教員紹介

成人看護学(慢性期)分野【生涯発達看護学領域】

  • 南 裕美(ミナミ ユミ)助教
  • 名前:南 裕美(ミナミ ユミ)助教

    学位:修士(看護学)

    学歴:大阪大学大学院

    職歴:静岡県立静岡がんセンター

    主な担当科目:成人看護学Ⅱ(慢性期)、成人看護学実習(慢性期)

    研究テーマ:終末期がん患者とその家族へのケアに関する研究 、放射線療法を受ける前立腺がん患者への看護

先生への質問

武庫女の看護学部のオススメポイントは何ですか?

歴史ある武庫女の中にあって平成27年にスタートしたフレッシュな学部であることが最大の魅力だと思います。看護学部には最新の設備と、「自立心」と「行動力」を育むことを目指し熱心に教育に関わる教員がそろっています。また、様々な道を目指す他学部の学生さんとの交流や他学部の教員による講義は、あなたの視野を広げ、幅広い経験をもたらしてくれることでしょう。大学時代の経験や友人は一生ものです。是非武庫女の看護学部で、充実したキャンパスライフを送ってほしいと思います。

看護学部をめざす高校生の皆様へメッセージをお願いします!

私自身、大学受験をする際には幅広く医療関連の学部を受験した経験があります。その中で縁あって看護学部に進学しましたが、今となっては看護に出会えて本当によかったと感じています。看護は生活者を支えるという使命を持っていますが、日々の看護の場面では、看護師が何かをしたり与えたりするばかりでは決してありませんでした。看護師も、経験豊かな生活者である病を持った方と出会い、その関係の中で支えられ、癒されながら働くことができるのです。大変そう、難しそうというイメージもあるかもしれませんが、看護職を目指したい方は、是非一歩踏み出してほしいと願っています。