武庫川女子大学
img img
文字のサイズ

大学院紹介

大学院 健康・スポーツ科学専攻

menu 専攻紹介 授業科目 専攻オリジナルサイトへ
修士課程

※は、社会人特別選抜入試を実施しています。

健康・スポーツ教育学分野、健康・体力科学分野、スポーツトレーニング科学分野およびリハビリテーション科学分野に関する、より深化した教育と研究を行います。人々の「生活の質」を向上させるために必要な高度の専門性を有し、併せて豊かな人間性と協調性を兼ね備えた地域社会に貢献できる職業人や、社会において指導的役割を担う人材を養成することを目的としています。

主な研究分野

 「健康・体力科学分野」「スポーツトレーニング科学分野」「リハビリテーション科学分野」

主な開講科目の概要

〔課題研究T〕

担当者:伊東 太郎、田中 繁宏、中村 哲士、松尾 善美、山添 光芳、脇谷 滋之、渡邊 完児、田中新治郎、中西  匠、坂井 和明、松本 裕史、田中 美吏

 健康・スポーツ科学に関する修士論文作成に関わる中心的な科目であり、指導教員の研究指導を受けて、課題研究(指導教員と課題研究は下記に記載)の解決に向けた研究を行います。1年次に配当された課題研究Tは、修士論文作成のための研鑽期と位置づけ、学生に研究課題を与え、実験計画の立案、実験の実施、データ解析、考察、プレゼンテーションなど修士論文を作成する過程を指導し、課題研究Uにつなげます。

〔課題研究U〕

担当者:伊東 太郎、田中 繁宏、中村 哲士、松尾 善美、山添 光芳、脇谷 滋之、渡邊 完児、田中新治郎、中西  匠、坂井 和明、松本 裕史、田中 美吏

 課題研究Uでは、課題研究Tで得られた課題研究の基礎的成績を検証するとともに、さらに発展させる実験を展開して修士論文作成の指導を行います。

〔研究倫理〕

担当者:松尾 善美、山添 光芳、渡邊 完児

 近年、科学技術の向上が私たちの豊かな生活に貢献しています。これは、様々な分野における科学者の地道な研究成果によるものであり、これからも科学研究のさらなる発展が不可欠です。このようななか、一部の研究者によって健全な研究を覆すような事例が発生していることも事実です。この科目では、科学の健全な発展のために身につけなければならない科学者として必要な考えや態度について学びます。また、e-learningを取り入れた学習も行います。

〔健康科学総論〕

担当者:田中 繁宏、松尾 善美、渡邊 完児

 健康科学総論では、予防医学としての一次予防から三次予防について、医学、健康・スポーツ科学およびリハビリテーション科学の各領域による最新の理論と実践について学びます。

〔スポーツ科学総論〕

担当者:伊東 太郎、田中 繁宏、渡邊 完児

 スポーツにおけるパフォーマンスの向上に関する最新のスポーツ科学の知見を理解し、スポーツ科学の全体像を俯瞰した上で、指導現場における問題意識と課題を解決するために必要な具体的な取り組みについて学びます。本総論では、スポーツにおけるパフォーマンスの向上について、バイオメカニクス的、生理的、心理的および栄養面からそれぞれの科学的なアプローチの方法について学修します。

〔スポーツ・リハビリテーション科学研究法〕

担当者:松尾 善美、渡邊 完児

 大学院では専門的な知識と技術を学び、修士論文を作成することが主な目的です。修士論文の作成においては、「研究のプロセス」、つまり論文を仕上げるまでに取り組むべき課題をあらかじめ理解しておかなければなりません。次に「実験・調査データの分析・整理をする能力」が求められます。すなわち統計処理能力と伝達能力です。さらに研究には、調査研究をはじめ実験的、質的研究など多くの「研究法」があり、それぞれの特徴を理解することで研究の幅が広がります。本授業では、「研究のプロセス」、「統計手法」および「研究法」について解説し、修士論文を作成するための基礎的知識を学ぶことを目的とします。

〔身体運動評価学実習〕

担当者:伊東 太郎、小柳 好生、田中 美吏

 スポーツ健康科学と理学療法学の立場から、@スポーツ競技者のトレーニングと外傷・障害予防の実際、A予防医学としての一次・二次予防における身体活動指導の実際、B三次予防としてのリハビリテーションの実際、についてそれぞれの実践を通じてスポーツや医療現場での身体運動の実践方法と評価法などの取り組みについての理解を深めます。

〔スポーツ生理学特論〕

担当者:渡邊 完児

 生理学的な原理をスポーツや身体運動へ応用することは、保健体育教師、コーチ、健康運動指導士、スポーツ競技者や学校における教育などにとって必要な取り組みになってきています。スポーツ生理学特論では、神経・筋系の生理機能とトレーニング適応、呼吸・循環器系応答の仕組みと運動の効果、栄養とエネルギー代謝、身体組成に及ぼす運動の効果などについて解説し、安全で効果的なスポーツ、身体活動についての専門的知識を養います。

〔健康運動学特論〕

担当者:田中 繁宏

 今日、各年齢層で生活習慣病予防のため、さらに自立した高齢者を目指して運動の継続が勧められています。逆に疾患群においても病気を悪化させない努力も重要です。これらのために個々人の適度な運動量(運動強度、運動持続時間、運動頻度)を決定するのは重要なことです。過度な運動は障害をもたらす可能性があり、逆に運動強度が低すぎても効果が期待できない可能性があります。これら適度な運動の指標を知るためには、無酸素性・有酸素性運動能力、心・肺機能、酸素運搬能力などが知られています。これらを学ばなければならない理由と測定法、評価法を講義します。

〔健康体力学特論〕

担当者:渡邊 完児

 生活習慣病やメタボリックシンドロームなどの今日的な健康問題は、肥満者のみならず、痩せや小児に対しても重視されるようになってきています。したがって、健康スポーツ科学や理学療法学を専攻している学生は、これらの対象者に対応できる専門的知識と実践力を養わなければなりません。本特論では、エネルギー出納バランスを重視した最近の身体運動に関する考え方や身体運動の効果判定として必須である種々の身体組成の測定原理と評価などについて解説し、健康の中核である体力の維持増進に関する専門的知識を養います。講義では、それぞれのテーマについて課題を与え、教員と学生、あるいは学生同士のディスカッションを行い、双方向・学生参加型授業を重視した内容で展開します。

〔健康行動学特論〕

担当者:松本 裕史

 近年、ヒトの健康に関わる行為を「行動」と見なし、その行動を変容させたり、維持させるための健康行動変容が注目されています。本講義では、スポーツ・運動・身体活動およびストレス・マネジメントなどの健康行動の採択、継続、および逆戻り予防に関する研究を中心に講義を行います。

〔運動制御学特論〕

担当者:伊東 太郎

 ヒトは二足直立姿勢という平衡的に不安定な状況下で、ダイナミックな基本運動(歩、走、投、跳、打など)の遂行が可能ですが、その成立には主動筋だけでなく運動遂行中の重心動揺を抑える姿勢筋の活動を支える、神経制御システムについても考慮しなければなりません。このような複雑な随意運動の制御機構について専門的知識を学修し理解することは、スポーツ健康科学や理学療法学を専攻している学生にとってきわめて重要であるといえます。本特論では、ヒトの神経系・運動器・感覚器のそれぞれの構造と機能、およびそれらの相互関係の理解に立脚して、随意運動の制御機構を科学的に講述することを目的とします。また、加齢あるいは疲労に伴う神経−感覚−筋機能の低下の機序を精査し、生活環境面からの老化遅延策あるいは疲労回避策について、互いにディスカッションし合う院生参加型授業も積極的に取り入れていきます。

〔スポーツ傷害学特論〕

担当者:脇谷 滋之

 本来、健康や楽しみのために行われるべきスポーツ活動の中で将来に著しい障害を遺すスポーツ傷害を受傷する事例が多数起っています。これらが成長発達途上の子どもたちに多く起こっている事は大きな問題です。スポーツ・健康科学を専攻する者は、これらに対応できる専門的知識と実践力を養わなければなりません。本特論では、解剖学をはじめとする医学的な視点を重視した最近のスポーツ傷害に関する考え方やその予防法の効果判定として必須である傷害診断、体力や身体組成の測定等に関する原理と実際について解説し、スポーツ傷害に関する専門的知識を養います。さらに、それぞれに関係する課題を与え、教員と学生、あるいは学生同士のディスカッションを行い、双方向・学生参加型授業を重視した内容で展開します。

〔レジャー・レクリエーション学特論〕

担当者:中村 哲士

 レジャー、レクリエーション、スポーツ、遊びの関係を構造的に理解し、現代社会において要請度の高いフィジカル・レクリエーションがどのような課題を担っているのかを具体的な事例を踏まえて探究します。特に「上手く遊べない」「体を動かすことに積極的になれない」「運動が継続できない」等の人達に対するプログラムの提供、指導法、さらにはその人達を取り巻く指導者の資質や養成の在り方についても理解を深めます。院生の問題意識に対応する講義を行い、それを踏まえて対話と討議を行いつつ、課題に有益と思われる文献や資料を随時紹介しながら論議を深めて行きます。領域は、狭義のレジャー・レクリエーションにとどまることなく、スポーツ社会学、生涯スポーツ、野外活動、自然体験活動等の関連分野も含まれます。

〔スポーツ心理学特論〕

担当者:田中 美吏

 スポーツ選手の競技力向上や試合における実力発揮に対する心理的な問題や課題に対し、運動の制御と学習およびメンタルトレーニング分野の学術的知見をベースに理解を深めます。また、スポーツのみならず、日常生活におけるエクササイズ、リハビリテーション、音楽、仕事において必要とされるスキルなど、身体動作を伴う様々な状況における心と体の関係の話題も含まれます。

〔保健体育科教育学特論〕

担当者:田中新治郎

 保健体育科は心身の成長・発達と身体能力(技能と体力)の形成とともに、生涯にわたって豊かなスポーツライフを継続する資質を形成する役割を担っています。保健体育科教育学特論では、保健体育科教員が身につけておかねばならない教職的基礎や教科内容的な基礎を身につけます。

〔スポーツ教育学特論〕

担当者:中西  匠

 スポーツのもつ教育的価値に着目し、その教育可能性に基づいてスポーツの主体者形成のありようについて検討します。「スポーツ教育」の概念は、体育授業のみならず、運動部活動やスポーツ大会を含めた課外スポーツ、さらには学校外で行われる競技スポーツや地域スポーツをその内容として包含する文化としてのスポーツを継承・発展させることと、自らのスポーツ観を確立することを統一的に達成するための実践課題を、具体的な事例や受講生の経験などを交流しながら検討します。

〔スポーツコーチング特論〕

担当者:坂井 和明

 スポーツのコーチングを適切に推進するための目標・課題の設定法を学び、課題解決手段や計画立案法および効果的なコーチング実践法を理解し、目標に対して成果を獲得するための知識を身に付けます。本特論では、指導教員と受講生による双方向のディスカッションを通して、コーチングに要求されるコーチングの原点、コーチングプロセス、コーチングの計画立案法、効果的なコーチング実践法に関する専門的知識および理論の理解を深めます。

〔スポーツトレーニング科学特論〕

担当者:小柳 好生

 トレーニング科学における最近の論文を抄読し、規則的で持続的な身体運動負荷によって起こる身体の形態的・機能的変化や傷害およびスポーツ競技力向上のためのトレーニング方法の理解を深め、競技力向上や健康体力づくりの指導現場で活かす方法について考えます。同時に、この領域の研究デザインや研究結果の解釈について深く考察し、研究の質を見抜き、目的に応じた洗練された研究計画を立案する能力を養います。

〔運動機能障害学特論〕

担当者:松尾 善美

 運動機能障害に関して、基礎的事項からup-to-dateな最近の進歩までを理解し、その評価と介入について探求します。それらを基盤にして、基礎的研究から臨床的応用へと幅広い研究に対応できるような知識を得ることを目標とします。特に、パーキンソン病などの中枢性運動機能障害および心血管系疾患や呼吸器疾患を含む内部障害による運動機能の喪失について詳細な講義を行い、運動機能障害に対する理解を深めます。

〔分子機能回復学特論〕

担当者:山添 光芳

 スポーツと理学療法学の視点から、人体の運動機能またそれを制御している筋肉と神経機能に関する高度な研究能力を養います。特にこの科目では、細胞生物学や分子生物学のレベルから、運動機能や神経機能を理解するための基礎知識を学習します。

主な研究テーマ

〔伊東 太郎〕

  1. スポーツ動作の筋電図的研究(1)―運動中の疲労緩衝策を探る―
  2. スポーツ動作の筋電図的研究(2)―種々のスポーツ競技の様々なスキルレベルを分析しトップスキルを導く―
  3. コオーディネーショントレーニングの開発
  4. 長期アスリート育成システムの最適化
  5. 陸上競技跳躍選手のトレーニングプランの最適化(最重要試合調整方法UWVの検討)

〔田中 繁宏〕

  1. 若年女性における運動能力の評価に関する研究
  2. 若年女性の体組成に関する研究
  3. アスリートからフィットネスクラブなどでのメディカルチェックについての研究

〔田中新治郎〕

  1. 教育計画としておよび、学びの履歴としての保健体育科のカリキュラムづくり研究
  2. 文化としてのスポーツの教育内容づくり研究
  3. 運動技術指導の系統性研究
  4. 科学的認識に根ざした健康教育、保健領域の研究
  5. 学びの組織化、コミュニケーション過程と集団学習の研究

〔田中 美吏〕

  1. 心理的プレッシャー下における運動制御機能(知覚、中枢神経活動、自律神経活動、筋活動、キネマティクス、姿勢制御、パフォーマンス結果)を解明する実験研究
  2. 「あがり」や「スランプ」の現象理解および対処法に関する調査研究
  3. アスリートの競技力向上に対するメンタルサポートの実践研究
  4. tDCS(経頭蓋直流電気刺激)による大脳皮質の興奮性調節が運動機能に及ぼす影響を調べる実験研究

〔中西  匠〕

  1. 運動会・体育祭の教育価値―体育祭が「自治」を生み出すしくみ―
  2. 教科外体育の教育課題―総合的な実践の場として組織・運営能力の育成―
  3. スポーツの主体者形成論の今日的課題―クラブ論を中心に―
  4. 部活は地域で担うことができるか―当事者(子ども)の実態から―
  5. 陸上運動の指導方法に関する研究

〔中村 哲士〕

  1. レジャー・レクリエーションの認識と生活化に関する研究
  2. 地域・職域に貢献するレクリエーション・リーダーに関する研究
  3. ニュースポーツの類型と効力に関する研究
  4. 野外教育の効果と指導者に関する研究
  5. レジャー・レクリエーション関連指導者養成課程に関する研究

〔坂井 和明〕

  1. 球技スポーツにおける戦術を効果的に遂行するための実践知に関する研究
  2. 課題解決型思考の手順に沿った効果的なスポーツコーチング方法
  3. 球技スポーツの専門的持久力に関する研究

〔松本 裕史〕

  1. 運動・身体活動の参加,継続に関する心理・行動科学的研究
  2. 自己決定理論を応用した健康心理学的研究
  3. 階段利用の促進に関する行動科学的研究
  4. 運動行動の動機づけに関する実証的研究
  5. 若年女性の身体活動に関する質的研究

〔松尾 善美〕

  1. 心大血管疾患リハビリテーションに関する研究
  2. 腎臓リハビリテーションに関する研究
  3. 呼吸障害の評価と治療に関する研究(嚥下機能も含む)
  4. 虚弱高齢者に対する運動療法・その他の治療手段の開発
  5. 神経難病患者に対する運動療法・その他の補完手段の開発

〔山添 光芳〕

  1. 特定の遺伝子を破壊したヒト培養細胞の作製
  2. iPS細胞を利用したヒト疾患モデル細胞の研究
  3. 低出力パルス超音波(LIPUS:Low-intensity pulsed ultrasound)の細胞増殖や分化に及ぼす影響

〔脇谷 滋之〕

  1. 関節軟骨再生
    ・細胞移植による再生の臨床応用
    ・成長因子(骨形成蛋白など)による再生
    ・各種担体の開発
    ・関節鏡手術による再生の技術開発
  2. 自動培養装置の開発
  3. 関節軟骨の評価方法の開発
    ・超音波による硬度測定
    ・血清ケラタン硫酸値
  4. 骨軟骨代謝の研究
    ・関節組織に対する糖鎖の研究
    ・関節軟骨に対する性ホルモンの影響

〔渡邊 完児〕

  1. 身体分節体積の計測精度に関する研究
  2. 簡便な身体組成評価法の開発
  3. ウェイトトレーニングと有酸素運動の組み合わせの違いが糖質および脂質酸化量に及ぼす影響
  4. スポーツ競技選手の栄養管理の実態調査
  5. 高齢者における四肢筋量と体力の関連
  6. 女性の月経と運動に関する研究

〔小柳 好生〕

  1. 動的バランス能力評価法の検討
  2. スポーツムーブメントの測定・評価に関する研究
  3. トップアスリートのコンディション評価に関する研究
  4. スポーツ外傷・障害に関する疫学調査
  5. 下肢キネマティクスとスポーツ障害の関連について
  6. 加速度トレーニングの効果に関する研究

▲ページトップへ