教員紹介

成人看護学(急性期)分野【生涯発達看護学領域】

  • 宮嶋 正子(ミヤジマ マサコ)教授
  • 名前:宮嶋 正子(ミヤジマ マサコ)教授

    学位:博士(看護学)

    学歴:大阪大学大学院医学系研究科博士後期課程修了

    職歴:和歌山県立医科大学保健看護学部

    主な担当科目:共通教育科目(知っておきたい救急処置)、成人看護学概論、成人看護学ⅠA・ⅠB
    生涯発達看護学総論・特論、生涯発達看護学演習、特別研究など

    研究テーマ:褥瘡の予防・予測、褥瘡発生予測指標の開発

先生への質問

武庫女の看護学部のオススメポイントは何ですか?

看護の実践に必要な知識・技術を“学”として学べるようにカリキュラムが組まれているところです。 具体的には1年次に教養科目に加え、専門科目の概論が始まることで、看護学の導入を意識づけているところです。最初は難解と感じるかも知れませんが、1年次に基盤をしっかりとつくることで、2年次以降の思考力育成に役立つと考えています。また、4年間のカリキュラム・ポリシーやディプロマ・ポリシーが明快に示されており、学生自身で現在の学習位置・到達状況を振り返ることができます。臨地実習での実践力育成を視座に学習内容・方法を考えて、授業を行っているのも優れている点です。

看護学部をめざす高校生の皆様へメッセージをお願いします!

看護師は健康問題をもつ人に対して援助実践をするプロフェッショナルです。看護師として働く間、常に勉強し、専門知識を取り入れるとともに人としての成長も欠かせない職業です。社会からの看護師への期待も年々大きくなっており、看護や看護師に対する評価が行われるようになってきています。一人でも多くの高校生の皆さんが看護に関心をもち、看護の素晴らしさを体験し、後輩に伝えていってほしいと願っています。

大学院看護学研究科をめざす皆様へメッセージをお願いします!

大学院では、看護学における自らの関心を深め、研究専門領域を究めていく過程での学びから自身の将来像を獲得することにあると考えます。大学院の教育研究環境で学び、行動することが、修了後の方向を大きく変えてくれるでしょう。強い信念をもって入学してください。あなたが求めれば多くの人のサポートが得られます。大学院修了者が看護の現場で貢献できることは多くあり、また教育や研究の道も開かれます。質の高い実践・教育・研究を行い、他者を導ける人が増えることを切に願います。