武庫川女子大学
img img
文字のサイズ
研究開発支援課では、科学研究費補助金をはじめとする学外の研究助成金の申請支援、知的財産活用のための特許などの権利化、産学官連携事業への支援などを担当しています。

発明と特許について

(1)発明の届出と特許出願

1 本学教員(研究者)が職務発明(研究成果)を創造したときは、「発明等届出書」を法人理事長宛て(研究開発支援課)に提出。

2 理事長は学部長の推薦を得て発明等審査委員会を開催しその報告に基づき当該発明について特許出願をするか否かの最終決定を行う。

3 本学教員(研究者)は、研究開発支援課の指示により「特許権等譲渡書」を提出する。

※特許出願前に学会や論文で発表している場合(予定を含む)は、研究開発支援課へなるべく早くご相談ください。発表の形態・時期によっては、特許出願できなくなる可能性があります。学生の論文発表等に発明内容が含まれる場合も同様です。

各申し込みの様式はこちらから

Word発明等届出書(様式)
Word特許権等譲渡書(様式) 

(2)共同出願の場合

1 共同発明(発明者が複数人)の場合には、発明者全員で予め発明の寄与率について合意を得たうえで、代表者が発明届を提出する。
※持ち分を本学教員に譲渡するかを含め協議のこと。

2 本学教員(研究者)は学外の共同発明者に対し、それぞれが属する所属機関の規定に従って手続きを行うよう求める。

3 特許出願は、本学と共同発明者の属する機関と協議のうえ特許出願を行う。

※ 受託研究の成果にもとづく発明等の場合は、受託研究契約に応じて別途手続きを行うことがあります。

その他

pdf発明等取扱規程

▲ページトップへ