心の成長を援助するような道徳教育をしたい。」「もっと押谷先生のお話を聞きたい。」といった感想がありました。

2011年7月28日(木)
セミナー「道徳教育のこれから-未来への展望と具体的展開-」のご案内

 2011年9月12日(月)14:00~16:00に昭和女子大学大学院教授の押谷由夫先生を招聘し、セミナーを実施致します。学校教育のなかで道徳教育がどのように実施されているか、また、今後の道徳教育の展望等をお話くださいます。
 道徳教育に興味関心のある方はどなたでもご自由にご参加ください。
 9/12(月)セミナー

2011年7月28日(木)
平成23年度 修士課程2年修士論文中間発表会のご報告

 2011年7月23日(土)13:00~13:30、C-1006にて大学院文学研究科教育学専攻修士課程2年の中間発表会を実施致しました。

2011年5月6日(金)
平成23年度 第1回文学研究科教育専攻進学説明会のご案内

 2011年5月11日(水)12:30~13:00、C-1006にて大学院文学研究科教育学専攻進学説明会を実施致します。
 ぜひともご参加ください。
 第1回 進学説明会

2011年4月19日(火)
セミナー
「The Red Cross and its International Tracing and Message Service」のご報告

 2011年4月19日(火)4限-5限に、C-1006の教室にて、ロンドン大学教授のRoy Lowe先生を招聘し、セミナーを実施いたしました。Roy Lowe先生が所属されているバーミンガム「赤十字」でのボランティア体験等をお話いただき、世界での「赤十字」の活動内容を知ることができました。
 本セミナーで使用した原稿の翻訳は、教育学科教員の指導のもと、大学院教育学専攻1年の横井利佳子さんと丹後昌子さんがして下さいました。本セミナーでは、大学院教育学専攻1年の横井利佳子さんが通訳をして下さいました。セミナー参加者は、教職員5名、学生19名でした。 ありがとうございました。
                                   http://www.mukogawa-u.ac.jp/index.html

2011年2月21日(月)
セミナー
「Improving Children's Lives : Policy and practice from 1997 to 2011」
のご報告

 2011年2月21日(月)3限-4限に、C-1006の教室にて、英国元エッセクス州児童・家族福祉局局長のケリー・バネット博士を招聘し、セミナーを実施いたしました。子どもたちの生活向上のために、国家や地方当局はどのような取り組みをしているか、また、子どもを取り巻く学校や家庭環境について等をお話いただきました。
 本セミナーで使用した原稿の翻訳は、教育学科教員の指導のもと、教育学科3年の牧村英莉さん、白石裕子さん、深谷友里香さん、米澤美奈子さん、河口加奈さん、小林礼奈さん、松葉恵さん、池尻沙穂さん、戸田ももさん、森本佳奈さんがして下さいました。セミナー参加者は、教職員4名、大学院生4名、学部生17名でした。ありがとうございました。
                                   http://www.mukogawa-u.ac.jp/index.html

2011年2月21日(月)
セミナー
「Primary education in Britain : Policy and practice in cultural 
context 1988 to 2011」のご報告

 2011年2月21日(月)1限-2限に、C-1006の教室にて、ケンブリッジ大学、ロンドン大学客員研究員のピーター・カニンガム博士を招聘し、セミナーを実施いたしました。初等教育のナショナル・カリキュラムや教師の専門性等についてお話いただきました。
 本セミナーで使用した原稿の翻訳は、教育学科教員の指導のもと、教育学科3年の深谷友里香さん、小林礼奈さん、牧村英莉さん、池尻沙穂さん、白石裕子さん、戸田ももさん、河口加奈さん、松葉恵さん、森本佳奈さん、米澤美奈子さんがしてくださいました。セミナー参加者は、教職員4名、大学院生4名、学部生16名でした。ありがとうございました。
                            http://www.mukogawa-u.ac.jp/index.html

2010年11月20日(土)
講演会「算数・数学の面白さ-解けること・わかること・面白いと思うこと-」
のご報告

 2010年11月20日(土)13:00から14:30までC-1006の教室にて、大阪府立池田高校の宮崎剛先生にご講義いただきました。分数の面白い性質や(-1)×(-1)=1の意味など、とても分かりやすく説明していただきました。みんなで問題を解く場面もあり、学生は一生懸命取り組んでいました。参加して下さった学生からは 「楽しかった」「今後、教師になった時にこの講演会で学んだことを生かしたい」といったコメントもいただきました。
 今回は、26名の学生が参加して下さいました。ありがとうございました。

2010年10月16日(土)
講演会
「算数・数学の面白さ-解けること・わかること・面白いと思うこと-」のご案内

 大阪府立池田高等学校教諭の宮崎剛先生を招き、講演会を実施します。学校現場での経験等を踏まえながらご講義下さいます。質疑応答の時間も設けますので、算数や数学の指導法に関する悩みや、教育現場についての疑問等があればご質問下さい。みなさまのご参加をお待ちしております。
 11/20(土)講演会

2010年7月9日(金)
講演会「子どもの姿から学ぶ生活科」のご報告
  

 2010年7月9日(金)16:30から18:00までC-1006の教室にて、愛知教育大学准教授の久野先生にご講義いただきました。実際の生活科の授業ビデオを映しながらお話して下さり、とても分かりやすく楽しく学ばせていただきました。
 今回、教員3名、学生16名が参加して下さいました。参加して下さったみなさま、ありがとうございました。

2010年6月29日(火)
セミナー「Theory and Practice of Education(教育理論と実践)」のご報告

 2010年6月29日(火)16:30~18:00までC-1006の教室にて、イギリスのグラモーガン大学教授のターナー先生にご講義いただきました。本セミナーでは、ターナー先生ご夫妻から大変貴重なお話を聞くことができました。
 今回、教員3名、学生15名が参加して下さいました。参加して下さったみなさま、ありがとうございました。

2010年6月25日(金)
講演会「子どもの姿から学ぶ生活科」のご案内

 愛知教育大学准教授の久野弘幸先生を招き、講習会を実施します。講義の中では、実際の生活科の授業ビデオを用いながら話して下さいます。小学校・幼稚園教諭志望者はぜひご参加ください。
 
7/9(金)講習会

2010年6月22日(火)
セミナー
「Theory and Practice of Education(教育理論と実践)」のご案内

 イギリスのグラモーガン大学教授のターナー先生を招き、セミナーを開いていただきます。英語での講義となりますが、簡単な通訳もつきますので、ぜひご参加ください。
 6/29(火)セミナー


トップページ

TOP

現代こども理解特論