武庫女ステーションキャンパス

武庫女ステーションキャンパスは2019年秋、鳴尾・武庫川女子大前駅にオープンした全国初の駅高架下の大学施設です。大学と地域・企業・住民の方々が繋がり、情報を発信するコミュニティー創出ゾーン、学生・教職員、住民のための健康維持・増進ゾーン(アネックス Ⅰ)とセミナールームなどの教育支援ゾーン(アネックス Ⅱ)の3つのゾーンからなる、地域に開かれたキャンパスです。

4階 バレーボール・バスケットボールコート

Lavy's Café (ラビーズカフェ)Lavy's Café (ラビーズカフェ)

駅改札口の正面にあるのが武庫女の公式キャラクター名を持つLavy’s Café。おいしいパンケーキがおすすめのおしゃれなカフェです。

みなと銀行鳴尾支店みなと銀行鳴尾支店

駅高架下の立地に恵まれた銀行では、通常の銀行業務のほか、街のコミュニケーション拠点としてロビーにギャラリーを設け、平日の営業時間終了後や休日に地域の人々に開放しているのが特徴です。ギャラリーには本学学生の作品展示コーナーがあります。

レクチャールームレクチャールーム

主に生涯学習「武庫川女子大学オープンカレッジ」が開講されています。社会人や学生の皆さんを対象に豊富なプログラムが提供され、現役の武庫川女子大学の教授をはじめ、各分野の専門家が講師を務めます。また、資格対策講座も開講されます。

知るカフェ知るカフェ

学生同士、学生と企業が気軽に交流できるスペースとして大学生・大学院生にドリンク・Wi-Fi・電源を無料で提供しています。また企業と学生をつなぐ「知るカフェ交流会」も開催しているので、就職活動にも活用することができます。