学内奨学金

学内奨学金

名称 武庫川学院奨学 薬学部薬学科
貸与奨学金
武庫川女子大学・
武庫川女子大学短期大学部
教育後援会奨学金
武庫川学院鳴松会奨学
目的 立学の精神を顕揚して人材の育成に資するため、本学生に対し授業料の一部を給付して学業の達成を援助すること 学生の自立及び本学立学の精神を涵養することを目的として経済的理由により修学困難な学生に対して援助を行う 経済的理由により学業の達成が困難であると認められる者に対し、授業料の一部を貸与して学業の達成を援助すること 鳴松会が本学卒業生として、本学に在籍する学生及び生徒に対し授業料の一部を給付して、学業の達成を援助すること
出願資格 AとBの2種類があります。
  1. 本学(大学・短大)入学後、※1家計急変により授業料の納入が困難になったと認められる者で、学業継続の意思のある者。
  2. 授業料の納入が困難な者で、学業継続の意思のある者。
  • @学業成績優秀で次年度への進級が見込まれる者
  • A経済的に修学が困難と認められる者
  • @卒業学年に在籍する学生で、当年度末に在学期間・修得単位数などの卒業要件を満たし、卒業が見込まれる者
  • A家計困窮により当期授業料の納入が困難となっている者

@・Aの条件が満たされる者

授業料の支弁が困難であり、学業優秀・品行方正であると認められる者
支給額
  1. 各自の納付する授業料の40%相当額(後期採用者は後期授業料の40%相当額)給付
  2. 年額20万円給付
  • @当該年度授業料年額
  • A120万
  • B100万
  • C80万
  • D50万

貸与(無利子 返還の義務があります)

当年度授業料の1/2〜1/5相当額
貸与(無利子 返還の義務があります)
年額20万円給付(ただし、給付額は年度により変更することがあります)
他奨学金
との併給
併給は審議の対象とする。 他の奨学金との併給可 他の奨学金(貸与・給付)との併給可 併用可(20万円以上の給付奨学金を除く)
期間 1学年度限りとする 5年生・6年生の2ヶ年 当該年度限りとする 1学年度限りとする
募集方法 希望者は出願資格を確認の上、※2学生部奨学金窓口に申し出てください。 希望者は出願資格を確認の上、薬学部事務室に申し出てください。 希望者は出願資格を確認の上、※2学生部奨学金窓口に申し出てください。
(掲示での募集は行いません)
希望者は学内掲示及びホームページで出願資格を確認の上、※2鳴松会事務室に申し出てください。
担当部署
(場所)
学生部
(東館地下1階)
薬学部事務室 学生部
(東館地下1階)
鳴松会事務室
(鳴松会館1階)
書類配付
期間
前期:4月28日(木)
〜5月18日(水) 後期:9月28日(水)
〜10月12日(水)
ただし、出願資格Bは前期のみ募集
12月6日(火) 〜1月11日(水) 9月28日(水) 〜10月12日(水) 7月15日(金) 〜8月10日(水)
出願期間 前期:4月28日(木)
〜5月20日(金) 後期:9月28日(水)
〜10月14日(金) ただし、出願資格Bは前期のみ出願可能
12月6日(火)
〜1月11日(水)
9月28日(水)
〜10月14日(金)
7月15日(金) 〜8月10日(水)
採用対象 全学年 薬学部薬学科5年生・6年生 卒業学年 全学年
採用選考
基準
日本学生支援機構の学力基準に準じますが、家計事情を重視します。 日本学生支援機構第二種奨学金基準内にある者
返還が見込まれる者
日本学生支援機構第一種奨学金基準内にある者
返還が見込まれる者
当該学年前期の履修科目の個人平均点75点以上としますが、家計事情を重視します。

※1 家計急変の内容は、日本学生支援機構緊急応急採用の項目を準用します。

※2 建築学科は生活環境学部事務室分室、薬学部は薬学部事務室で募集要項の受け取り、出願ができます。
   (武庫川学院鳴松会奨学の出願は鳴松会事務室のみです。)

奨学制度の諸条件は変更になることがあります。変更の場合は、掲示をもってお知らせします。

▲ページトップへ