カリキュラム

知識欲が満足するカリキュラム

学んだ「知識」を医療現場で「行動」につなげることができるよう、看護師の育成に特化したカリキュラムを設定し、各学年で学びを積み上げていきます。

看護学部の4年間

「知識」を「行動」に変える実践能力を育成する多様な授業と充実した環境

看護師はこれまでの経験や直感ではなく、科学的な根拠に基づいたケアを提供する能力が求められています。そこで、学生自身が看護技術に対する疑問に対して、自ら解決方法を考え、実験し、答えを導き出す「EBN演習」を行っています。また、実習に行く前の段階から、シミュレーション教材や電子教材を用いた演習を取り入れ、実践能力を育成しています。このような授業や演習を通して、学生は科学的に思考する力や主体的に学習する力を身に付けていきます。看護学部には、より実践に即した演習を行うための充実した環境が整っています。

看護師国家試験合格に向け、1年次から徹底的に支援します。

看護師国家試験の出題形式に慣れ、自分の実力を把握するため、模擬試験を実施。試験後には弱点克服に向けた解説講座を行います。また、Google Classroomを利用して過去問題を毎月出題。上級学年には定期的に教員と面談し、学習スケジュールの確認や勉強法の相談を行います。

看護師国家試験合格への取り組みはムコジョ看護ブログ でも紹介しています。ぜひご覧ください。

学生インタビュー

1 年生(取材当時)
1年生(取材当時)
看護師としての根本を学び、仕事への理解を深めています。

看護や疾病治療の概論の勉強を通じて、看護師の基礎を築いています。難しいことも多いですが、先生が丁寧に教えてくださり、クラスメートと助け合いながら学べるので理解が深まります。2年時から始まる臨地実習や将来に備えてさらに成長したいです。

私のおすすめ授業「看護学概論」
私のおすすめ授業「看護学概論」

看護の歴史や理論などについて学びます。特に関心を持った内容はナイチンゲールが一世紀も前に唱えた空気や光などにも注意を払う環境整備の重要性です。また、患者さんを精神的にも支える看護師の心得も身に付いたと思います。

2 年生(取材当時)
2年生(取材当時)
より専門的になる学びに主体的に取り組んでいます。

2年次になると一気に科目数が増え、学びの内容も深まるため、予習をするなどより主体的に学習に取り組むようになりました。また、患者さんに対して実際の援助を行う実習もあるので、授業で学んだことを見返して定着させるようにしています。

私のおすすめ授業「小児看護学Ⅱ」
私のおすすめ授業「小児看護学Ⅱ」

事例の子どもに合わせた看護をグループで討論したり、絵本の読み聞かせ、病院の中で遊べるおもちゃの制作など、さまざまなことを学ぶことができました。

3 年生(取材当時)
3年生(取材当時)
看護の技術をより専門的に実践的に高めています。

3年次になると分野別教科の専門性が一段と高く、演習はより実践的になってきます。看護師に近づいていると感じる一方、課題も多く、自習だけでなく、演習のグループメンバーと取り組み方などについて密に話し合い、解決や将来につなげています。

私のおすすめ授業「アメリカ研修」
私のおすすめ授業「アメリカ研修」

武庫川女子大学アメリカ分校で異文化や英語、現地の看護大学や病院で看護について学びました。アメリカの学生が習得する高度な内容に驚きましたが、患者さんとの接し方は日本と変わらず、コミュニケーションの大切さも再認識しました。

4 年生(取材当時)
4年生(取材当時)
責任感や意識がさらに向上。将来の道も決定しました。

4年次は臨地実習、国家試験対策、就職活動と忙しいですが、看護師になる実感や仕事への責任感が一段と増し、取り組み方も変わったと思います。もちろん、先生も手厚く指導くださり、急性期医療という卒業後に進む方向も明確に決めることができました。

私のおすすめ授業「卒業演習」
私のおすすめ授業「卒業演習」

臨地実習で在宅看護の難しさや緊張感を経験したことから在宅看護学分野を選びました。相手によって異なる疾患の理解・対処だけでなく、訪問時のマナーの重要性など、看護学生としての携わり方の概念を構築できたと思います。