武庫川女子大学文学部 心理・社会福祉学科 短期大学部 心理・人間関係学科

MUKOGAWA WOMEN’S UNIVERSITY Department of Psychology and Social Welfare Department of Psychology and Human Relations

短期大学部 心理・人間関係学科の魅力

 4年制大学と同じように心理学を学んだり、女性のライフステージの特徴を知ったり、他の学生と一緒に問題解決したり、これからの生活や職業に役立つ技能や社会人に必要な教養を2年間で身につけます。
自分の将来の方向性を見いだす授業は、就職以外の進路にも気づかせてくれます。心理・社会福祉学科(心理コース)に編入学し、さらに大学院へ進学して心理専門職への道を選ぶ卒業生もいます。看護や保育系専門学校や海外留学なども進路の一つです。

■心理学を中心とした学び

 2011年度から心理学を中心とした新しいカリキュラムに変わりました。心理学は、「こころ」の問題を、みなさんが想像する以上に幅広く扱う学問です。心理学の多彩さに触れることで、人々の心をどのように見つめ、理解し、共感しあえる心を育てていけばよいかを実感できます。

■社会で役立つ力―人との関係の中で自分の未来を創造する女性の育成

 みなさんが自分を見つめ、社会で活躍する場を見つけるために、4つのステージを想定しています。心理学を中心に幅広く学ぶことによって、人を理解するための実践的な力を身につけ、自分の未来を創造できる女性を目指します。

■さらなる学びのために - 大学への編入学を積極的に支援

 本学科で学び、心理学をはじめさまざまな学問の面白さに惹かれて、大学でもっと勉強したいという希望を抱く学生が毎年たくさんいます。そのようなニーズに応えるために、本大学の心理・社会福祉学科(心理コース)や他学科への編入枠を設け、さらなる学びを実現できるように支援しています。