教員紹介

老年看護学分野【広域実践看護学領域】

  • 杉浦 圭子(スギウラ ケイコ)講師
  • 名前:杉浦 圭子(スギウラ ケイコ)講師

    学位:博士(保健学)

    学歴:大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻博士後期課程修了

    職歴:聖路加国際病院 外科・婦人科病棟勤務、千里金蘭大学 看護学部 老年看護学領域

    主な担当科目:老年看護学Ⅰ、Ⅱ、老年看護学実習Ⅰ、Ⅱ、広域実践看護学総論、広域実践看護学特論

    研究テーマ:在宅介護の状況および介護ストレスに関する介護者の性差の検討、介護保険利用サービス効果、社会的孤立の高齢者の精神的健康に関する研究、高齢者のICT利用に関する研究

    教員研究業績:PDFを開く

先生への質問

武庫女の看護学部のオススメポイントは何ですか?

武庫女の看護学部の特徴は、多学部があることだと思います。私は、いったん看護の世界に入ってしまうと、医療関係のことには強くなるけれど、それ以外の一般的な常識を含めたことに疎くなってしまいました。一緒に仕事をするのは医療関係職ですが、患者さんはそうではありません(その関係の方もいらっしゃいますが…)。いろいろな価値観に触れられることは、その後に看護師を続けていく上で、とても大切な財産になると思います。

看護学部をめざす高校生の皆様へメッセージをお願いします!

武庫川女子大の看護学部はとても新しい学部です。歴史の最初の部分にかかわることができるなんて、とてもステキ!なことだと思います。そして、他人の気持ちを考え、どうすればその人が快い生活を送っていくことができるかを考え、実践力を養う「看護」という学問分野はとても面白く、価値あるものだと思っています。進路を決めるときに、「誰かに進められたから」や「皆が行くから」よりも、どうして自分は行きたいのかを本気で考え、自己決定したら目標に向かってがんばりましょう!

大学院看護学研究科をめざす皆様へメッセージをお願いします!

普段、看護職として働いていて、どうしてそうなのだろう、どうやったらうまくいくのだろう等、疑問を感じることはありませんか?小さな疑問をきっかけにして、理論的にその原因や現状を把握する力をつけることで、将来的にも自分のため、患者さん、利用者さんのためになることがきっとあるはず!と思います。まずは一緒に考えるところからはじめてみませんか?