武庫川女子大学 音楽学部

武庫川女子大学 音楽学部

各種演奏会・講演会 | 武庫川女子大学 音楽学部

各種演奏会・講演会

第46回 武庫川女子大学 音楽学部 定期演奏会 | 各種演奏会・講演会 | 武庫川女子大学 音楽学部

 

バックナンバー

 

第46回 武庫川女子大学 音楽学部 定期演奏会リポート

 

12月14日(土)この冬一番の寒さを迎えた1日で、肌にあたる風がとても冷たく感じる日となりました。開場前からたくさんの方にお越し頂き落ち着いた雰囲気での開演となりました。

最初に、メンデルスゾーン作曲 交響曲第3番イ短調「スコットランド」Op.56 を演奏。

メンデルスゾーンの旋律の美しさ、詩的な幻想の豊かさがこの曲の大きな魅力となっており、 本学非常勤講師の髙谷光信先生の指揮で、武庫川女子大学音楽学部オーケストラとエウフォニカ管弦楽団で演奏しました。続いて4人の独唱者、混声四部合唱と管弦楽の演奏で、ロッシーニ作曲「スターバト・マーテル」を演奏。混声四部合唱は、約200名の声が重なり合って迫力のある演奏となりました。この曲は、楽章ごとに独唱、合唱、レチタティーヴォ、無伴奏合唱等、編成に変化を施し特徴づけることで長い曲にも関わらず飽きることのない作品になっており、出演学生たちは、この舞台にむけて、4月から練習を重ねてきました。

たくさんの観客の皆様に見守られて、第46回の定期演奏会は大盛況の中、幕を閉じることができました。

 

 

第46回 武庫川女子大学 音楽学部 定期演奏会

 

武庫川女子大学 音楽学部