看護科学館

看護学部、大学院看護学研究科の教育拠点。6階建ての館内には、多様化する看護分野の実践力を養うために、全国的にも珍しい、温度・湿度・気流・照度を調整できる人工気象室をはじめ、寝室や台所、浴室、トイレなど家庭環境を再現し、在宅看護の実際を体験できる公衆衛生・在宅・精神看護学実習室などが整備されています。
さらに、看護学部が目指す「知識を行動に変える看護実践能力」の向上に不可欠なコミュニケーション能力を育むために、館内の至る所に教員と学生、学生同士の交流を促すコミュニティースペースを設けています。

栄養科学館

2階 母性・小児看護学実習室2階 母性・小児看護学実習室

妊娠・出産・子育てを通して、女性と子どもの健康の保持増進と回復を支える技術を学ぶスペースです。新生児の沐浴演習なども行います。

2階 コミュニケーションラウンジ2階 コミュニケーションラウンジ

3階 基礎看護学実習室3階 基礎看護学実習室

基礎的な看護技術や対人関係技術、観察技術などの演習を行います。中央のモニターで、デモンストレーションの様子や視聴覚教材などを見ながら演習に取り組むことができます。

4階 成人・老年看護学実習室4階 成人・老年看護学実習室

患者の急性期・慢性期に必要な看護技術、老化による機能低下を理解し、生活援助の方法を学習。疾患に合わせた看護ケアを体感できる高度シミュレーターも完備しています。