教員紹介 | 武庫川女子大学 音楽学部

武庫川女子大学 音楽学部

教員紹介(詳細) | 武庫川女子大学 音楽学部

教員紹介

 

宮下 朋樹[ミヤシタ トモキ]准教授 ピアノ
宮下 朋樹[ミヤシタ トモキ]講師 | 武庫川女子大学 音楽学部

【経 歴】

桐朋学園大学卒業、同学研究科修了。ドイツ国立ハノーヴァー音楽大学、オーストリア国立ザルツブルグモーツァルテウム音楽大学で学び、修士課程修了。オスログリーグ国際ピアノコンクールにて特別賞、ABC新人オーディション入選、宝塚ベガコンクール第2位。

ソリストとして1998年に東京、宝塚、ザルツブルグにて、ベートーヴェンの後期ソナタ(作品109,110,111)を演奏してデビュー。以後、日本ショパン協会、カワイ音楽振興会等の主催による数多くのリサイタルを行っている。ベートーヴェンの作品では、ピアノソナタとヴァイオリンソナタの全曲演奏会を終了し、2016年よりチェロソナタ全曲と変奏曲、シューマンの作品を含むシリーズを継続している。西宮市民を対象としたピアノ音楽の講座や、日本ピアノ教育連盟関西支部主催による講演(「ベートーヴェン初期ピアノソナタの世界」、「傑作の森と女性たち」、「ベートーヴェンと東洋思想」)でも好評を得ている。

 

http://tomoki-miyashita4570.jimdo.com/

 

【受験生へのメッセ−ジ】

 音楽の素晴らしさは、言葉が通じなくても国を越えて分かり合うことが出来、人とつながりを持つことが出来ることだと思います。

 実技のレッスンでは楽譜の正しい読み方と、美しい響きを大切にして、基礎を確立しながら最終的には自力で考えて表現できるように導いて行きたいと思います。

 生の音楽に触れる機会を多く持ち、音楽を幅広く聴いて耳を肥やして下さい。

 皆さんが学生生活を通して幅広い人間性と内面の豊かさを磨き、生涯を通じて音楽と楽しく付き合いながら、様々な形で社会に貢献していく人材として豊かな人生を歩んで行けるように願っています。

武庫川女子大学 音楽学部