武庫川女子大学 音楽学部

武庫川女子大学 音楽学部

応用音楽学科 | 武庫川女子大学 音楽学部

応用音楽学科

 

教育目的

応用音楽学科は、豊かな人間性と幅広い教養、音楽専門知識・技術に基づく音楽の応用によって、
地域・社会の活性化及び人間の心身の健康の維持・安定に貢献できる有為な女性を養成することを目的とする。

 

応用音楽学科

応用音楽学科では、音楽の持つ様々な要素に注目し、音楽と社会をつなぐ専門家を養成します。これらには、音楽療法、アートマネジメント(芸術事業企画運営)、音楽の生涯学習等があります。

 

社会と音楽のつながりを見つめる分野の役割は、近年とても重要になっています。卒業後は、例えば音楽療法士、コンサートホールの企画運営部門担当者、生涯学習音楽指導員等を目指します。

 

3年次よりゼミに分かれ、音楽療法と音楽活用の研究を深めます。カリキュラムにはピアノ・声楽共に45分間の個人レッスンがあるほか、実技科目、音楽基礎科目、多分野にわたる講義・演習・実習があります。

 

 

武庫川女子大学 音楽学部
武庫川女子大学 音楽学部