教員紹介

基礎看護学分野【広域実践看護学領域】

  • 山口 晴美(ヤマグチ ハルミ)助教
  • 名前:山口 晴美(ヤマグチ ハルミ)助教

    学位:修士(保健学)

    学歴:大阪大学医学部保健学科看護学専攻卒業、大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻修了

    職歴:大阪大学医学部附属病院

    主な担当科目:基礎看護技術演習Ⅰ、基礎看護技術演習Ⅱ、基礎看護技術演習Ⅲ、基礎看護学実習

    研究テーマ:周術期のquality of life(QOL)、看護技術がもたらすリラクセーション作用の検証

    教員研究業績:PDFを開く

先生への質問

武庫女の看護学部のオススメポイントは何ですか?

看護学部は、学びの特長である『知識を行動に変える実践能力の育成』を実践するための、充実した環境と、熱心な教員が揃っています。実習室には、『良質な物に触れて、質の高い教育を』という学部長の教育方針により、病院や施設さながらの最新の設備が整い、リネンや寝衣に至るまで質の高い物が揃っています。また、学生と教員のコミュニケーションを大切にするだけでなく、教員同士のコミュニケーションも活発で、一人一人の学生が、看護師を目指し有意義な学生生活を送れるようサポートする環境が整っています。

看護学部をめざす高校生の皆様へメッセージをお願いします!

「看護師が100人いれば、100通りの看護があるのだよ。」私は、授業や実習で悩む学生さん達と『看護』について話す時、このように答えます。看護師は、勉強して積み重ねた知識や、培ってきた経験を元に、自ら考え、自ら判断し、迅速に行動する能力が求められます。ですので、看護師は皆『自分の大切にしたい看護』を持っているのですね。同じ授業や演習を受けても、学生さん一人一人が感じること、考えることは違うと思います。私は、学生さん一人一人の『自分らしさ』を大切に、自らの気づきを発展させていけるように学生さん達と関わっていきたいと思っています。ぜひ、武庫川女子大学看護学部で、看護師を目指し共に学び、共に成長していきましょう!