尾関基行 講師 
Motoyuki Ozeki

研究分野・キーワード 知能情報学、ヒューマンエージェントインタラクション、インタラクションデザイン
  • 「エージェント」というのはロボットやCGキャラクタなどのことです
  • インタラクションデザインについては、http://interaction-design.kit.ac.jpを参照
担当科目 プログラミング入門、ウェブコンピューティング、ウェブアプリケーション論、ウェブアプリケーション設計演習
ゼミで取組む内容

【目標】
世の中の具体的な問題をデザインシンキング(※)の方法論に則って解決していく過程を通して、

  • ユーザのインサイト(隠れた要求や真の問題点)を発見することのできる観察力と洞察力
  • 既成概念にとらわれず新しい見方や組み合わせを考案することのできる柔軟な発想力と連想力
  • そのアイデアを実現することのできる行動力と技術力を身につけます。

【特色】

  • デザインシンキングの行程にしたがって一歩ずつ着実に進めていきます。
  • プロトタイピング(試作)ではウェブ技術やプログラミング技術を使用したものにも取り組みます。
  • 学外のコンテストや共同プロジェクトにも積極的に挑戦します。

(※)アイデア発想法の一連のセットで、共感 ⇒ 問題定義 ⇒ 創造 ⇒ プロトタイプ ⇒ テストと進めます

尾関基行講師