幅広い分野で活躍する、
健康・スポーツの実践的リーダーへ。

科学的に裏づけされた体育・スポーツの研究とその実践を通して、
心身の健康ならびに体力の維持増進について、
指導的役割を担う女性の育成を目指します。

カリキュラムは、実践的な体育教員を育てる「スポーツ教育領域」
競技スポーツに携わる優れた人材を育てる「競技スポーツ領域」
医科学的知識をふまえた健康づくりのスペシャリストを育てる「健康スポーツ領域」
3分野から構成されています。
どの領域からも自由に科目を選ぶことができ、
理論、演習、実習へと確実に実力を高めていくことができます。

健康・スポーツ科学部 健康・スポーツ科学科

短期大学部 健康・スポーツ学科

編入学について

短大「健康・スポーツ学科」から、大学「健康・スポーツ学科」への編入学

短大/健康・スポーツ学科から、大学/健康・スポーツ科学科への編入学は、学業成績が優秀であること、そして編入学専攻を受験することによって可能になります。

編入学すると
  • 短大で学んだことに加えて、より広く、深く専門的な知識や技術を身につけることができます。
  • 大学へ編入学することにより、短大では取得できなかった資格取得につながります。主な資格としては、中学・高等学校教諭一種免許状(保健体育)、健康運動指導士、アスレティックトレーナー、競技別コーチ、障害者スポーツ指導者(中級スポーツ指導員)などです。

▲このページの先頭へ