武庫川女子大学
img img
文字のサイズ

大学院紹介

看護学研究科 看護学専攻

menu 専攻紹介 授業科目 専攻オリジナルサイトへ
修士課程博士後期課程

※は、社会人特別選抜入試を実施しています。

看護学研究科の修士課程では理論と実践に焦点を当てた教育と研究を行い、経験知を理論知に進化させることができる高度な専門性を培います。つまり、看護の場で生じている課題や問題意識を論理的に捉え、研究を通して追究し、研究結果を看護実践で生かすことのできる人材の育成を目指しています。博士後期課程ではさらに理論知に裏付けられた経験知から新たな理論知を創生し発信できる力と看護職としてのアイデンティティーを基盤に看護実践の場で教育研究能力を発揮できる人材を育成します。
看護職として働く社会人の方は、学びを自身の看護実践に還元するというプロセスを体験することができ、修了後もそのプロセスをたどることで看護実践の質向上に生かすことができます。
看護学専攻修士課程には、看護学研究コースと看護学研究保健師コースがあります。看護学研究コースは専ら夜間とし、夜間および土曜日開講で、看護学研究保健師コースは昼夜および土曜日開講です。看護学専攻博士後期課程は専ら夜間および土曜日開講です。

履修コース

看護学研究コース

主として現職看護職者を対象に、臨床現場との共同研究により、臨床で求められるリーダーの役割が担える看護職者や臨床との積極的な連携が行える教育・研究者としての基盤を育成します。

看護学研究保健師コース

看護学研究コースの目的に加えて、公衆衛生看護学の専門性を高め、住民の健康の保持増進を実現していく実践力および保健行政への参画力を兼ね備えた、質の高い保健師を育成します。(保健師国家試験の受験資格を得ることができます)

研究内容

○生涯発達看護学領域

主として生涯発達の視点で対象および家族を理解し、現代社会において、様々な発達段階にある対象への看護上の課題に取り組む看護学領域が含まれ、次の4分野にわかれています。

[成人慢性看護学分野]、[成人急性看護学分野]、[小児看護学分野]、[母性看護学分野]

○広域実践看護学領域

主として制度・施策と看護との関係について理解し、現代社会において、様々な健康状態にある対象への看護上の課題に取り組む看護学領域が含まれ、次の5分野にわかれています。

[基礎看護学分野]、[老年看護学分野]、[精神看護学分野]、[在宅看護学分野]、[公衆衛生看護学分野]

▲ページトップへ