3つのポリシー

大学健康・スポーツ科学科および短期大学部健康・スポーツ学科では、2015年4月入学生より、3つのポリシー「①ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)、②カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)、③アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)」を策定しています。

①ディプロマ・ポリシー
教育理念を踏まえ、どのような力を身に付ければ学位を授与するのかを定める基本的な 方針であり、学生の学修成果の目標となるものです。
②カリキュラム・ポリシー
ディプロマ・ポリシーの達成のために、どのような教育課程を編成し、どのような教育 内容・方法を実施するのかを定める基本的な方針です。
③アドミッション・ポリシー
教育理念、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシーに基づく教育内容を踏まえ、 入学者受け入れるための基本的な方針であり、受け入れる学生に求める学習成果(学力の 3要素)を示すものです。

幅広い分野で活躍する、
健康・スポーツの実践的リーダーへ。

学校や企業、地域社会で活躍できる優れた健康・スポーツの実践者、指導者、管理者を育成するための、最新のスポーツテクノロジー、医科学理論、指導理論、マネジメント理論を通して、適切で正しい実践・指導・管理法を学びます。

カリキュラムは、必要な基礎理論とテクニックを講義・演習科目で学び、それに基づく技能を学内実習科目で磨き、最終的には学外の現場実習で応用するという、段階的、発展的な学習ができる科目配置を行っています。

健康・スポーツ科学部 健康・スポーツ科学科

2019年度入学生より、スポーツマネジメントコース開設に伴い、カリキュラム変更を行いました。

2019年度以降入学生

健康・スポーツに関する知識と技能を体系的に学修するために、学科開講科目に「学科共通」科目と「スポーツ教育領域」「スポーツ科学領域」「スポーツマネジメント領域」「健康スポーツ領域」科目から構成されています。

学びの方向および卒業後の進路等を意識するために、2年次より「スポーツ教育コース」「スポーツ科学コース」「スポーツマネジメントコース」の3コースを設けています。各コースに設置された特色科目を学ぶことによって、より専門的に、より実践的に、優れた健康・スポーツのリーダーをめざします。

2018年度以前入学生

中学校・高等学校保健体育科教員に必要な「スポーツ教育領域」、アスレテックトレーナーやコーチに必要な「競技スポーツ領域」、健康運動指導士や健康運動実践指導者に必要な「健康スポーツ領域」から構成されています。

学びの方向および卒業後の進路等を意識するために、3年次より「スポーツ教育コース」「スポーツ科学コース」「健康運動科学コース」のコースを設けています。各コースに設置された特色科目を学ぶことによって、より専門的に、より実践的に優れた健康・スポーツ指導者、実践的リーダーをめざします。

大学 健康・スポーツ科学科

3つのポリシー・カリキュラム・ツリー・カリキュラム・マップ・履修便覧

短期大学部 健康・スポーツ学科

2019年度入学生より、教職コース、ヘルスケアコース開設に伴い、カリキュラム変更を行いました。

2019年度以降入学生

健康・スポーツに関する知識と技能を体系的に学修するために、専門教育科目に「スポーツ教育領域」「健康スポーツ・ヘルスケア領域」「卒業実践研究領域」から構成されています。

学びの方向および卒業後の進路等を意識するために、1年次後期より「教職コース」「ヘルスケアコース」の2コースを設けています。各コースに設置された専門的な科目を学ぶことによって、より専門的に、より実践的に、優れた健康・スポーツのリーダーをめざします。

2018年度以前入学生

中学校保健体育科教員に必要な「スポーツ教育領域」、健康運動実践指導者に必要な「健康スポーツ領域」から構成されています。

短期大学部 健康・スポーツ学科

3つのポリシー・カリキュラム・ツリー・カリキュラム・マップ・履修便覧

編入学について

短期大学部「健康・スポーツ学科」から、大学「健康・スポーツ科学科」への編入学

短期大学部「健康スポーツ学科」から、大学「健康・スポーツ科学科」への編入学試験は、現役短期大学部学生に対して実施しています。なお、短期大学部在学中の学業成績と編入学試験によって総合的に判定します。(2019年度入学生より、募集定員は20名です。)

参照:受験生サイト「就職・資格・編入」/編入学について

編入学すると
  • 短期大学部で学んだことに加えて、健康・スポーツにおける、より広く、深く専門的な知識や技能を身につけることができます。また、短期大学部で取得できなかった資格取得にもつながります。(ただし、大学での所属コース、短期大学部所属時の単位取得状況、編入後の科目履修等の状況により、必ずしもすべての資格取得につながらないケースがあります。)

    ※3年次編入学で卒業要件算入として認定できる単位数の上限は、「共通教育科目20単位、基礎・専門教育科目52単位、並びに、教職、司書、司書教諭及び学芸員に関する専門教育科目20単位、合わせて62単位」です。

▲このページの先頭へ