教員紹介

小児看護学分野【生涯発達看護学領域】

  • 植木 慎悟(ウエキ シンゴ)助教
  • 名前:植木 慎悟(ウエキ シンゴ)講師

    学位:博士(看護学)

    学歴:大阪大学医学部保健学科看護学専攻、大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻博士後期課程

    職歴:兵庫県立こども病院、中野こども病院

    主な担当科目:小児看護学Ⅰ・Ⅱ、小児看護学実習、看護統計法

    研究テーマ:急性疾患をもつ小児の親の不確かさ

    教員研究業績:PDFを開く

先生への質問

武庫女の看護学部のオススメポイントは何ですか?

新設学部ならではかもしれませんが、オープンキャンパスでも「上級生が少ないのが不安」という意見を耳にします。本大学では4月に1泊の学外研修、5月に体育祭があります。体育祭は上級生と共に作り上げていくプログラムもあるので、その入学早々の時期に同級生同士の横のつながりや上級生との縦のつながりができることはこの先の大学生生活を豊かにする経験になります。そして、各学年に経験豊富な担任がおり、授業やプライベートで困ったことも親身に相談にのってくれる体制が整っているので、ここには楽しい大学生生活が待っています。

看護学部をめざす高校生の皆様へメッセージをお願いします!

ずっと看護師になるのが夢だった人、ただ「看護」に興味がある人、そもそも看護師ってどんなことをするのかわからないという人など、いろいろな思いを持っているかと思います。高校生の時点でこの先の職業を決めることは難しいと思いますが、我々教員もこういった様々な思いや不安な気持ちを抱きつつ看護の門を開いた経験を持っています。そして、その経験の中から、看護の魅力を存分に伝えられる自信を持っています。この武庫川女子大学看護学部で看護の魅力を学んでみませんか。

大学院看護学研究科をめざす皆様へメッセージをお願いします!

当大学院にいる院生の方々は皆、臨床現場における疑問を研究的視点で解決したいという動機で入学されています。看護を看護学という学問で論理的に見ていく思考力を、ぜひ当大学院で学びましょう。