学習方法

Writing Plazaライティング・プラザ

Writing Plazaでは、外国人講師がマンツーマンで英作文の確認・アドバイスをします。
学生の皆さんがより良い書き手になれるよう、サポートしています。


開催期間

前期:5月15日(火)~  7月25日(水) ※5月30日(水)、7月24日(火)を除く

後期:10月17日(水)~  12月14日(金)、1月8日(火)~  1月18日(金)

※10月19日(金)、10月31日(水)、11月23日(金)を除く

実施曜日 毎週火曜日・水曜日・金曜日
時間

12:25~17:30(1セッション15分)

場所 中央キャンパス 中央図書館5階 ライティング・プラザ
対象者

武庫川女子大学の学生(当日に予約が空いている場合は教職員も可)

予約方法
  1. 「利用予約」から、Writing Plaza予約ページへアクセスする。
    (予約は実施日の3週間前から可能です。)
  2. 注意事項をよく読み、「予約申し込み」を選択する。
  3. 画面上の予約手続きに従って、希望の時間帯に予約する。
    • 1セッションは15分間です。
    • 1日につき1回分のチュートリアルを予約することができます。
    • 予約状況は画面上の「○」「△」「×」の表示で確認できます。
    • 予約を入れた本人以外のチュートリアルは受付けません。
原稿の提出
Webで提出
予約申し込み時に、PCで入力した原稿(WordもしくはPDF形式)を添付してください。
メールで提出
「所属・氏名・予約日時」を明記の上、PCで入力した原稿(WordもしくはPDF形式)を添付し、予約日の前日までに宛てに送ってください。
外国語教育推進室へ直接持参
印刷した原稿を外国語教育推進室に予約当日の午前中までに持参ください。
注意事項
予約のキャンセルについて
  • オンライン上での予約キャンセルはできません。前日までに予約をキャンセルする場合はメール()、あるいは電話(0798-45-3613)で必ず連絡してください。
  • 当日の予約キャンセルは必ず電話で連絡してください。
  • 開始時間を10分経過しても訪問がない場合は、無断欠席扱いとします。
  • 学期中に2回の無断欠席や予約時間直前等の急なキャンセルをした場合、その学期のライティング・プラザの利用ができなくなりますので、注意してください。

剽窃(コピペ・翻訳ソフトの使用)について

他人の文章の一部または全部を適切な方法で引用せずに使うこと(=盗用)を剽窃(ひょうせつ)と呼びます。提出された英文に剽窃行為や機械翻訳があった場合、こうした行為は学術倫理上の問題であり、また、自分の力で書くことをサポートするWriting Plazaの目的から大きく逸脱するものですからチュートリアルを実施することはできません。また、授業等の課題でこのような行為が見つかった場合は担当教員に連絡し、今後のWriting Plazaの利用をお断りすることがありますので、くれぐれも注意してください。

剽窃を回避する一番の方法は、適切な引用(in-text citation)を行い、参考文献(references)として明記することです。卒業論文やレポートを書く際には、ゼミや授業の担当者に尋ね、それぞれの学問分野に適した引用の作法を学びましょう。

例:Writing Plazaに卒業論文の相談に来る学生の多くは、文学や教育の分野で卒業研究をしていると思います。それらの分野では、MLAやAPAといった方式がよく採用されています。

また、米国Purdue大学のライティング・ラボでは、これらの方式について大学生にもわかりやすくまとめられています。ゼミで採用されている方式でしたら参考にしてください。

授業の課題(Book Club など)での利用について

所定の様式(Word 形式)を授業担当者の指示に従って各自で用意し、パソコンで英文原稿を作成してください。様式がない場合でも、次の3点を守ってください。

  1. Writing Plazaの予約日時、所属、名前を英語で明記してください。
  2. 講師がアドバイスを書き込めるよう、行間を空けてください。
  3. 主体的に英語を学ぶ態度を身につけるために、特にアドバイスが欲しい文に下線やハイライトを引いてください。