機材貸出の流れ

誓約書について

  • 機器の貸出にあたっての約束が書かれています。これらが守れない方には、お貸しできません。
  • 機材によって、貸出受付は異なります。「機材貸出について(貸出リスト)」を確認し、借りたい機材の貸出元へ行き、誓約書をもらってください。
  • グループ名簿は学科GETよりダウンロードすることができます。

機器の貸出にあたって

受付時間 月〜金 9時30分〜16時30分
9時30分〜12時30分
受付場所 MM702教材準備室
MM810教材準備室

※上記は授業実施期間中です。休業中、行事等の日には変更があります。

  • 貸出・返却時には、本人確認のためMICカードを提示して下さい。
  • 借用期間は原則として1週間、ゼミで使用の場合、最大1カ月です。ただし、授業等の予定により、変更になる場合があります。(詳しくは掲示板やMM702教材準備室やMM810教材準備室で確認して下さい。)
  • 使用目的は、大学での制作活動(授業・ゼミおよびそれに準ずるもの)に限ります。
    ※授業の場合は、借用目的欄に科目名(班名・グループ名もあれば)を明記して下さい。
  • 貸出・返却には時間がかかります。時間に余裕を持って、受付に来てください。
  • 貸出の確認や急な休校措置などで、こちらから連絡する可能性があります。正確にわかりやすく記入して下さい。
  • 質問等などがあれば、随時助手に確認して下さい。

貸出の際

  • ①本人確認のため、MICカードを提示して下さい。
    グループ作業であれば、グループ名簿を提出して下さい。
  • ②機器の動作確認
    希望の借用機器を受付で伝え、チェックシートと機器を受け取り、セルフチェック項目に従って、機器の動作確認と故障・不備がないかを自身で確認して下さい。機器に問題があれば、その場で申し出て下さい。
  • ③誓約書に記入
    セルフチェックが全て終わり、特に問題がなければ、誓約書の遵守事項と裏面の注意事項をよく読み、必要事項を記入して下さい。
  • 当日貸出・・・保護者または担当教員の記入、必要なし。
  • 複数日にわたる貸出・・・保護者または担当教員の記入と押印が必要。
    ※担当教員とは
    ・授業で使用する場合:授業担当教員(左記教員が不在の場合に限り、ゼミ担任・クラス担任可)
    ・ゼミで使用する場合:ゼミ担任(左記教員が不在の場合に限り、クラス担任可)
  • ④内容物の確認
    借用する機器の内容物を助手と一緒に確認します。
  • ⑤小誓約書(誓約書の一部コピー)を受け取る
    借用期間と誓約書の遵守事項の確認のため、皆さんにお渡ししています。返却時間、緊急連絡先も書いていますので、借用期間中は大切に保管して下さい。

誓約書の記入方法

誓約書の記入方法

クリックで拡大します

返却時間について

  • 当日貸出は、平日は16時30分まで・土曜日は12時30分までに返却
  • 複数日にわたる貸出の場合は、返却日の9時30分〜12時まで(1、2限に授業がある場合は平日:13時05分まで 土曜:13時まで)に返却をお願いします。
  • その他、授業での使用予定や行事によって、貸出・返却に制限がある場合があります!
  • 助手が授業などで不在の場合もあります。時間に余裕を持って返却して下さい!!

緊急連絡先について

以下の場合は、すぐに連絡して下さい。

  • 機器が破損、または故障した
  • 機器が盗難にあった、または紛失した
  • 返却時間に間に合わない
  • 借りた本人がやむを得ない理由により返却に来れず、友人が返却に来る (グループメンバーは除く)

返却の際

  • ①本人確認のため、MICカードを提示して下さい。
  • ②機器の動作確認、内容物のチェック
    機器の動作確認は、助手が行います。内容物のチェックは、助手と一緒に行います。
  • ③すべての機器の確認、返却が終わったら、同意の署名をします。
  • ④上部(個人情報)・グループ名簿・チェックシートが返却されます。自己責任で持ち帰る、もしくは処分をお願いします。
    ※小誓約書は返却しなくてOKです。

返却が受付時間に間に合わなかった・機器の破損やトラブルの場合

  • 機器を大学内に放置しないこと!!(ゼミ室・教室内でも)
  • 持ち帰るなど各自責任を持って保管し、翌日午前中(12時まで)に必ず返却して下さい。
  • 理由があって返却が遅れる場合には、必ず理由と返却可能日時を連絡して下さい。(緊急連絡先に電話・留守録を残すか、貸出受付を行った準備室に自分の連絡先や遅れる旨のメモを残すこと。)
  • 連絡しないで延滞した場合は、今後の貸出に制限やペナルティが課せられます。
  • 機器の破損やトラブル等緊急の場合は、状況を緊急連絡先に電話する、又は留守録を残してください。