図書館司書課程のお知らせ

2019.8.8

2019年度前期「図書館サービス特論」が終了しました

 選択必修科目「図書館サービス特論」(担当・川崎安子先生)は、図書館業務の実務実習を3日間の集中講義形式(全15コマ)で行うもので、本学附属図書館を実習の場としています。
 2019年度前期は、8月5日(月)・6日(火)・7日(水)に開講し、4名の受講生が図書館業務を体験しました。

<1日目(8月5日)>
 ・カウンター業務

 ・資料の補修

 ・目録、装備

 ・配架、配列直し

 ・「MWU電子図書館」特集テーマ準備

<2日目(8月6日)>

 ・レファレンスサービス

 ・「MWU電子図書館」特集テーマ仕上げ 、ブックリストの作成

 ・集会活動の準備

 

2日目は前日から準備した「MWU電子図書館」の電子書籍を使った特集を仕上げ、各自が設定したテーマの趣旨と作成したブックリストのポイントについて発表しました。

  
  1「秋からはじめる○○」
  2「食欲の秋」
  3「お手軽ダイエット」
  4「幸せを見つけよう」
 
  
 
 この特集は、9月以降に順次「MWU電子図書館」内の特集コーナーにアップする予定です。中央図書館1階の「電子書籍の森」コーナーには実習で作成したブックリストも並びます。

 

<3日目(8月7日)>

 ・集会活動の実際「絵本読み聞かせ会:セラピードッグと一緒に」
 ・書架移動

 ・全体まとめ

 

 最終日にはセラピードッグに絵本を読み聞かせる「R.E.A.D.プログラム」(NPO法人日本レスキュー協会・武庫川女子大学附属図書館共催)を開催し、集会活動の現場業務も体験しました。