武庫川女子大学建築学部・大学院 建築学研究科 特設サイト

 

建築学部 School of Arcitecture

生活環境学部 建築学科は、
女子大初の建築学部に生まれかわります。

世界水準のカリキュラムにより
グローバル社会に貢献できる建築設計技術者を育てる建築学科
自然と共生する社会に貢献できる建築・景観設計技術者を育てる景観建築学科

2学科体制で、理想のキャンパス環境と学びのフィールドがさらに進化します。

TOPICS

<2020年度 公募制推薦入試[前期]>

試験日: 11
3日(日・祝)・4日(月・振)
出願登録&検定料入金:
2019年10月8日(火)~10月22日(火・祝)
出願書類提出締切:
2019年10月23日(水)<消印有効>

<2020年度 公募制推薦入試[後期]>

試験日: 1123日(土・祝)
公募制推薦[前期]とまとめて出願
出願登録&検定料入金:
2019年10月8日(火)~10月22日(火・祝)
出願書類提出締切:
2019年10月23日(水)<消印有効>
公募制推薦[後期]のみ出願
出願登録&検定料入金:
2019年10月24日(木)~11月7日(木)
出願書類提出締切:
2019年11月8日(金)<消印有効>

受験生サイトはこちら(インターネット出願、学生募集要項、志願者速報など)

建築学部 学びの特長

「建築」の武庫女が、「建築と景観」の武庫女へ。このステージから新たに羽ばたくのは、あなたです。
2006年の開設以来、多くの建築設計技術者を送り出してきた武庫川女子大学生活環境学部建築学科は、2020年4月、女子大学初の建築学部に生まれ変わります。建築学科に加え、景観建築学科を新設。
現在の建築学科が高く評価される、演習中心の少人数制スタジオ型教育や体験型のフィールドワークは、両学科の共通特長として継承します。

Point1歴史的名建築の校舎、森、庭園。キャンパスすべてが"生きた教科書"

校舎は、2学科が共同で使用する「甲子園会館」と、建築学科が主に使用する「建築スタジオ」。景観建築学科のための新校舎も建設予定です。甲子園会館は1930年に甲子園ホテルとして建てられた名建築。フランク・ロイド・ライトの愛弟子・遠藤新による芸術作品であり、本学建築学部の学びの場として今に受け継がれています。キャンパス内には、池を囲んだ回遊式の庭園や茶室、美しい竹林や豊かな樹林があり、人と建築と自然の共生を日常的に体感しながら学べます。

Point21人1台専用の製図机とパソコンを備えたスタジオ

スタジオには、入学から卒業まで専用で使える畳1帖サイズの製図机とパソコンを完備。心おきなく建築・景観設計に取り組めます。この充実したスタジオこそ武庫川女子大学建築学部の最大の特長の一つであり、学生と教員が一対一で進める対話型演習には不可欠です。製図机と作品展示スペースは学生一人ひとりの日々の成果を明示するショールームです。

Point3全授業時間の半分以上を占める少人数制対話型の演習

午前中は講義、午後は演習です。演習科目は実に、全授業時間の半分以上を占めます。まず、いけばな、絵画、陶芸などさまざまな造形演習に取り組み、感性と想像力を徹底的に磨きます。その後、本格的な問題解決型の建築・景観設計の演習に取り組みます。設計演習では1学年を3人の教員が担当し、教員が学生の製図机をまわって一対一のきめ細かい対話型指導を行います。演習に必要な材料のほとんどは大学から支給されます。

Point4土曜日は「見て、触れて、学ぶ」フィールドワーク

土曜日は貸切バスなどでフィールドワークに出かけます。演習や講義に関連した敷地、歴史的建築、現代建築、保存修復の現場、環境配慮型建築、建設現場、庭園、街並みなどを見学し、担当教員や学外の専門家から説明を受けます。これらを通して知識や技術を具体的に理解し、実践的な力を養います。

Point5積極的な国際交流で広い視野と国際感覚を持った人材を育成

学生たちの国際的な活躍のために、海外の大学と活発に交流しています。トルコ共和国・イスタンブールのバフチェシヒル大学 建築デザイン学部の学生と教員が本学を訪れ、建築学部の学生と一緒に学びます。また本学大学院修士課程の学生がバフチェシヒル大学を訪れ、保存修復関連の実習などに取り組みます。

2019年6月には、トルコ共和国のエルドアン大統領が甲子園会館を訪れ、建築学科・大学院建築学専攻の学生たちと交流しました。

建築学科の特徴

建築学科

グローバル社会に貢献できる国際的通用性を
備えた建築設計技術者を養成

建築学科の教育は、建築系学士修士課程6年間のJABEE認定により、建築家教育の世界水準であるUNESCO-UIA建築教育憲章※に対応しています。この6年一貫の欧米型建築家教育を通し、真に人間的な住環境を創生する教養、知識、技術、感性を修得。さらに国際通用性も備え、グローバル社会に貢献できる建築設計技術者を目指します。

※国際社会における建築教育と資格の相互承認を目的に、UNESCO(国際連合教育科学文化機関)とUIA(国際建築家連合)により採択されたUNESCO-UIA建築教育憲章では、欧米型の建築教育に基づく世界水準(「5年以上の専門教育」「少人数制対話型演習の重視」など)が定められています。

建築学科HPはこちら

世界水準の6年一貫のカリキュラム

授業Pick up!
  • 美を創出する感性を磨く空間表現演習

  • 全授業時間の半分以上を占める建築設計演習

  • 鉄骨や木材などの構造特性を学ぶ建築材料実験

  • 土曜日は「見て、触れて、学ぶ」建築フィールドワーク

学びの環境
  • 建築学科の校舎「建築スタジオ」

  • 一人一人に製図台とパソコンを備えた建築学科のスタジオ

取得可能な資格など

一級建築士 ※1
(学部卒業後実務経験2年以上が必要。ただし本学大学院建築学研究科の修了は実務経験2年とみなされます)
二級建築士 ※1
木造建築士 ※1
建築設備士 ※1
(学部卒業後実務経験2年以上必要)
1級施工管理技士 ※1
(学部卒業後実務経験3年以上必要)
2級施工管理技士 ※1
(学部卒業後実務経験1年以上必要)
UNESCO-UIA建築教育憲章対応プログラム修了 ※2
(本学大学院建築学専攻修士課程修了時)
※1: 受験資格
※2: 大学院のみ本学修了の場合は、本プログラム修了とはみなされません

想定される進路

  • 大学院への進学
  • 設計事務所(建築、構造、設備などの設計)
  • 総合建設会社(設計、施工管理など)
  • 住宅メーカー
  • 官公庁

景観建築学科 学びの特徴

景観建築学科

自然と共生する社会に貢献できる
建築・景観設計技術者を養成

これからの建築や都市は、水辺景観や集落景観等の文化的景観、街路や公園緑地等を含む都市景観、屋上や壁面等の緑化技術、さらには生物多様性の保全等に代表されるように、自然との関係を大切にしながら創生される必要があります。景観建築学科では、真に人間的な住環境を創生する能力を、自然との共生や景観映像情報技術の幅広い学びを通して養成します。

建築と景観を一体的に学ぶ6年一貫のカリキュラム

授業Pick up!
  • 美の本質と造形の基本を体得する
    表現基礎演習「盆景」

  • 美の本質と造形の基本を体得する
    表現基礎演習「対立と調和」

  • 建築設計と景観設計の両方に取り組む景観建築設計演習

  • 建築設計と景観設計の両方に取り組む景観建築設計演習

  • 景観植物の栽培を通して特性を実地に学ぶ景観建築植物実習

  • 景観植物の栽培を通して特性を実地に学ぶ景観建築植物実習

  • フィールド調査により自然環境や生態系に
    ついて理解を深める 景観建築特別実習

  • 土曜日は「見て、触れて、学ぶ」景観建築フィールドワーク

  • 高度な景観映像情報技術を駆使して
    景観を分析・設計する 景観映像情報演習

  • 高度な景観映像情報技術を駆使して
    景観を分析・設計する 景観映像情報演習

甲子園会館と共鳴する2つの新校舎
  • 甲子園会館のデザインを継承する景観建築学科の校舎「東棟(仮称 2020年竣工予定)」
    外観 完成イメージ

  • 一人一人に製図台とパソコンを備えた「東棟(仮称 2020年竣工予定)」
    スタジオ 完成イメージ

  • 2年生から大学院までのスタジオがある「西棟(仮称 2021年竣工予定)」
    外観 完成イメージ

  • 一人一人に製図台とパソコンを備えた「西棟(仮称 2021年竣工予定)」
    スタジオ 完成イメージ

取得可能な資格など

一級建築士 ※1
(学部卒業後実務経験2年以上が必要。ただし本学大学院建築学研究科の修了は実務経験2年とみなされます)
二級建築士 ※1
木造建築士 ※1
建築設備士 ※1
(学部卒業後実務経験2年以上必要)
1級施工管理技士 ※1
(学部卒業後実務経験3年以上必要)
2級施工管理技士 ※1
(学部卒業後実務経験1年以上必要)
測量士
(学部卒業後実務経験1年以上必要)
測量士補
登録ランドスケープアーキテクト(RLA)※1
(学部卒業後実務経験3年以上が必要。ただし本学大学院建築学研究科景観建築学専攻の修了は実務経験2年とみなされます[予定])
登録ランドスケープアーキテクト補(RLA補)
※1: 受験資格

想定される進路

  • 大学院への進学
  • 設計事務所(建築、公園、庭園、景観などの設計)
  • 総合建設会社(設計、施工管理など)
  • 住宅メーカー
  • 官公庁
  • ディベロッパー
  • コンサルティング企業(調査、施設企画など)

2020年度 入試

お問い合わせ

武庫川女子大学 生活環境学部事務室分室
TEL:0798-67-4501

大学院 建築学研究科

武庫川女子大学は、2020年度に、
日本初の大学院 建築学研究科を開設します。

グローバル社会に貢献できる国際的通用性を備えた
より高度な建築設計技術者や研究者を育てる建築学専攻
自然と共生する社会に貢献できる
より高度な建築・景観設計技術者や研究者を育てる景観建築学専攻
の2専攻体制となります。

「グローバル社会」と「自然と共生する社会」というこれからの社会の両輪を見据え、
演習中心の欧米型建築教育がさらに進化します。

高度知的職能人を育てる修士課程の教育

修士課程では、演習中心の欧米型スタジオ教育で、幅広い知識と技術、そして建築家として欠かせない倫理観を備えた高度知的職能人を目指します。修士課程修了に必要な単位数は62単位で、他大学院修士課程の2倍以上。「講義」「演習」「インターンシップ」「フィールドワーク」の4つの『学び』が体系的に連携し、実践力を磨きます。質・量とも充実のカリキュラムです。

大学院 建築学研究科 「要覧・募集要項2020」はこちら

演習中心の欧米型スタジオ教育
欧米の大学院と同様にスタジオ型の教育を行います。入学時に専門分野別の研究室に配属される研究中心型の大学院ではなく、学生全員が共通の設計演習などに取り組むコースワーク制。研究室の垣根なくさまざまな教員から指導を受けられます。
一級建築士資格取得に必要な
「実務経験2年」に相当する実践的教育
本研究科修士課程の教育は、充実したインターンシップ科目およびインターンシップ関連科目の演習と講義により、「実務経験2年」相当と認められます。修士課程修了生全員が一級建築士の資格取得に必要な実務要件を満足する数少ない大学院です。また、学内の一級建築士事務所「武庫川女子大学建築・都市デザインスタジオ」と連携し、充実した実務訓練に取り組むことができます。
土曜日は「見て、触れて、学ぶ」
フィールドワーク
土曜日は学外実習を行います。設計課題の敷地調査や、歴史的建築、現代建築、保存修復の現場、環境配慮型建築、施工現場、庭園、街並みなどを見学し、現場で活躍する専門家などから詳しい説明を受けます。
充実の就職支援
修士課程1年生を対象に、職種研究会を実施し、建築・景観設計業や建設業などに関する職種について理解を深めます。また、設計の実務経験豊かな教員から、効果的なエントリーシートやポートフォリオを作成するための、丁寧な指導を受けることができます。おもな就職先は、大手設計事務所や大手建設会社、ハウスメーカー、コンサルティング企業、ディベロッパー、官公庁などです。
建築学専攻授業Pick up!
  • 実際の建築設計プロジェクトに参画する建築設計実務(2専攻合同で実施。写真は校舎の設計)

  • スペースフレームや膜構造など高度な建築設計課題に取り組む 建築設計総合演習

景観建築学専攻授業Pick up!
  • 実際の建築設計プロジェクトに参画する建築設計実務(2専攻合同で実施。写真は庭園の設計)

  • 茶室から都市まで自然と一体となった景観・建築設計に取り組む 景観建築設計総合演習