武庫川女子大学 音楽学部

武庫川女子大学 音楽学部

カリキュラム | 武庫川女子大学 音楽学部

カリキュラム

 

演奏学科

基礎教育科目 専門教育科目
1年次

初期演習

英語

Oral Communication

情報リテラシーⅠ

情報リテラシーⅡ

主専実技Ⅰ

副専声楽実技Ⅰ

副専ピアノ実技Ⅰ

ソルフェージュⅠ

和声法

音楽史Ⅰ

合唱Ⅰ

学内演奏Ⅰ

イタリア語表現演習

合奏Ⅰ

2年次

2年次演習

TOEIC認定英語I〜IV

1〜4年次において、学科が指定するTOEICの基準に到達すれば、その程度に応じて基礎教育科目の単位として認定されます(2〜8単位)。

主専実技Ⅱ

副専声楽実技Ⅱ

副専ピアノ実技Ⅱ

ソルフェージュⅡ

指揮法Ⅰ

指揮法Ⅱ

即興演奏

旋律と和声

教育伴奏法

音楽史Ⅱ

合唱Ⅱ

学内演奏Ⅱ

副科器楽

声楽演奏研究

協奏曲Ⅰ

合奏Ⅱ

3年次  

主専実技Ⅲ

副専声楽実技Ⅲ

副専ピアノ実技Ⅲ

楽曲研究

電子楽器

合唱Ⅲ

学内演奏Ⅲ

器楽合奏

邦楽

声楽演奏研究Ⅱ

演技演習

協奏曲Ⅱ

チェンバロ

重奏演習

合奏Ⅲ

4年次  

主専実技Ⅳ

卒業演奏

副専ピアノ実技Ⅳ

作家作品研究Ⅰ

作家作品研究Ⅱ

作・編曲法

声楽演奏研究Ⅲ

オペラ

合唱指導法

伴奏法

ピアノアンサンブル

ピアノ指導法

合奏指導法

合奏Ⅳ

※カリキュラムは2017年4月入学の学生のものです。

 

応用音楽学科

基礎教育科目 専門教育科目
1年次

初期演習

英語

Oral Communication

情報リテラシーⅠ

情報リテラシーⅡ

ピアノ実技Ⅰ

声楽実技Ⅰ

ソルフェージュⅠ

和声法

音楽史Ⅰ

合唱Ⅰ

学内演奏Ⅰ

イタリア語表現演習

音楽療法論Ⅰ

音楽療法論Ⅱ

発達心理学

音楽療法実習Ⅰ

音楽社会学概論

環境と音楽

2年次

2年次演習

応用英語Ⅰ

TOEIC認定英語I〜IV

1〜4年次において、学科が指定するTOEICの基準に到達すれば、その程度に応じて基礎教育科目の単位として認定されます(2〜8単位)。

ピアノ実技Ⅱ

声楽実技Ⅱ

ソルフェージュⅡ

指導法Ⅰ

指導法Ⅱ

即興演奏

旋律と和声

教育伴奏法

実用楽器入門

音楽史Ⅱ

合唱Ⅱ

学内演奏Ⅱ

音楽心理学

臨床心理学Ⅰ

介護論

ダンスと動き

音楽療法実習Ⅱ

音楽とマルチメディア

3年次 応用英語Ⅱ

ピアノ実技Ⅲ

合唱Ⅲ

学内演奏Ⅲ

歌唱・合唱指導法

器楽合奏

演習

臨床心理学Ⅱ

社会福祉論

障害児教育

レパートリーラーニング

医学概論

音楽療法各論Ⅰ

臨床医学各論Ⅰ

臨床医学各論Ⅱ

音楽療法演習

音楽療法実習Ⅲ

音楽療法研究法

生涯学習関係論Ⅰ

生涯学習関係論Ⅱ

音楽文化事業企画演習

4年次  

ピアノ実技Ⅳ

作・編曲法

楽器・合奏指導法

邦楽

卒業論文

音楽療法各論Ⅱ

音楽療法各論Ⅲ

音楽療法実習Ⅳ

音楽療法総論

音楽教育学研究

表現技術演習

音楽文化創造学

音楽活用実習

※カリキュラムは2017年4月入学の学生のものです。

▲トップに戻る

カリキュラム(演奏学科)

初期演習 本学では全学科でクラス担任制が導入されている。学科、クラスの実情に即し、それぞれの学生に応じた科目選択や、実技指導の受け方、学習・学生生活に関する必要な事柄の指導など、学生の個々を把握しながらその学生に必要なことを見極め、幅広い指導をクラス担任が担当し進める。
2年次演習 音楽人として身につけておくべき事項を、ソルフェージュや楽典の基礎の復習も兼ねながら主体的・能動的に学習する。また、様々な作曲家の作品や人となり、人生についてグループごとに研究し、発表する。グループワークをすることにより協働力を養う。
英語A 大学以前に学んできた英語の基礎をもう一度見直しながら、会話力や読解・文章力の基礎能力を高め、英語圏の中心となるアメリカの文化、歴史などの背景にも目をむけながら、教材を通して語学能力の向上を目指す。
英語B 「英語A」の上級に位置し、英語の基礎学力を固めた上で簡単な論文や原書講読の読解能力、あるいは日常会話のできるレベルに達することを目標とする。文章の構成や文学作品と論文の表現などの相違点などを念頭に理解を深め、会話や文章の応用力を高める。
Oral Communication 「英文法はある程度わかっていても、いざとなると英語が話せない」という人は多い。本授業では、英語でコミュニケーションを図る際のフォーマットを確認し、実際に「使う」ことを経験しながら、コミュニケーション能力を養う。
情報リテラシーⅠ コンピュータを利用する基本的な知識、技術を身につけ、情報理論などを含めた情報利用の留意点についての理解を深める。WindowsのOSを基礎環境とするワープロ、表計算、プレゼンテーションなどのソフトウェアを活用する技能を学び、簡単な文書作成やデータ処理などを目標として、実習により課題に取り組む。
情報リテラシーⅡ 「情報リテラシーⅠ」で学んだ技術をもとに、文書、グラフ、データベースなどより高度な内容を学び、コンピュータの活用能力を高める。

主専実技ⅠA

主専実技ⅠB

専修となる実技。演奏に取り組むための基礎固めを行い、専門家を目指す自覚の下で、音楽に対する新しい方向性を見出すことを目的とする。学習の形態は個人レッスンである。

主専実技ⅡA

主専実技ⅡB

「主専実技Ⅰ」において基礎固めを行った後の段階から上のステップへ繋げる高度な技術修得を目的とする。学習の形態は個人レッスンである。

主専実技ⅢA

主専実技ⅢB

「主専実技Ⅲ」では、さらに上のステップへ繋げる高度な技術取得を目的とする。新たな分野、時代の作品に取り組み、音楽に携わるものとしての能力と分野を見極めることを目指す。学習の形態は個人レッスンである。
主専実技Ⅳ 「主専実技Ⅰ〜Ⅲ」で習得した演奏技術や音楽性などこれまでに学んだことを土台に自分自身で音楽を考え、演奏に取り組むことのできる総合的な音楽能力を身に付けるための学習をする。一般に知られた作品ばかりでなく、現代作品なども取り入れ、深い音楽性と説得力のある演奏家を目指す。学習の形態は個人レッスンである。
卒業演奏 「主専実技Ⅰ〜Ⅳ」の最終段階であり、4年間培ってきた専門実技の集大成となる実技科目である。卒業演奏(会)に向かって音楽性を高めるための練習スケジュールをたて、そのスケジュールに従って教員の指導と自己研鑽によって演奏技術、音楽性を高め習得していく。

副専声楽実技ⅠA

副専声楽実技ⅠB

声楽の演奏技術は音楽を学び、それを生かすために欠かせない。ここでは声楽以外を主専実技とする者に必要な声楽の演奏能力を養成する。学習の形態は個人レッスンである。

副専声楽実技ⅡA

副専声楽実技ⅡB

「副専声楽実技Ⅰ」で培った声楽演奏の基礎能力をさらに高めるために個人の能力に応じて課題を選定する。コンコーネ50番などの練習曲とともに、歌唱力を必要とするイタリア歌曲や日本歌曲を教材として個々の技量に応じた選曲によって基礎的な演奏技術とともに、音楽性を備えた能力を養成する。学習の形態は個人レッスンである。

副専声楽実技ⅢA

副専声楽実技ⅢB

「副専声楽実技Ⅱ」で培った声楽演奏の基本をさらに高めるために、個人の能力に応じて課題を選定する。練習曲とともに、イタリア歌曲や日本歌曲のほか、ドイツ歌曲の中から基本的な歌唱能力で学べるものを取り上げ、原語の違いによるフレーズの作り方の比較、時代や民族性によって異なる音楽性、技法の相違などを体験・理解していく。学習の形態は個人レッスンである。

副専ピアノ実技ⅠA

副専ピアノ実技ⅠB

ピアノ以外を専修とするものにとって必要な演奏能力を養成する。練習曲を中心に、音階やアルペジオなど、指の運動能力を高める訓練を行い、バロック音楽の中から教材を選び、基礎を確実に固める。学習の形態は個人レッスンである。

副専ピアノ実技ⅡA

副専ピアノ実技ⅡB

「副専ピアノ実技Ⅰ」で培ったピアノ演奏の基礎能力をさらに高めるため、個人の能力に応じて課題を選定する。また、ツェルニーなどの練習曲とともに、バッハなどバロック音楽の3声のものや古典派初期のソナタなどさらに広い範囲の楽曲を選定する。フーガやソナタ形式などといった作曲技法、作品構成にも注目して、個々の技量に応じた選曲によって基礎的な演奏技術とともに、音楽性を備えた能力を養成する。学習の形態は個人レッスンである。

副専ピアノ実技ⅢA

副専ピアノ実技ⅢB

「副専ピアノ実技Ⅱ」で培ったピアノ演奏能力をさらに高めるために個人の能力に応じて課題を選定する。ツェルニーなどとともに、ハイドンやモーツァルトなどのソナタや変奏曲などさらに広い範囲の楽曲を教材として選定する。学習の形態は個人レッスンである。

副専ピアノ実技ⅣA

副専ピアノ実技ⅣB

「副専ピアノ実技Ⅲ」で培った音楽性の高いピアノの演奏能力を更に高めることを課題とし、古典派やロマン派の作曲家の作品を設定。より音楽的で高度な演奏技術を習得し、社会における音楽始動の現場で通用する確実で高度な演奏能力を養成する。学習の形態は個人レッスンである。

ソルフェージュⅠA

ソルフェージュⅠB

読譜・聴音・視唱などの能力を高めるための基礎的な練習を中心とし、リズム打ちを伴う視唱の訓練と和音感を調整するための聴音を行う。リズム感、和音感を土台に音楽性を高め、芸術的表現力の基礎を固めるための総合的能力を養成する。

ソルフェージュⅡ

「ソルフェージュⅠ」で習得した基礎能力を基に、作曲された年代によって異なる演奏表現と効果の違いを確かめ、より高度な表現能力を養成する。
和声法A 楽典学習の後、和声法とそれに関する対位法、その構築の基礎となる楽式について、西洋音楽の中核をなす古典派作曲家の作品も題材に加え、分析と実習をしながら習得する。
和声法B 和声法Aで学んだ三和音の基本形から、第1転回形、第2転回形を含め和声における三和音のすべてを学習する。
指揮法Ⅰ 基本的なバトンテクニックを理解して、いかにして楽曲の指揮をして、音楽的表現をしていくのかを追求する。
指揮法Ⅱ 「指揮法Ⅰ」で学んだことを基に、音楽を作る責任者であり監督者として全体を把握し演奏をまとめあげるため、演奏者に対する指示と、指揮的表現技術を養成する。
作家作品研究Ⅰ 西洋の声楽作品を研究対象として取り上げ、作曲家が何故そのテキストを選択し、それに音楽を付そうとしたのかを作曲家個人の精神と時代の流れを具体的な作品分析を行うことによって導き出す。
作家作品研究Ⅱ 西洋の器楽作品を研究対象として取り上げる。作品が当時どのような楽器によって創作されたのかを常に考慮しながら、現代の楽器で演奏する場合の問題点を作品を分析する中から明らかにし、演奏のための指針を示していく。

即興演奏A

即興演奏B

音楽を自在に操ることのできる能力を養成するため、初見奏法で音符別単旋律の読譜から始め、2声、3声と声部を増やしていく。また、作曲や編曲の技法など、演奏力、表現力、即応力などを兼ね備えた総合的な音楽性と応用力のある実践的技能を養成する。

作・編曲法A

作・編曲法B

スタイルの異なる声楽作品や合唱作品を題材に、その楽曲の分析と、その時代における技法を作曲者の視点に立って研究し、同じ素材・技法を使って、歌曲の旋律作り・合唱への編曲などを行う。また歌曲の作曲によって学習した技法を基礎として、簡単な器楽合奏への編曲も実習する。

旋律と和声A

旋律と和声B

「和声法」で学んだ和音構築の基礎技法のうち、三和音だけではなく、属七、属九の和音にも範囲を広げ、その和音を使った課題を実施する。また、借用和音や非和声音などの旋律動向についても学習する。実音による和声感覚を養うことを取り入れるため、4声体和音のピアノによる実施なども合わせて行う。
教育伴奏法 中学、高等学校の授業で取り上げられるような教材を用い、音楽科教師として、その音楽をよく理解し、表現するため音楽表現での伴奏の重要性を理解し、その技術を習得してそれぞれの曲にふさわしい表現ができるよう実習する。

楽曲研究A

楽曲研究B

声楽あるいは器楽作品の読譜力、理解力を高めるため、楽譜の正確な読み方を学ぶ。
また、作品の内容を的確につかむ読譜能力を高めるための書式や記譜法などの基礎的 知識を身に付けるとともに、作曲家の意図を正確に把握し、それを忠実に演奏できる演奏力を養う。
電子楽器 電子楽器の中でも最も一般的となっている電子オルガンについて、鍵盤楽器としてピアノとは異なる電子オルガン独特の使用法、技法を一般のオルガン奏法や即興技術なども含め、実社会での適応力を養成する。
音楽史Ⅰ わが国の歴史の中で、音楽は如何なるあり方をしてきたのかを、縄文時代から解説し、同時期の4代文明地域における音楽的な状況と比較して、現代に至る音楽の歴史の基礎的な認識を得られるようにする。
音楽史Ⅱ 古典から近・現代の西洋の音楽について、わが国の室町から江戸時代までの音楽を比較・対照させながら、具体的にポピュラーを含めた西洋の様々な作品、資料を基に考察する。

合唱Ⅰ

合唱Ⅱ

合唱Ⅲ

声の重なりが作る奇跡に耳を傾け、合唱の魅力を再認識し、学科・学年・専門の枠を超えて一致団結して歌うことによって、音楽の持つ一体感を体験する。学部の定期演奏会に向けてオーケストラをバックに演奏することを目標とする。

学内演奏Ⅰ

学内演奏Ⅱ

学内演奏Ⅲ

音楽を「演奏」と「鑑賞」の二つの視点から、演奏会を立体的に捉えながら経験し、音楽性を養う。
器楽合奏 アルトリコーダーの奏法およびその適切な指導が行えるよう、楽器の特性と基礎的奏法を習得する。また、多人数の受講生を対象としたクラス授業における合奏の技法と演奏技術などを習得し、指導力を養成することも併せて目標とする。
邦楽 学校教育において「和楽器の履修」が義務付けられている。ここでは邦楽を歌唱と演奏の両面から学ぶ。 歌唱においては、地歌箏曲の歌詞の理解、曲の成り立ち及び洋楽と地歌箏曲との発声法の違い等を、演奏においては、箏曲の調弦、楽譜の見方、奏法について演習を通して学ぶ。

副科器楽A

副科器楽B

専修以外の楽器演奏法や技術を習得する。ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、フルート、クラリネット、サクソフォーン、ギターの中から一つを選択し、その基礎的奏法と楽器の特性について学ぶ。
イタリア語表現演習 イタリア語を生きた言葉として理解し、文法的にも正しく話し発音できるよう学習する。イタリア語の表現力を身に付け、イタリア語独特の文法を理解し、簡単な日常会話を導入して表現力を養成する。

声楽演奏研究ⅠA

声楽演奏研究ⅠB

声楽を専修とする者が対象。「声楽演奏研究ⅠA」ではイタリア歌曲、「声楽演奏研究ⅠB」はドイツ歌曲を教材とし、年代別にそれぞれの歌曲の代表的作品について、その国特有の音楽性、民族性を学び、演奏を通して体感し、芸術性や歌唱能力を高めることを目標とする。

声楽演奏研究ⅡA

声楽演奏研究ⅡB

声楽を専修とする者が対象。「声楽演奏研究Ⅰ」と同様に作曲家の国籍などにより分野別に学習する。「声楽演奏研究ⅡA」はフランス歌曲、「声楽演奏研究ⅡB」では日本歌曲を学ぶ。

声楽演奏研究ⅢA

声楽演奏研究ⅢB

声楽を専修とする者が対象。様式による相違についての認識を深めるため、「声楽演奏研究ⅢA」はオラトリオ、「声楽演奏研究ⅢB」は声楽アンサンブルを研究する。
演技演習 声楽を学ぶものにとって重要な分野であるオペラにおいて、歌うことと同様に重要なものが演技である。肉体を動かすことによる、心身の解放、日常の事柄や感情の再現、朗読、セリフ等を通じ、自然な演技や自由な自分らしい発想による役作りができるよう音楽性と演技性の両面から学ぶ。
オペラ 声楽を学ぶものにとって極めて重要なオペラを総合的に学習する。オペラという総合芸術において必要な基礎知識、技法を「発声法、歌唱法、演技などのステージ上の技法」、「照明、音響、衣装などの裏方部分における技法」「総合的に管理するための脚本・演出など」の3部に分類し、オペラ上演に向けての準備と計画施行、声楽的なレッスンと並行して実習し、総合的に習得する。
合唱指導法 発声法やフレーズの作り方などの歌唱法の分野と、声部の中の一人ひとり、声部と声部など、全体のバランスや音量、音質に配慮する指揮の分野との総合的な知識を、経験、技量に基づく指導方法を研究し、合唱指導の能力を養成する。
協奏曲Ⅰ 協奏曲はピアノと管弦楽の合奏形態をとり、相互の楽器の特徴を発揮しながら、調和するように作られた作品にどのように取り組み表現するかを学ぶ。実技担当教員が第2ピアノで受け持つオーケストラパートとのアンサンブルの、基本から高度な技法までを段階的に学習し習得していく。おおむね古典派までの作品の中から選曲する。
協奏曲Ⅱ 「協奏曲Ⅰ」で習得した合奏技法を、さらに音楽的な演奏に高めるため古典派以降の作品も含めた数多くの作品の中から個々の能力に応じた作品を選定し、最も音楽的で完成度の高い音楽とは何かを考えながら、総合的な視野を持って演奏できる能力を養成する。
伴奏法 ピアノを専修とする者にとって、独奏では自分だけの責任において音楽を構築することができるが、伴奏、重奏においては、共に演奏する相手の音楽と自分の音楽との融合、調和をとることが重要となる。 ここでは歌曲の伴奏を教材として、声楽における旋律の取り扱い、息使い、フレーズの作り方など、ピアノとは異なった奏法とどのようにかかわるかを経験し、音楽的な演奏を追求する。
ピアノアンサンブル ピアノデュオを教材として取り上げ、個性がぶつかる中での葛藤や、矛盾を解決し、調和のある流れを形成するかを探り、かつ音楽性と技法を磨き、合奏能力を高めることを目的とする。
ピアノ指導法 ピアノを教えることは、演奏技法を教えるだけでなく、楽器を通じて音楽を感じる心を育てることも重要である。ここでは、模擬レッスンの形態で、実践的に表現や指導方法、音楽性について理解を深めるためのレッスンのあり方などを具体的に学ぶ。また、ピアノを学ぶものが取り組むそれぞれの楽曲の技術的な特徴や音楽性などについて、難易度とその内容を把握し、教材を研究することで、どのように指導すればより早く効果的であるかなど、指導技術を養成する。
チェンバロ バロック、ルネッサンス時代の鍵盤楽器の作品・様式・楽器構造などを、チェンバロの演奏法を学びながら研究する。
重奏演習 ピアノを含む室内楽曲を演奏し、他楽器とのアンサンブルの楽しさ、難しさ、合わせるテクニックを他楽器の特色を理解し、それぞれ合わせ方が異なることを認識しながらテクニックを身に付けることを目標とする。
合奏指導法 教職や社会の現場では、吹奏楽や管弦楽が盛んであり、その指導には、専門以外の楽器奏法の指導が必要となることが多い。ここでは主に吹奏楽に使われる楽器の基本的な奏法のほか、各パートの人員配分、パートの組み合わせ方などの合奏団の結成方法、合奏における練習方法、演奏する曲の選曲方法、合奏の音作りなど指導するための方法・技術を学ぶ。

合奏Ⅰ

合奏Ⅱ

合奏Ⅲ

合奏Ⅳ

管弦を専修とするものが対象。管弦の演奏者にとって、合奏技術は必要不可欠なものであり、管弦楽作品を演奏するためには、独奏と異なった技法習得の必要性が生じる。主旋律、副旋律をはじめとして、それぞれの楽器の分担を見極め、そのバランスが音楽性を高めることとなる体験を実習を通して習得する。

注)上記基礎教育科目のほか、共通教育科目『言語・情報科目群』の中の「ドイツ語」または「フランス語」から4単位以上
(4単位選択必修)<詳細はこちら>

▲トップに戻る

カリキュラム(応用音楽学科)

初期演習 本学では全学科でクラス担任制が導入されている。学科、クラスの実情に即し、それぞれの学生に応じた科目選択や、実技指導の受け方、学習・学生生活に関する必要な事柄の指導など、学生の個々を把握しながらその学生に必要なことを見極め幅広い指導をクラス担任が担当し進める。
2年次演習 音楽人として身につけておくべき事項を、ソルフェージュや楽典の基礎の復習も兼ねながら主体的・能動的に学習する。また、様々な作曲家の作品や人となり、人生についてグループごとに研究し、発表する。グループワークをすることにより協働力を養う。
英語A 大学以前に学んできた英語の基礎をもう一度見直しながら、会話力や読解・文章力の基礎能力を高め、英語圏の中心となるアメリカの文化、歴史などの背景にも目をむけながら、教材を通して語学能力の向上を目指す。
英語B 「英語A」の上級に位置し、英語の基礎学力を固めた上で簡単な論文や原書講読の読解能力、あるいは日常会話のできるレベルに達することを目標とする。文章の構成やカ学作品と論文の表現などの相違点などを念頭に理解を深め、会話や文章の応用力を高める。

応用英語ⅠA

応用英語ⅠB

音楽療法の基礎知識を概説した英語文献を読み、専門用語の語彙として蓄積し、文章内容を理解して日本語で要約できることを目指す。

応用英語ⅡA

応用英語ⅡB

音楽療法、心理学、医学などの専門用語を英語で学び、英語で書かれた文献を理解し、研究および実践に活用するための英語力を養うことを目標とする。
Oral Communication 「英文法はある程度わかっていても、いざとなると英語が話せない」という人は多い。本授業では、英語でコミュニケーションを図る際のフォーマットを確認し、実際に「使う」ことを経験しながら、コミュニケーション能力を養う。
情報リテラシーⅠ コンピュータの利用する基本的な知識、技術を身につけ、情報理論などを含めた情報利用の留意点についての理解を深める。WindowsのOSを基礎環境とするワープロ、表計算、プレゼンテーションなどのソフトウェアを活用する技能を学び、簡単な文書作成やデータ処理などを目標として、実習により課題に取り組む。
情報リテラシーⅡ 「情報リテラシーⅠ」で学んだ技術をもとに、文書、グラフ、データベースなどより高度な内容を学び、コンピュータの活用能力を高める。

ピアノ実技ⅠA

ピアノ実技ⅠB

練習曲を中心に、バロック音楽の中から2声のものを中心に教材を選び、ピアノ演奏の技術と音楽性を養成する。また、初見視奏などの応用演奏にも力を入れる。学習の形態は個人レッスンである。

ピアノ実技ⅡA

ピアノ実技ⅡB

「ピアノ実技Ⅰ」で培った演奏の基礎能力を高めることを目的とする。フーガ技法やソナタ形式といった作曲技法、作品構成に注目して個々の技量に応じた選曲によって演奏技術と音楽性を備えた能力を養成する。学習の形態は個人レッスンである。

ピアノ実技ⅢA

ピアノ実技ⅢB

ピアノの演奏能力をさらに高めるために、能力に応じて課題を選定する。ツェルニーなどの練習曲とともに、ハイドン、モーツァルトなどのソナタや変奏曲など、さらに広い範囲の楽曲を教材とし、社会における音楽指導の現場で通用する総合的な演奏能力を養成する。

ピアノ実技ⅣA

ピアノ実技ⅣB

「ピアノ実技Ⅲ」で培った音楽性の高いピアノ演奏能力をさらに高めるため、ツェルニーなどの練習曲とともに、古典派や、ロマン派の作曲家の作品を課題とし、近代に通じる作曲技法、作品構成の進化と演奏法に言及する。また、弾き歌い、伴奏付けなどの能力も養成する。学習の形態は個人レッスンである。

声楽実技ⅠA

声楽実技ⅠB

イタリア歌曲を始め、日本歌曲、童謡などの教材を選び個人レッスンによって練習曲を用いて発声を中心に声をコントロールし発声能力を高める訓練を行う。

声楽実技ⅡA

声楽実技ⅡB

「声楽実技Ⅰ」で培った声楽演奏の基礎能力をさらに高めるため、個人の能力に応じて課題を選定する。フレーズに沿った息のコントロールや発声技術、言葉のニュアンスを踏まえた発音、弾き歌いの訓練も取り入れて個人レッスンにおいて音楽性を備えた能力を養成する。

ソルフェージュⅠA

ソルフェージュⅠB

読譜・聴音・視唱などの能力を高めるための基礎的な練習を中心とし、リズム打ちを伴う視唱の訓練と和音感を調整するための聴音を行う。リズム感、和音感を土台に音楽性を高め、芸術的表現力の基礎を固めるための総合的能力を養成する。
ソルフェージュⅡ 「ソルフェージュⅠ」で習得した基礎能力を基に、作曲された年代によって異なる演奏表現と効果の違いを確かめ、より高度な表現能力を養成する。
和声法A 楽典学習の後、和声法とそれに関する対位法、その構築の基礎となる楽式について、西洋音楽の中核をなす古典派作曲家の作品も題材に加え、分析と実習をしながら習得する。
和声法B 和声法Aで学んだ三和音の基本形から、第1転回形、第2転回形を含め和声における三和音のすべてを学習する。

指揮法Ⅰ

基本的なバトンテクニックを理解して、いかにして楽曲の指揮をして、音楽的表現をしていくのかを追求する。

指揮法Ⅱ

「指揮法Ⅰ」で学んだことを基に、音楽を作る責任者であり監督者として全体を把握し演奏をまとめあげるため、演奏者に対する指示と、指揮的表現技術を養成する。

即興演奏A

即興演奏B

音楽を自在に操ることのできる能力を養成するため、初見奏法で音符別単旋律の読譜から始め、2声、3声と声部を増やしていく。また、作曲や編曲の技法など、演奏力、表現力、即応力などを兼ね備えた総合的な音楽性と応用力のある実践的技能を養成する。

作・編曲法A

作・編曲法B

スタイルの異なる声楽作品や合唱作品を題材に、その楽曲の分析と、その時代における技法を作曲者の視点に立って研究し、同じ素材・技法を使って、歌曲の旋律作り・合唱への編曲などを行う。また歌曲の作曲によって学習した技法を基礎として、簡単な器楽合奏への編曲も実習する。

旋律と和声A

旋律と和声B

「和声法」で学んだ和音構築の基礎技法のうち、三和音だけではなく、属七、属九の和音にも範囲を広げ、その和音を使った課題を実施する。また、借用和音や非和声音などの旋律動向についても学習する。実音による和声感覚を養うことを取り入れるため、4声体和音のピアノによる実施なども合わせて行う。
教育伴奏法 音楽療法の現場で役立つ音楽表現のために重要な伴奏の技術を取得し、主としてセッションに使える曲を音楽的に表現できるよう実習する。
実用楽器入門 電子楽器、ギター、打楽器について幅広い知識と基本的な演奏技術を身に付け、その楽器をセッションや交流の場で応用することのできる能力をグループレッスンにおいて養成する。
音楽史Ⅰ わが国の歴史の中で、音楽は如何なるあり方をしてきたのかを、縄文時代から解説し、同時期の4代文明地域における音楽的な状況と比較して、現代に至る音楽の歴史の基礎的な認識を得られるようにする。

音楽史Ⅱ

古典から近・現代の西洋の音楽について、わが国の室町から江戸時代までの音楽を比較・対照させながら、具体的にポピュラーを含めた西洋の様々な作品、資料を基に考察する。

合唱Ⅰ

合唱Ⅱ

合唱Ⅲ

声の重なりが作る奇跡に耳を傾け、合唱の魅力を再認識し、学科・学年・専門の枠を超えて一致団結して歌うことによって、音楽の持つ一体感を体験する。学部の定期演奏会に向けてオーケストラをバックに演奏することを目標とする。

学内演奏Ⅰ

学内演奏Ⅱ

学内演奏Ⅲ

音楽を「演奏」と「鑑賞」の二つの視点から、演奏会を立体的に捉えながら経験し、音楽性を養う。
イタリア語表現演習 イタリア語を生きた言葉として理解し、文法的にも正しく話し発音できるよう学習する。イタリア語の表現力を身に付け、イタリア語独特の文法を理解し、簡単な日常会話を導入して表現力を養成する。
楽器・合奏指導法 楽器演奏と合奏の指導者にとって必要な様々な楽器についての知識と演奏法、また合奏技法と指導法及び集団の組織運営法について学ぶ。特に指導者としての意識の持ち方を豊富な模擬指導を通して学ぶ。
歌唱・合唱指導法 歌唱・合唱音楽に関する幅広い知識習得に加え、専門的に技術と指導力、集団の組織・運営力、指導者としての意識の持ち方を豊富な模擬指導を通して学ぶ。
器楽合奏 アルトリコーダーの奏法、またその適切な指導が行えるようにすることを目標とする。
独奏のみならず合奏にも取り組むことで、音楽表現力への理解を深め、クラス授業における合奏の技法と演奏技術などを習得し、指導力を養成する。
邦楽 学校教育において「和楽器の履修」が義務付けられている。ここでは邦楽を歌唱と演奏の両面から学ぶ。歌唱においては、地歌箏曲の歌詞の理解、曲の成り立ち及び洋楽と地歌箏曲とお発声法の違い等を、演奏においては、箏曲の調弦、楽譜の見方、奏法について演習を通して学ぶ。
演習 4年次の卒業論文において展開される研究課題についての基礎知識や技能の修得を目的とした演習を行う。専門領域の内容に応じて知識を深め、研究・調査方法について体系的な認識を獲得することを目標とする。
卒業論文 大学4年間にわたって学んできたことの総決算として、得られた知識や方法のすべてを投入し、論文・研究・卒業制作に取り組む。社会音楽・音楽教育・音楽療法・音楽関連の文化事業など各々の学生の専門領域の内容に即して研究テーマを設定し、個人指導を受けながら論文執筆や企画・調査を進めることにより研究テーマを深めていく。
音楽療法論Ⅰ 音楽療法の基礎となる知識や理論を習得し、対象者や音楽療法の実際と関連付けて理解を深める。
音楽療法論Ⅱ 「音楽療法論Ⅰ」に引き続き、様々な対象者の音楽療法の事例と関連づけて、音楽療法の基礎となる知識や理論を習得する。
発達心理学 人間の発達段階の特色について、資料を元に理解し、自分らしさを獲得していく過程について学ぶ。音楽療法など様々な発達支援へのアプローチについて、事例を通じて学ぶ。
音楽心理学 社会で音楽に携わるに必要な音楽心理学の基本的知識を習得する。また、音楽心理学の範囲を超えて、音楽理論や音楽美学の領域にわたって、音楽と「こころ」について、様々な観点から考えるものとする。
臨床心理学Ⅰ 心理学の歴史的発展を学びながら、人格の形成や社会的行動、視覚や聴覚を通じての認知などの基礎を身に付ける。音楽療法を通じての臨床的な分野と科学的な要素を学び、実践につなげる知識として習得する。
臨床心理学Ⅱ 音楽療法の実践に関わる理論と技法を学び、心理的問題を抱えた対象に対する理解を深める。セラピストとクライエントとの信頼関係を築くための基盤について学ぶ。
社会福祉論 社会福祉の理念と意義及び社会福祉の対象と援助の形態について学ぶ。
障害児教育 障害をもつ子どもたちの発達と障害の特性を理解し、感覚や表現など、音楽領域を中心に教育的・療育的な支援を提供する方法について学ぶ。
介護論 少子高齢化が進み、介護の必要性は、ますます高まる。介護予防の考え方、介護方法、障害をもっている人の機能回復を考慮した介護について理解し、基本動作、日常生活動作を中心に知識、技術を習得する。

レパートリーラーニング

幅広いジャンルの音楽を学び、実践の場で状況に応じて柔軟に音楽を適用できるよう様々な曲や実践への応用方法を、レパートリーとして習得する。
ダンスと動き 音楽療法の周辺領域である、表現アートセラピーの中から主としてダンス・ムーブメントセラピーを抽出して学び、より幅広い技法を習得した音楽療法士を目指す。
医学概論 音楽療法は福祉、医療、教育等の多領域にわたるものである。ここでは医療の分野において学習し、人体の構造や機能、代表的疾患、また福祉についての基礎的知識を習得する。
音楽療法各論Ⅰ 言葉の発達と障害、音楽と言葉の関係、音楽を用いた言葉の訓練方法について学ぶ。
広汎性発達障害、学習障害、失語症などに伴う言葉の障害について基礎的知識を習得する。
音楽療法各論Ⅱ 音楽療法においては、身体面だけでなく、心理面を含めた全人的立場から病気に関っていく立場が求められる。ここでは心身症について学び、理解を深めることを目標とする。
音楽療法各論Ⅲ 高齢化社会の到来に伴い、その特徴と問題を把握してその背景を学び、高齢者の心理行動に関する総合的な知識の習得を目標とする。
臨床医学各論Ⅰ 日本音楽療法学会の音楽療法士(補)の認定試験を解くために必要な知識のうち、精神医学についての概念と方法、精神症状の種類や把握の仕方を学ぶ。
臨床医学各論Ⅱ 日本音楽療法学会の音楽療法士(補)の認定試験を解くために必要な知識のうち、小児の心身の発達と疾患について音楽療法士として理解しておくべき知識を学ぶ。
音楽療法演習 実際の臨床場面を想定して音楽療法活動を考案し、ロールプレイを通してクライアントの感じ方、音楽の選び方、演奏の方法、実践の応用といった観点からクラスで検討し、音楽療法活動を展開できる力を養う。
音楽療法実習Ⅰ 高齢者施設、作業所など複数の機関において実施されている音楽療法活動を見学参加、現役の音楽療法士や施設スタッフと交流を通して音楽療法の現状、現場の様子、多様な対象者について幅広く知見を得る。
音楽療法実習Ⅱ 高齢者施設、保育園、幼稚園、作業所において体験型の参加実習を行い音楽療法を行う基盤として必要な対象者への理解を深めるとともに、施設において必要な礼儀や規律を身につける。
音楽療法実習Ⅲ 養護学校と高齢者施設において実習を行う。実地の経験を通して事前の計画、準備、実施、記録と分析といった音楽療法の過程を学ぶ。
音楽療法実習Ⅳ 音楽療法活動の全過程を実地で体験し、より専門的な観点から対象者を理解し長期目標を設定して、高齢者施設、リハビリテーション病院、通所施設、養護施設などにおいて音楽療法を実践する。
音楽療法研究法 音楽療法研究に求められる研究法を体系的に学習し、音楽療法の症例を事例研究レポートとしてまとめあげる力を養い、研究に役立つデータ収集と解析の基礎、及び実験計画方法について学ぶ。
音楽療法総論 日本音楽療法学会の音楽療法士(補)認定試験において問われる知識を総括的に習得し、理解を深めることを目標とする。
音楽社会学概論 「音楽」を通じて社会を見るための広範な知見を得られるようにすることを目的とし、音楽社会学を取り巻く状況や、関連する学問分野について学ぶ。
音楽教育学研究 音楽教育学の体系及び隣接諸学との関連性を学び、新たな研究対象・方法などの可能性について学生自らの問題意識と結びつけながら思考する力を身に付ける。
環境と音楽 音楽と音楽がおかれる環境に関して多角的に学ぶ。芸術作品の訴求力を分析し、他の芸術作品と比較して音楽作品の特色を学び、音楽が存在する環境との関係を考察する。
生涯学習関係論Ⅰ 生涯学習・社会教育とはどのようなものか、その概念を歴史、行政制度、諸外国の生涯学習政策など生涯学習・社会教育をとりまく基本的な環境について学ぶ。
生涯学習関係論Ⅱ 音楽を中心とする芸術環境と生涯学習・社会教育環境について学び、両分野をコーディネートできるような知識・実践を見につける。
音楽とマルチメディア メディアの発展により、音楽に与えた様々な変化について検討する。また実際に学習情報メディアを活用して音楽学習を行うための方法や指導方法を身につける。
表現技術演習 話し方や朗読力、コミュニケーションスキルをあらゆる実習を通して体感し、記憶力・理解力に留まらず、生きた表現力の習得を目指す。
音楽文化創造学 音楽の空間 がもたらす大きな効果について、“心の癒し”もふまえた音楽の空間設計に関わる基礎理論を学ぶ。
音楽文化事業企画演習 音楽文化事業を取り巻く環境及び企画書の作成方法などの事務処理をも含めた実践的な音楽文化事業企画の方法について学ぶ。また事業企画または地域の文化活動の著さについて発表及びディスカッションを行う。
音楽活用実習 音楽が社会的に存在意義を認知させるためには、企画力・運営力・組織力・高度な演奏力等が伴うことが必要である。ここではこれらのことをコンサート開催に向けた魅力的な企画、周到な準備、円満な組織作り等を通して実践的に習得する。
武庫川女子大学 音楽学部