スタジオ利用Q&A

スタジオではどんなことができますか?

主に下記のような撮影・収録が可能です。
  • 合成映像撮影:CGセットや写真背景と人物を合成した映像を撮影できます。
  • ブルーバック撮影:青い背景での撮影です。映像編集ソフト等で別の背景と合成可能な素材を撮影できます。
  • ナレーション収録:アナウンスブースのマイクとMA機器で収録します。収録した音声はWAVデータで持ち帰れます(USBを用意してください)
  • 写真撮影(人物/静止物):背景紙を使い、人物写真を撮影することができます。また、物撮り用ドームを使用し、小物なども撮影できます。
  • コマ撮り(ストップモーションアニメ):撮影用台とアクリル板を使用し、ストップモーションアニメを撮影・制作することができます。
その他の使用については、スタジオレファレンスデスク(MM館B1F 地下スタジオ調整室)で相談してください。
ただしスタジオでは撮影機材(カメラ等)の貸出は行っていません。各自ご準備ください。

スタジオはいつ使用できますか?

予約受付時間、使用可能時間ともに月〜金の9:30〜17:30です。時間外は受付できません。
なお、授業等により希望時間帯に予約できないことがあります。空き日時のお問い合わせ・相談はスタジオレファレンスデスクで行っています。

誰でも使用できますか?

はい。受付時間内ならば情報メディア学科の学生はもちろん、情報メディア学科以外の学生でも、顧問(ゼミ担当など)の教員を通じて使用申込することが可能です。学科外の学生は手続きの方法が違いますので、一度地下スタジオまでお問い合わせください。
※ただし、情報メディア学科の授業・課題制作を優先とします。

個人や部活動で使用できますか?

いいえ。現在のところ、使用目的は授業・ゼミおよびそれに準ずるものとします。

使用予約は電話やメールでできますか?

いいえ。現在は対応していません。直接スタジオレファレンスデスクに来てください。

1限分(90分)以上の時間を予約することはできますか?

はい。他の予約が入っていない場合、受付時間内なら対応できます。また、30分や60分だけの予約も可能です。
ただし、撮影後の片づけ・復元までを予約時間内に行ってください。

急に撮影でスタジオが必要になりました!予約はしていませんが使用できますか?

原則、予約者優先ですが、希望時間帯に予約が入っていない、かつ担当者が在室している場合は当日使用として使用できることがあります。スタジオレファレンスデスクまで直接来て、お問い合わせ下さい。
ただし、希望する時間帯に使用できない場合があります。できるだけ事前予約するようにしてください。

予定が入って、予約した時間に行けなくなってしまいました!どうしたらいいですか?

間に合わなくなると分かった時点で、スタジオレファレンスデスクまで連絡してください。連絡なしの遅刻は、予約キャンセル扱いとなりその時間帯の使用ができなくなります。
また、予約の無断キャンセルが重なる場合は、使用禁止等のペナルティを科す場合があります。

スタジオを複数日予約することはできますか?

いいえ。予約できるのは、1回の申込につき原則一つの時間帯までです。一度予約すると、予約を消化(またはキャンセル)するまで次の予約は入れられません。

時間内に撮影が終わりませんでした。時間を延長することはできますか?

後の時間に予約が入っていない場合は、受付時間内なら対応できます。使用中、延長がわかった時点でレファレンスデスクにご相談ください。

スタジオで飲食することはできますか?

いいえ。スタジオは飲食厳禁です。飲食する場合はスタジオ外のスペースに出てください。なお、撮影対象として飲食物を持ち込む場合、必ず予約時にスタジオレファレンスデスクに申告し、相談してください。

靴や台車を持ち込むことはできますか?

いいえ。スタジオは二足制で、土足厳禁です。台車等は原則スタジオには持ち込めません。なお、撮影対象として靴を使用する場合、必ず予約時にスタジオレファレンスデスクに申告し、相談してください。