生活環境学部 食物栄養学科 | 短期大学部 食生活学科 | 生活環境学研究科 食物栄養学専攻生活環境学部 食物栄養学科 | 短期大学部 食生活学科 | 生活環境学研究科 食物栄養学専攻
image

専攻長あいさつ専攻長あいさつ

専攻長

高橋 享子 専攻長

管理栄養士養成課程の皆さん、大学院でステップアップしてみませんか?
 現在、管理栄養士の職域では、専門性の高い管理栄養士(Registered Dietitian)を必要としています。実際、医療系、学校健康教育系、公衆栄養系、福祉系、地域活動などの幅広い職域で、高度な知識やより高い専門性を有した管理栄養士の博士または修士のニーズが高まっています。アメリカでは、管理栄養士の多くは、大学院を卒業した実践管理栄養士として活躍しています。

社会で管理栄養士として活躍されている皆さん!昼夜開講しています。
 学部時代に学んだことが、如何に重要であるか実感されていると思います。しかし、同時に知識の不足を痛感されるような時はありませんか?より専門的な知識や情報の必要性を感じられるとはありませんか?
 大学院で学ぶことで、最新の学術的な情報や知識を得るだけでなく、研究に取組むことでより深く理解し考える力を身に着けることができます。社会的・学術的な背景のなかで課題を発見し、解決や検証を行っていくことにより、論理的な思考や発言ができるようになるはずです。大学院への扉は皆さんのチャレンジを待っています。大学院で学ぼうと考えている人は、是非扉をたたいてください。

 生活環境学研究科食物栄養専攻には、修士課程(昼間開講)・博士後期課程(昼夜開講)があります。

@ 修士課程
 広く深い学識の涵養を図り、研究能力又はこれに加えて高度の専門的な職業を担うための卓越した能力育成をするため、次の3つのコースがあります。

基礎系(実験系):食物栄養科学コース
予防栄養系:健康栄養科学コース
実践栄養系:実践管理栄養コース

 いずれのコースも社会人大学院を受け入れるため、昼夜開講となっています。(ただし、基礎系への進学の際には、実験のために多くの時間が必要となりますので、事前にご相談ください。)

A 博士後期課程
次の(1)〜(3)の養成を目的としています。

(1) 食や栄養に関わる分野で創造性豊かな優れた研究・開発能力を持つ研究者等の養成
(2) 健康・栄養分野において、高度な専門的知識・能力を持つ高度専門職業人の養成
(3) 知識基盤社会を多様に支える高度で知的な素養のある人材の養成

 現在まで、博士課程修了された方全員が管理栄養士養成校の教員として活躍しています。皆さんも、研究者として自立して研究・教育活動を行い、さらに若い管理栄養士の養成に参加してください。