教員紹介

成人看護学(急性期)分野【生涯発達看護学領域】

  • 池田 七衣(イケダ ナナエ) 准教授
  • 名前:池田 七衣(イケダ ナナエ) 准教授

    学位:博士(看護学) 修士(保健学)

    主な担当科目:知っておきたい救急処置、成人看護学Ⅱ(急性期)、成人看護学実習(急性期)

    研究テーマ:周手術期患者のストレス・自己効力感、成人アレルギー患者のQOL、発展途上国の水質改善への細菌学的アプローチ、看護学生のストレス・教育効果

先生への質問

武庫女の看護学部のオススメポイントは何ですか?

本学の看護学部は教員数の多さが群を抜きます。これは直接的に皆さんへの密度の濃い関わりへと繋がっています。大学生活では、勉強だけでなく、部活動やアルバイト、ボランティアや恋愛など、人として皆さんが大きく成長できる要素がたくさんあり、同時に悩むこともあるかと思います。そんな時、ぜひ教員と積極的にお話ししてください。人生の先輩として、看護学部教員として、いくらかアドバイスできることがあるかもしれません!私たち教員は、いつでも皆さんの来室をお待ちしています。

看護学部をめざす高校生の皆様へメッセージをお願いします!

さまざまな理由で手術を受けるさまざまな年齢の患者さんがいらっしゃいます。患者さんはいろいろな思いを抱えています。皆さんは実習で、そのような患者さんと過ごすことになります。皆さんなら患者さんに何ができますか?難しく考えることはありません。「相手にどうなってもらいたいか」という皆さんの素直な気持ちが大切だと思っています。4年間で身に付けるべき知識や理解すべきことはたくさんありますが、患者さんのしんどい思いが少しでも楽になる関わりができること目指して、一緒に勉強しましょう!

大学院看護学研究科をめざす皆様へメッセージをお願いします!

みなさんは臨床でのご経験の中で、普段何気なく行ってしまっているケアに、「なぜこれをするのだろう?」「なぜこうするのだろう?」と、ふと立ち止まったことはないでしょうか。「経験値を理論値へ」をスローガンに抱えている本学には、皆さんの貴重なご経験に科学的な根拠を生み出せる機会が待っています。ぜひ、研究という方法を用いて疑問を解決し、臨床の場へ持ち帰る窓口になってください。周手術期患者・アレルギー疾患・看護学生に関すること、感染に関すること等いくつかの方面での研究活動を行っています。ぜひ研究室をのぞいてください。研究活動では、臨床とはまた違ったご経験をしていただくことができると思います。楽しいと思えることばかりではないかとは思いますが、修了時に味わえる達成感は、今後ますますご活躍いただける原動力になると確信しています。