教員紹介

精神看護学分野【広域実践看護学領域】

  • 心光 世津子(シンミツ セツコ)准教授
  • 名前:心光 世津子(シンミツ セツコ)准教授

    学位:博士(人間科学)

    学歴:大阪大学医学部保健学科卒業、大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程単位取得後退学

    職歴:日本学術振興会(特別研究員DC1)、大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻、国立精神・神経医療研究センター病院他

    主な担当科目:精神看護学Ⅰ・Ⅱ、精神看護学実習、看護英語、広域実践看護学特論C精神 他

    研究テーマ:精神障害からの回復・リカバリーに関する研究、セルフヘルプ・グループやピアサポートに関する研究

    教員研究業績:PDFを開く

先生への質問

武庫女の看護学部のオススメポイントは何ですか?

1つめは、何といっても学生数日本一の女子総合大学で教養と人脈の幅を広げられることです!就職するとどうしても看護職の人間関係ばかりに偏りがちですから、自分と違う専門を持つ友人は、違う視点から意見をくれる大切な存在になります。2つめは、教員が多くサポートが厚いこと。私も学生時代に相談や質問で何かと先生にお世話になりましたが、その頃よりも教員数がうんと多く、学生さんがうらやましいです。3つめは、看護に特化している点です。看護師の資格をとるだけでもかなりの科目を覚え込まねばならず、他の資格も…となると、じっくり看護や人について考えを深めていくのは相当大変です(自分がそうでした)。看護を深めたい人には良い環境がそろっていると思います。

看護学部をめざす高校生の皆様へメッセージをお願いします!

私の専門は、こころの健康にかかわる精神看護学です。精神看護学では、精神科だけでなく、すべての診療科・人の看護に大切な視点や知識や技術を学びます。
こころは目に見えませんが、私たちは普段、見えている部分(言動、表情の変化など)やその人の背景を色々な方向から考えて、かかわって、また考えて…の繰り返しで少しずつその人のことを理解していきますね。その理解のヒントになるようなことも学びます。こうした関係を深めていくプロセスを通して看護を考え実践するので、学べば学ぶほど奥深いなぁと思う分野でもあります。みなさんとそのプロセスと奥深さをじんわり味わうのを楽しみにしています!

大学院看護学研究科をめざす皆様へメッセージをお願いします!

大学院は、知、価値、人、ネットワーク、そして自分との出会いの場だと思います。私は、大学院での研究を通して様々な援助職、依存症当事者の方々の思いや状況に触れ、病棟にいるだけでは気づけなかったであろう視点をたくさんいただきました。
最近の研究では、精神疾患当事者・家族・看護師へのインタビューから精神障害からの回復とはどういうことか検討を深めています。
精神保健医療福祉を取り巻く状況は刻々と変化しています。変わりゆく状況の中で看護をどう考えていくか、自分たちが看護と思ってしている営みは患者・利用者さんにとってどういうことなのか……など、いろいろな問題意識を俯瞰的に捉え、研究を通して発信することを大学院で一緒に研鑽していきませんか?